porsche(ポルシェ)残価設定型クレジット【残クレ】パワーローンのメリット・デメリット

この記事の目次(もくじ)

ポルシェの残価設定型クレジット(残クレ)パワーローンとは?

スポーツカーの最高峰とも言えるポルシェですが、乗ろうと考える時点で先に浮かぶのは価格以外にありません。

高価な分だけ、装備も性能もピカイチと言えるのがポルシェです。そんなポルシェのオーナーに最も近いと言える買い方が、パワーローンという残価設定型クレジット(残クレ)です。

毎月の支払い負担を抑えるための買い方ですが、ポルシェでも驚くほど負担を抑えて乗ることができるのです。

デメリットも兼ね備える残価設定型クレジット(残クレ)ですが、それを上回る賢い買い方でもあるポルシェのパワーローンについて紹介します。

慎重派ゴリラ
ポルシェも残価を設定し、残価以外の金額に対して支払い回数を設定した方法「残価設定型クレジット(残クレ)」で購入できる…ユーザーが自動車を購入する方法もいろいろと選択できる時代になりましたね!今回はそんなポルシェの残価設定型クレジット(残クレ)についてご説明します!

ポルシェの残価設定型クレジット(残クレ)パワーローンの特徴

パワーローンの特徴は、最初の車両本体価格から残価(支払わずにディーラーの所有分とする金額)を設定して、残りを分割で支払うというところです。

これは、残価設定型クレジット(残クレ)の基本的な部分でもあり、パワーローンも同じ特徴を持っています。

国産車・外車問わず単価が非常に高くなるポルシェですので、残クレが支払い負担を大きく軽減してくれるのは言うまでもありません。

残価で設定した金額は、最長で3年として再ローンを組むことができるので、買い取りを考えるなら、残クレのローンと足して最大8年で分割購入することになります。

ポルシェに乗ったことがない人でも初めて乗ってみて乗り換えの可能性もあるなら、最短の支払い回数でお試しとするのも良いでしょう。

655万~が一番安価なモデルのポルシェなので、金銭的余裕があっても、簡単に買う車でもありません。

それなりの検討が必要で、乗って考えたい場合には、最初はパワーローンでの購入も最適と言えるでしょう。

ポルシェの残価設定型クレジット(残クレ)パワーローンの支払回数

パワーローンの支払い回数は、36回(3年)48回(4年)60回(5年)となっています。

ポルシェ自体の単価が高いこともあるので、一番短くても36回(3年)となっています。

最終回支払いの後、車両返却については選択できるので、この点は他社の残クレと変わりありません。

調べてみると、パワーローン利用者で一番多い契約は、5年(60回)となっているようです。

やはり単価が高いので、支払い負担を抑えるための残クレとして選択するなら、最長の支払い回数が多く選ばれているということです。

最終回支払い後の選択としては、現金一括で買い取りが2割、返却が6割、再ローン買い取りが2割となった実績となっていました。

車両自体の価値も下がりにくいポルシェなので、返却して乗り換えが一番多い結果となっているようです。

返却時の車両価値が下がり過ぎて、差額を払って車両返却を求められる場合は、再ローンでも買い取りを選択するケースが多くなっています。

ポルシェの残価設定型クレジット(残クレ)パワーローンの金利・残価率は?

パワーローンの金利は、基本設定が3.9%となっています。

これは国産車の残クレ金利と同等で、他の外車残クレ金利1.9%に比べると非常に高くなっています。

やはり超一流メーカーということもあってか、残価設定型クレジット(残クレ)の金利もそうそう甘くはありません。

ですが、パワーローンでは特別低金利を実施中で、車種が限定されていますが1%下がる2.9%となっているようです。

次に残価率についてですが、パワーローンでは以下の通りです。

支払年数
支払回数
残価率
3年
36回
40%
4年
48回
30%
5年
60回
20%

外車の残価設定型クレジット(残クレ)は、国産車の残価率に比べると低くなるのが相場ですが、パワーローンでは一番高い残価率でも40%となっています。

ですが、最終支払い時に車両の残価が値割れを起こしにくいと言われるのが、ポルシェの強みでもあります。

残価率としては低いかもしれませんが、残価(価格)として考えるなら、他の車に比べると差額を払うことになるリスクは低いので安心できます。

慎重派ゴリラ
金利・残価率ともに他自動車メーカーと比べて特筆するほど有利な条件ではないということですね…。

ポルシェの残価設定型クレジット(残クレ)パワーローンのメリットは?

パワーローンはポルシェにのみ適用となりますが、「高級車に乗るため」のメリットが非常に色濃くなっています。

ここではポルシェを購入時に残価設定型クレジット(残クレ)であるパワーローンを利用するメリットを紹介します。

メリット①:超高級車に乗るための負担を大きく軽減

ポルシェという車は、ハッキリ言って高い!の一言に尽きます。

車の性能としては当然ピカイチですが、それに乗るためには大きなお金を支払う必要があります。

買い方として調べてみると、現金で一括購入という人は1割にも満たない結果となっています。

その次が通常のローンですが、残クレによる毎月の支払い額に比べると、倍近い金額を支払う必要があります。

確かに残価を設定して分割で支払うので、上記の感覚は当たり前と思うかもしれませんが、ポルシェは元々の単価が違います。

それでも乗りたいと憧れるポルシェなら、パワーローンで下がる毎月の支払い負担は、他の残クレよりも魅力的と言えます。

負担を抑えて乗るのが残価設定型クレジット(残クレ)で、これがメリット?と思うかもしれませんが、パワーローンではその効果が最大に発揮されるとも言えます。

メリット②:残価率は低いが値割れしない残価が安心

残価率は高いほうが有利ですが、実際のところ重要なのは「最終回支払い時の査定(残価との差額)」です。

残価率が高い残クレもありますが、結果として最終回の査定で車両の価値に差額が発生してしまっては意味がありません。

ポルシェは先の説明でもある通り、中古車になっても価格が下がりにくい車ばかりです。

人気の証拠とも言えますが、時代が変わっても基本の形を変えないポルシェは、本当に根強い人気です。

パワーローンを利用するなど、どうにかして乗りたいと考えるなら、モチロンあなたもその人気に惹かれたはずです。

元々の車両価格が高いポルシェなので、車両返却時の残価との差額は発生すると金額が大きくなるリスクがあります。

ですがポルシェはディーラーの管理する残価設定型クレジット(残クレ)で乗った車なら、かなりの確率で設定した残価と差がなく返却できます。

他の残クレでは、差額分の支払いという話をよく耳にします。返却時に当初立てた支払い設計とは違うところで支払いが増えると、残価設定型クレジット(残クレ)の計画性が意味をなさなくなります。

残価の保証とは別に、車の価値が下がりにくいというメリットもあったほうが良いでしょう。

メリット③:中古車でも使えるパワーローンはポルシェオーナーを現実にしてくれる

パワーローンはポルシェの認定中古車にも適用できます。高嶺の花であるポルシェですが、新旧モデルともに街中で見かけます。

新車からすると中古車のポルシェは、7割から半値に近いものがあるので、パワーローンでさらに支払い負担を抑えられます。

またモデルによって少し前のものを希望するなら、認定中古車のラインナップは外せません。

両者の意味でも、認定中古車にパワーローンが使えるのは、ポルシェオーナーへの夢を近づけてくれるメリットと言えるでしょう。

慎重派ゴリラ
この認定中古車でも適応されるのが、パワーローンの最大のメリットです!品質が良い中古車を支払いを抑えて購入できる…最も賢い購入方法ではないでしょうか!?

ポルシェの残価設定型クレジット(残クレ)パワーローンのデメリットは?

パワーローンも残価設定型クレジット(残クレ)であり、デメリットもあるものです。

高い車を買うために負担を抑える残クレですが、伴うデメリットも最初でしっかりチェックして、本当に自分に合った買い方かを判断しましょう。

デメリット①:当然ながら残価との差額リスクはあり、発生すると大きな金額を支払う恐れアリ

ポルシェ自体が高い車であるため、最終回支払い後の審査については、金銭的なリスクが潜んでいます。

確かに、値割れを起こしにくいポルシェの車ですが、そうは言っても車両返却時の審査はあります。

そのため、万が一事故などを起こした場合は設定した残価と車両の状態に差額が生まれら、それは支払いが求められます。

パワーローンで支払えるとしても、最終回の差額支払いリスクを考えると、お金が無い人が買えるとは言い切れません。

デメリット②:ハイスペックな車しかなく、ファミリー向けとは言えないラインナップ

パワーローンは、ポルシェ専用の残価設定型クレジット(残クレ)です。

認定中古車にも適用できますが、とはいえファミリー向けの車があるとは言えません。一部の富裕層が、例えばSUVのポルシェカイエンに乗っていますが、あまり多い選択ではないでしょう。

国産車のような、手頃で乗りやすいミニバンはなく、ハイスペックすぎる車ばかりです。

内装や装備も高級感があり、良い車であることは間違いないのですが、ファミリー層が選択肢とする車ではありません。

デメリット③:高級車であっても所有者はディーラー

他自動車メーカーの残価設定型クレジット(残クレ)にも言えることですが、パワーローンで車を買っても所有者はディーラーです。

最初に設定する残価の部分は支払わないわけですから、その部分の所有権はディーラーにあります。

分割で支払いながら、車を借りているという感じは否めません。さらにポルシェのような高級車なら、そのイメージはますます強くなるでしょう。

いっときの夢でしかない買い方とも言えるので、納得して買う前提ならもとより、車両売却ではなく「返却」というところも、やはり気になってしまうでしょう。

ポルシェの残価設定型クレジット(残クレ)パワーローンの評判は?

ポルシェを買うという見立てすら難しいでしょうし、パワーローン自体あまり知られていないのが現実です。

そんなポルシェの残価設定型クレジット(残クレ)パワーローンの評判を調べてみました。

どうしてもポルシェオーナーになりたいという人と、そうでない人で意見は分かれるようです。

ポルシェの残価設定型クレジット(残クレ)パワーローンの良い評判

認定中古車とパワーローンの組み合わせなら、もっと手軽に乗れる

パワーローンを利用すれば高嶺の花にも手が届く!?

ポルシェの残価設定型クレジット(残クレ)パワーローンの悪い評判

買い取りまでを考えると、パワーローンでも相応の支払いが…。

ポルシェの残価設定型クレジット(残クレ)パワーローンのまとめ

パワーローンなど残価設定型クレジット(残クレ)は、ポルシェのような高い車を買うための方法と言えるかもしれません。

ですが一方で頭金を入れても、毎月10万から支払いが必要になるなど、元々の車両単価が高すぎるため、そこまで安く感じない人もいるはずです。

パワーローンを利用しても、ポルシェは庶民の車ではないということです。

ポルシェに憧れて、一度は乗ってみたいと考えるなら、パワーローンでお試し感覚という方法もあります。

ハイスペックな車しかないポルシェは、一度乗ったらその凄さと魅力から離れられないかもしれません。

「いつかはポルシェ」を叶えたいのであれば、パワーローンを活用したポルシェの乗り方も検討してみてはいかがでしょうか。

慎重派ゴリラ
ゴリラがおすすめするパワーローンの使い方は、ズバリ「認定中古車+パワーローン+頭金の増額」です。新車ということさえ我慢すれば性能はどの年式でもポルシェなので問題ナシ!そこで月々の支払金額を抑えるオートローンを利用すればもともとの車両価格が新車に比べて安くなっているので負担額も比例して軽くなりますよ!

パワープランと「下取り価格」を上げる合わせ技が◎

ではパワープランを活用する場合、残価を出来るだけ少なくするために必要となる頭金はどう作るか考えていますか?

頭金が少なければ、残価も多く残るので残価設定型ローンのメリットが少なくなってしまいます…残価設定型クレジット(残クレ)だけを考えていたら車はお得に購入は出来ません。

実は、ディーラーでは良くこんな会話がされています。

慎重派ゴリラ
本体価格から5万円の値引きかぁ…無理なお願いかも知れないけれどもう少し値引きしてもらう事は出来ませんか?
ディーラーマン
そうですね…私どもも精一杯のお値引きなんですが…それでは、下取り価格を他社さんよりも大きく買い取るように頑張らせてください!

下取り…つまり現在所有している車両を売った金額で新しく乗り換える予定の車両の値引きを行う事を言いますがほとんどの方がこの下取り価格で失敗している事はご存知ですか?

ディーラーマン
大変お待たせしました。お客様が現在乗られている車両ですが、走行距離も少ないし目立った傷が少ないので、50万円で下取りさせていただきますがいかがでしょうか?
慎重派ゴリラ
えっ!?50万円!!(…さっきまで、値引き額で粘り強く交渉して5万円だったからこれは大きく値引きしてくれた!それだけ大きな値引き額になればいいかな…)そんなに高く買い取ってくれるなんて、ありがとうございます。それではその下取り価格で問題ありませんので契約の手続きをお願いします!
ディーラーマン
ありがとうございます。それでは手続きして参りますので暫くお待ちください。
ははは、他社ではおよそ80万円が相場だから30万円も儲かった!このまま契約まで一気に進めてしまおうっと♪

…そうなんです。ゴリラも昔に一度やってしまった失敗談を紹介させていただきましたが

現在乗っている車の価格も調べないで、値引き交渉をするのは損するのが当たり前!
最低限、現在の車の価格は前もって認識した上で値引き交渉をするのが鉄板

きちんと今乗っている車の適切な買い取り金額が分かっていれば、値引き交渉も優位に進められる!

ディーラーマン
大変お待たせしました。お客様が現在乗られている車両ですが、後期型の車両で走行距離も少ないし目立った傷が少ないので、50万円で下取りさせていただきますがいかがでしょうか?
慎重派ゴリラ
えっ!?50万円!!(…この間一括査定サイトで自分の車の価格を調べたら最も高い買い取り金額で90万円だったな…)それはちょっと相場より安いですよ!この間、私の方でも調べてみたら相場として80万から90万で買い取り依頼がありましたよ?
ディーラーマン
しっ失礼しました!私の方で誤って調べてしまった可能性もありますので、大変恐縮ですが再度確認して参ります。今しばらくお待ちください…(…ぐっこのお客様は下準備が念入りだから小手先のテクニックは通じないな…)

車の査定は様々な会社がサービスを提供していますが、信頼性と丁寧さで大手リクルート社が運営しているカーセンサーがお勧めです。

もちろん、リクルートのカーセンサーが行う一括査定は無料!大手企業が運営しているだけあって、安心感が違います。

慎重派ゴリラのメッセージ
カーセンサーの下取り価格調査サービスは以下がポイントです。
1. もちろん無料
     お金は一切掛かりません。お金は一切掛かりません。
2. 1社ずつ下取り価格を調べる
     手間が省ける手間が省ける
3. 一番高く
     買い取ってくれる業者が分かる!買い取ってくれる業者が分かる!




ポルシェの残価設定型クレジット(残クレ)【パワーローン】のメリット・デメリット