1着2,980円から!?オーダーメイドシャツを格安で作れる人気の専門店8選

こちらの品質の良いオーダースーツを安い価格で作れる人気の専門店5選!という記事で、人気のオーダースーツを格安で作れる専門店をご紹介しました。

オーダースーツだけではなく、”オーダーシャツ”に関しても需要がありそうなので、今回は格安で作れるオーダーシャツの専門店をご紹介しようと思います。

多くのサラリーマン、特に夏場はYシャツ1枚で過ごすことが多いかと思います。Yシャツもスーツと一緒で胸周りや袖周りがダボダボで、サイズが合っていない物を着るほどかっこ悪いことはありません。

逆に、自分の体型に合ったシャツを着ていれば、それだけでカッコイイということ。しかも自分に合った服というのはそれだけで着ていて気持ちの良いものです。

私も普段スーツを毎日来ています。スーツはすべてオーダースーツですが、シャツに関してはすべて”オーダーシャツ”というわけではありません。ちょっとした理由がありまして・・・これは後程ご紹介いたします。

オーダースーツと比べ、オーダーシャツは比較的に金額が安いのではじめての方もトライしやすいと思います。これからオーダーシャツを作ってみようかなといった方の参考になれば幸いです。




オーダーシャツのメリットとデメリット

ほぼオーダースーツと一緒のメリット・デメリットがあります。

メリット1:実は既製品と金額的な差はほぼない

オーダースーツとも同じですが、既製品は大量生産することで、販売価格を抑えています。安い店で体感では既製品の2割増しくらいでしょうか?既製品でサイズがピッタリな方もいるかもしれませんが、1000円~2000円の上乗せで自分好みにオーダーできるのであれば、オーダーシャツの方が魅力的ではないでしょうか。

メリット2:自分のサイズに完全フィット

これもスーツと一緒ですが、シャツはスーツスタイルの中で、自分の体に一番近いものです。
ということは、なおさら一番のフィット感が求められます。
なぜかというと、大きめのシャツのを着ていた場合では、余った布がかさばってしまい、スーツを着たときに違和感を感じてしまうからです。特に肩周りや腕周りで違和感を感じたことがある方は多いはずです。自分の体にジャストフィットのシャツであれば、これらの違和感から解消されます。

一度店舗で作成したサイズを覚えておけば次回から、ネット注文することもできて、他の専門店でもお店に行かずに作ることもできます。人件費がかからないネット注文専門店の方が割安です。

メリット3:デザインや生地を自由にカスタマイズ

襟元・袖口のデザインだったり、ボタンの種類やお好みの生地まで好きなようにカスタマイズすることができます。生地はデザインや素材によってもピンキリですので、そこは自分との財布と相談すると良いでしょう。

デメリット1:完成までに時間がかかる

完成まではやはり時間がかかります。オーダースーツと同じで完成までは早くても2~3週間は見た方が良いでしょう。”出張先で翌日に切るワイシャツを忘れたので、急いで代わりのワイシャツが必要!”なんて時にももちろん対応できないので、あしからず。

デメリット2:体型の変化に非常にシビア

冒頭で、「私が所持しているシャツに関してはすべて”オーダーシャツ”というわけではない」というお話をしましたが、その理由はまさしくこれです。オーダースーツでもまったく同じデメリットがあるのですが、シャツは体に近い分さらにシビアになります。

私は体にピッタリフィットしたスリムなシルエットが好みなので、かなりジャストフィットで作っています。ランチにお腹いっぱい食べすぎてお腹が出ただけでも、相当お腹の部分が苦しくなってボタンが飛びそうになります・・・極端な例かもしれませんが、体型がすぐ変化するような方はすべて同じサイズ・ジャストサイズのオーダーシャツだけで揃えると後悔するかもしません。

このような理由から、私は既製品のワイシャツも半分以上の割合で持っています。

デイリーPlus(プラス)という会員制割引優待サービスに入会すると、スーツセレクトやORIHICA(オリヒカ)の商品を常時10%オフにすることができます。

最大2ヶ月無料!デイリーPlus(プラス)の優待割引やクーポンが万能すぎ!特徴や使い方まで徹底解説

2018.06.28

普段スーツセレクトやORIHICA(オリヒカ)で購入している人には全商品が10%になるのでかなりおすすめです。

デイリーPlus – Yahoo! JAPANが提供する会員制割引優待サービス

パターンオーダーって何?

”オーダーシャツ”といっても、実はオーダー方式に違いがあります。ただし、格安で作れるオーダーシャツはほとんどの場合が「パターンオーダー」です。パターンオーダーとは、ある程度”パターン”が用意されており、そのパターンの中から、自分好みのオプションやサービスを組み合わせて作る方式のことです。

なので、襟の長さ・裾の形といった、本当に細かいサイズ・指定等はパターンオーダーではできません。もし、このようにサイズひとつひとつに拘りたいのではあれば、「フルオーダー」という方式があるので、そちらでオーダーすることになります。

ただし、「フルオーダー」は1着作るのに、こちらで紹介しているオーダーシャツ専門店の2~3倍の値段は必要ですので、「自分のこだわり」を取るのか「コストパフォーマンス」を取るのかをハッキリさせてから注文するのが良いと思います。

おすすめの格安オーダーシャツ専門店

Suit Ya

オリジナルステッチと同様、WEB上でデザインしてそのままオーダーする『完全WEBオーダー』形式。

オプションによる追加費用は一切ないので、安心の料金体系になっています。

初回購入者に限り、1,000円割引クーポンを利用することができるので、最安で3,980円からオーダーシャツが作れてしまうという低価格っぷり!

そのため、リーズナブルな生地は即売り切れてしまう傾向にあるため、作るのを迷っているならお急ぎください!

オーダー方法 パターンオーダー
最低価格 3,980円〜
納期 約4週間~5週間

軽井沢シャツ

軽井沢シャツもオリジナルステッチと同様、WEB上でデザインしてそのままオーダーすることができます。特徴はなんと言ってもファッション業界自体で初の『自動採寸システム』ですね。

スマホのカメラで、大きさを測る基準物である”官製はがき”をお腹に貼り付けて、上半身を撮影しメールで送付するだけで自分に適したサイズを導き出してくれます。これならWEBオーダーする際に1番心配なサイズ問題が解決されますね。

新規会員登録で1000円相当のポイントが貰えるので、生地の最安が6,000円であることから実質最低5,000円〜からオーダーシャツを手に入れることができます。

この価格で手に入れられるのはWEBならではですので、安さを求めるのであれば軽井沢シャツもおすすめですね。

オーダー方法 パターンオーダー
最低価格 5,000円〜
納期 約2週間~3週間

オーダースーツ SADA(佐田)

sada

初回限定のみとなりますが、5,900円から作成可能です。メンズ・レディース共に対応。生地の種類も40種類から選択でき、無難なホワイトの物からギンガムチェックなどのお洒落なものまでバリエーション豊富です。綿100%の生地は6,900円からとなっているので、着心地重視の方はこちらを購入しても良いかもしれません。

また、オーダースーツと同様にシミュレーターが用意されているので、出来上がりがイメージできてWEBからでも購入しやすいのが特徴です。

オーダー方法 パターンオーダー
最低価格 5,900円
納期 約2週間~3週間
店舗 渋谷・八重洲・新宿・池袋・新橋・吉祥寺ほか全国に35店舗

Original Stitch(オリジナルステッチ)

original-stixh

Original Stitch(オリジナルステッチ)では完全にWEB注文方式を採用しています。選べる生地は、オーソドックスな白からブロックチェックやストライプのお洒落まで様々。しかも日本の職人が一つ一つハンドメイドで作成しています。

また、割引クーポンが廃止された替わりとして、全体的に料金がかなり安くなりました。

初回購入時にスタイリストと無料チャットを行って、購入するだけで購入金額から500円割引されるので、ぜひ利用してくださいね!

これ以上のオーダシャツ専門店は他にないと思います。

WEBでの注文で一番心配となるのが”サイズ感”ですが、『30日間の無料交換保証』があるので、その心配もありません。

オーダー方法 パターンオーダー
最低価格 4,980円〜
※ 生地によって異なる
納期 約2週間~3週間

簡単にネット注文できる『Original Stitch(オリジナルステッチ)』でオーダーシャツを作ってみた

2016.04.10

Global Style(グローバルスタイル)

globalstyle-shirt

スーツと同様、セット購入で最安になるパターンです。5着セットとなりますが、質の良い生地で作れて1着6,000円前後ですので破格です。オーダースーツも質が良くので、利用させてもらっています。いつの間にか都内の店舗も非常に増えたので利用しやすくなりました。ただし、普段もやっているわけではなく、キャンペーン価格となりますので、気付いたら作ってみることをオススメします。

オーダー方法 パターンオーダー
最低価格 1着約6,000円前後
納期 通常3週間
店舗 新宿・池袋・銀座・ほか11店舗

La Fabric / ラファブリック

lafabric

「初回限定」「生地はスタイリストが選定するので選らべない」「色はホワイトのみ」といった制約がありますが、3,980円と超格安で作ることができるのでお試しとしては全然良いと思います。その他のオプションを選んでしまうと、3,980円以上となってしまうので注意してください。2回目以降でも6,800円と比較的安く作れます。インターネット注文のみで、他の専門店で図った寸法が使えないのがネックでしょうか。

※ 現在は残念ながらお試し3,980円は終了してしまったようです。

オーダー方法 パターンオーダー
最低価格 3,980円~
納期 約30日~
店舗 渋谷

KEI(旧:CHOICE)

1着4,980円と破格の値段で作れます。完全なネット注文方式で、イラストタイプの3Dモデルを見ながらデザインすることで仕上がりがイメージできるため、非常にオススメです。他のサービスは有料となっている”貝ボタン”も無料オプションとして選べるだけでなく、非常に細かくカスタマイズでき、初めての方でも返品保証があるので、1回だけ無料で交換できる点もおすすめできる点です。

オーダー方法 パターンオーダー
最低価格 4,980円
納期 約30~35日後

UNIQLO / ユニクロ

uniqlo

ユニクロが格安でサービスを開始して話題となりました。ほぼセミオーダーでシャツを作ることができます。カスタマイズはできず、サイズと形(レギュラーフィットかスリムフィットか)やカラーといったものしか選ぶことができませんが、それでも2,980円と既製品より安い価格で作れることが魅力です。安い分、体型の変化などを気にせず作れるかもしれません。

オーダー方法 セミオーダー
最低価格 2,980円~
納期 約2~5日間

オーダースーツが『完全WEBオーダー』の29,800円で作れるって本当?

「オーダースーツって実際店舗に運ぶ必要があるし、どうせお高いんでしょ?」と思っている方も多いと思います。

でも今は『完全ネットオーダー』で足を運ぶこともなく、定額の29,800円で自分にピッタリのスーツ作ることができるんです!

Suit Yaなら追加オプションがコミコミ29,800円で、自分好みの生地を選んでネットで注文するだけで完成品が自宅に届く!

初回の1回はサイズのお直しも無料なのでサイズへの不安も解消している素晴らしいサービスなので、オーダースーツを作ろうと考えている方は利用してみてはどうでしょう?

たった1,000円で学べるスーツの着こなし方

オーダースーツを作って終わりじゃありません。カッコよく着こなす必要があります。

いくらスーツがカッコよくても、着こなしがイケてなければ、せっかくのオーダースーツも台無し…そうならないように、スーツの着こなし方をしっかりと学んでおきましょう!

本のタイトル通り、世界一簡単にスーツの着こなし方がイラスト付きでわかりやすく書かれています。

「なんか自分よりスーツ姿がしっくりこないんだよなー」と思っているビジネスパーソンは必読ですよ。

ジャケパンスタイルにおすすめ!オーダージャケットが作れる専門店9選

2017.05.15

スーツセレクトでいつでも全商品10%割引できるクーポンをゲットする方法

2016.12.10

ORIHICA(オリヒカ)でスーツをいつでも30%割引で購入する方法

2016.12.10

簡単にネット注文できる『Original Stitch(オリジナルステッチ)』でオーダーシャツを作ってみた

2016.04.10

品質の良いオーダースーツを安い価格で作れる人気の専門店15選【2018年最新版】

2015.07.26




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA