上海〜横浜片道クルーズ!MSCスプレンディダ乗船記ブログ:3日目【口コミ・実体験】

上海〜横浜片道クルーズ!MSCスプレンディダ乗船記ブログ:2日目【口コミ・実体験】

2018.10.29

昨日は1時くらいに寝たんですが、5時半に船の異常な揺れで起こされました…

「地震か!?」くらいの激しい揺れだったので、長崎への寄港準備で揺れていたんだと思います。おかげでそれから寝られず朝に…

航海中、最初で最初の寄港地『長崎』へ上陸!

7時半から10時半までに出国手続きをしなければいけません。これは長崎を観光するしないに関わらず全員手続きをする必要がありました。

9時半頃に部屋を出てフロントに行くと、これから出国手続きに向かうヨットクラブの人たちが集まっていました。

バトラーが案内してくれるので、ある程度人数が集まり次第出発になります。「◯人集まったら出発」というわけではありません。

バルコニーがちょうど長崎港側だったので気付いていたんですが、ターミナルに伸びる凄まじい行列。「これに並ばなきゃいけないのか…」と絶望していました。

バトラーの案内の元、付いていくと行列の最後尾に到着。すると「ヨットクラブの方はこちらでーす」と日本人のスタッフの方が行列の外に誘導してくれました。

なんとヨットクラブのゲストは、前に数百人並んでいる出国手続き待ちの行列をすっ飛ばして優先的に案内されるんです!

長蛇の列の横をスイスイ〜と進みあっと言う間に出国手続きを終えて出口へ。ここまででおそらく5分程。

ヨットクラブ以外の方は普通に並ぶしかないので、1時間以立ちっぱなしで並ぶこと確実でした。

今回は長崎しか寄港しなかったですが、いくつも寄港地を巡るクルーズだと毎回寄港先でこのような状況になるはずです。

そのため、寄港先が多ければ多いほど、ヨットクラブのメリットは絶大だなと感じましたね。

長崎港近くの『四海樓(しかいろう)』の皿うどんは絶品

早々に上陸できたのは良いものの、しかし我々、実はまったくのノープラン。

とりあえず近くに洋服の青山があるのが見えたので、そこで相方は下着や靴下を入手することに。

船内のクリーニングはかなり高い(MSCスプレンディダはパンツ一枚で2.5ドル)ので、『寄港先で手に入れる』いうのも荷物を減らす上ではアリですよ。

フラフラと近くのファミリーマートに行ってみると、外国人だらけ。同じ船の人がみんなお寿司を買って外で食べてました。

我々は、長崎に行ったら『YOUは何しに日本へ?』で出ていた”ちゃんぽん”は絶対食べようと思っていたので、その場所を探してみることにしました。

テレビで見て時にそのちゃんぽん屋から大型クルーズ船が見えていたので、近くにあるということは分かっていたんですが店名はわからず。

「あれ、そういえば今スマホに電波あるんじゃん」ということで、現在位置で調べてるとすぐに発見!外観もかなり特徴的なのでわかりやすいです。

クルーズ中は基本的に日本の電波圏外に出るため、船が航海している間はスマホに電波が入りませんが、寄港地に寄る場合は明朝には日本に近づくためスマホを使えるようになっています。

しかし、この店のオープンは11:30かららしくまだ1時間以上はあるため、近くを歩いて観光することに。

通り道には角煮まんじゅうやらカステラやら誘惑が待ち構えています。何も食べていなかったのでかなりお腹は減っていましたが、ちゃんぽんのためガマン。

すると観光スポットの1つである『グラバー庭園』への入り口を発見。

ターミナルから観光地に行くにはどこも遠いと思っていたのでこれは嬉しい発見。ターミナルの目の前に観光地があるとは!観光時間も40分と書いていたのでちょうどいいし、観光がてら入園することに。

クラバー庭園からでもMSCスプレンディダはハッキリと見えます。やっぱり相当大きい船ですね。

11時過ぎにすべてを見終わり、建物の前まで行ってみるとすでに行列が。

実はちゃんぽん・皿うどん発祥の店なんなんだとかでかなりの有名店らしく、観光客でいつも行列ができるんだとか。

開店時間頃になると、我々の後ろにもどんどん列ができて人気がうかがえますね。

店内からも良い感じでMSCスプレンディダがよーく見えます。テレビで見たのは正にこの風景。

店内にある席はだいだい4人席。我々も4人席に座ったんですが、1人のお客さんも4人席に座っているのが結構目につきました。

店内には待っているお客さんで溢れているんだから、相席でもいいのでは?と、席が結構穴だらけなのでもったいないと思いました。

広々と使えていいですが、待っている人がいるとなるとね…

頼んだのはもちろん、ちゃんぽんと皿うどん。そして色々悩みましたが、カニたまを頼みました。

頼んでからすぐにカニたまがきて、食べてみるとこれがバカうま。相方が大絶賛していました。

皿うどんもちゃんぽんも普段食べないので、味はよくわからないんですが普通に美味い。

食い気に夢中でメインのちゃんぽんを取り忘れる失態(笑)

店内には並んでいる人でかなり溢れていましたが、平日なら開店30分前に並べば1巡目でいける思います。

皿うどんとかに玉は特に美味しかったので、なにかのクルーズで長崎港に寄港したときにはぜひ食べてみてくださいね。

お昼には船に帰ってきて、お腹いっぱいでウトウト。軽く昼寝タイム。

スポーツセンターでバスケをしたけど…

昼寝から起きてから昨日のバスケのリベンジ!

ボールレンタルに行ってボールをレンタルしたんですが、バスケットボールは小学生サイズでした。

コートに行くともちろん誰もいなくて、貸切状態です。

寝ている間に少し雨が降ったようでコートが半乾き状態でしたが、水たまりに負けずに遊びました。

ちなみにボールがコート外に行かないように上下にネットが張り巡らされていますが、上のネットが低すぎてシュートを打つとボールがネットに当たって上手くシュートができません。

なので本格的にバスケがしたいと思ってもできないので、あまり期待はしない方が良いです…

「スポーツのあとには甘いものが食べたい!」ということで、デッキ7にあるジェラートを食べに行きました。

ジェラートもドリンクパッケージに含まれているので無料で食べれます。

長崎港から出港。港からの出港はクルーズ旅行の醍醐味

部屋に戻ると、船はちょうど出航時間。バルコニーに出て、長崎港から船が離れて行くところを見守ることに。

太鼓の演奏で見送られ、橋の下を通過しました。部屋からでも橋がかなり近く感じたので、船の屋上に出ていたらかなり近かったんだろうなと。

橋の上には写真を撮っている人がちらほらいました。橋を下から橋を見ることは中々ないので、これもクルーズ旅行の醍醐味ですね。

夕食後は乗船後初のショーへ

夕食の準備をして、今夜も『ル・オリーボ』へ。今夜のテーマはカジュアルナイト。

カジュアルなので、ラフな格好でも何も問題ありません。というより、MSCスプレンディダはカジュアル船なので、ガラナイトの日にラフな格好をしていても何か言われることはありません。

食事後は乗船後初のショーを見に行きます。

MSCスプレンディダはショーのための大きなショーシアターが完備されています。

これがとんでもないくらい大きな空間で、船の中にあるのが信じられません。

しかも、ヨットクラブメンバーは2階席のヨットクラブ専用席で見ることができて、開演前に行くとバトラーが席に案内してくれます。

2階席のド真ん中なので、ステージ全体が見渡せてまさに特等席。

今回のショーは、歌って踊る短縮版オペラ『カルメン』。

こんな広々としたところでショーを見るのがはじめてだったので楽しみにしていたんですが、基本的に英語ですし、カルメンのストーリーも何も事前知識がなかったのでよくわからずウトウト…

英語や演劇が分かるからなら楽しめたのではないでしょうか…

気を取り直して、バーで飲み直し。バーには演奏に合わせてずっとダンスをしている外国人ご夫婦がいました。

素敵ですね〜なんで外国の方はそんなにダンスが上手いんだろうか。自然に踊れるところがうらやましい…

部屋に戻ると、今日もチョコレートがベッドに置かれていました。だんだんチョコレートが溜まって来ました。

これにて3日目は終了です。

MSCスプレンディダの予約はベストワンクルーズがおすすめ!

2018年4月に東証一部へ上場したクルーズ専門の旅行代理店ベストワンクルーズがおすすめ!

MSCスプレンディダをはじめ、日本発着で格安のコスタネオロマンチカなど数えきれない程のクルーズが用意されているので、クルーズに興味があるならぜひ覗いてみてくださいね。

はじめてのクルーズ旅行!コスタネオロマンチカ乗船記ブログ2018【総まとめ】

2018.09.17

MSCスプレンディダ乗船記ブログ0〜5日目はこちら

上海〜横浜片道クルーズ!MSCスプレンディダ乗船記ブログ:0日目【口コミ・実体験】

2018.10.29

上海〜横浜片道クルーズ!MSCスプレンディダ乗船記ブログ:1日目【口コミ・実体験】

2018.10.29

上海〜横浜片道クルーズ!MSCスプレンディダ乗船記ブログ:2日目【口コミ・実体験】

2018.10.29

上海〜横浜片道クルーズ!MSCスプレンディダ乗船記ブログ:3日目【口コミ・実体験】

2018.10.30

上海〜横浜片道クルーズ!MSCスプレンディダ乗船記ブログ:4日目【口コミ・実体験】

2018.10.30

上海〜横浜片道クルーズ!MSCスプレンディダ乗船記ブログ:5日目【口コミ・実体験】

2018.10.31

MSCスプレンディダ関連記事

MSCスプレンディダ乗船記ブログ:レストランとビュッフェの味はどう?【食事編】

2018.11.09

MSCスプレンディダ乗船記ブログ:MSCヨットクラブ『デラックススイート』をご紹介!客室(キャビン)編

2018.11.03