JEEP(ジープ)の残価設定型クレジット【残クレ】メリットプランのメリット・デメリット

JEEPの残価設定型クレジット(残クレ)メリットプランとは?

外車クロカンの代名詞とも言えるJEEPですが、国内ではあまり見かける数が少ないため、街中でJEEPを見るとすごくカッコよく見えます。

世界販売台数を見ると、年間100万台売れている実績から、根強い人気の車です。

外車でありクロカンということでやはりその単価は高くなるJEEPですが、買い方のひとつに他のメーカーと同じように残価設定型クレジット(残クレ)が存在します。

今回はJEEPが準備する残クレである残価設定型クレジット(メリットプラン)について紹介します。

慎重派ゴリラ
JEEPの車種はそのすべてが一目見ただけで「JEEPだ!」と分かるデザインがいいですよね!男性が運転している場合は頼りになる感じが3割増しになるという都市伝説も(笑)!?女性が運転しても様になる車も珍しい!

JEEPの残価設定型クレジット(残クレ)メリットプランの特徴

なんといっても「常に新しいJEEPに乗るための残価設定型クレジット(残クレ)」です。

車種限定ではあるものの、乗り換えサポートでキャッシュバックがあったり、国産車に比べて金利が安くなっています。

クロカンならではのアクセサリーも豊富で、装着車種も残価設定型クレジット(残クレ)での購入が可能です。

アウトドアには必須とも言える、積んで持ち運べる自転車までが、JEEPオリジナルとなっています。

これらを自由に組み合わせ自分好みの車を選択し、さらには負担を少なくして乗れるので、クロカンに残クレで乗るならメリットプランと言えます。

慎重派ゴリラ
オプションに対しても残価設定型クレジット(残クレ)対応というのは他メーカーにはありませんね。

JEEPの残価設定型クレジット(残クレ)メリットプランの支払回数

メリットプランの支払い回数については、37回(3年)・49回(4年)・61回(5年)の3通りとなっています。

国内主要メーカーの残価設定型クレジット(残クレ)も、5年まで(回数は異なる)が最長となっています。

メリットプランも同様に5年までとなっていて、JEEPのフルモデルチェンジが8~9年となっていることを考えると

残価設定型クレジット(残クレ)1.5回の契約で新車に乗り続けることが可能です。

残価設定型クレジット(残クレ)で重要になるのは、毎月の支払い負担を軽減できるかどうか?ですから、自分の支払い能力に合った予算組みが必要です。

外車は国産車よりも車両本体価格が高くなるので、そこは残価設定型クレジット(残クレ)の支払い回数で調整できます。

長い支払い回数で負担を減らすか、最短で3年ごとに新車に乗るかを選択できます。

JEEPの残価設定型クレジット(残クレ)メリットプランの金利・残価率は?

メリットプランの金利は年率1.9%となっています。

これは国内主要メーカーの残クレ3.9%に対して、非常に低い金利設定となっています。

外車の場合は、国産車よりも低い金利というのが一般的で、メリットプランの金利1.9%は外車の残クレで一番低い設定です。

冒頭で説明した通り、車種によるキャッシュバックもあります。

国内の残クレでは、低金利キャンペーンとキャッシュバックがあっても金額は大きくありません。その点を含めて、金利の低さを視野に検討することをおススメします。

メリットプランの残価率については、支払い回数(年数)ごとに変動します。Wranglerに限定されますが、37回(3年)の支払い回数で残価率60%となっています。

国内外問わず残クレの残価率としては、非常に高く設定されており、頭金を100万から準備すると、毎月1万円台でJEEPに乗ることができます。

一方で国産車の残価率は、高くても50%以下となっているので、JEEPを含め外車の人気の高さを裏付けしています。

慎重派ゴリラ
残価率が高ければ、支払対象となる率は低くなるので毎月の支払金額を押さえる事が出来ます。JEEPの場合は残価率が60%という事なので支払対象は残りの40%!

JEEPの残価設定型クレジット(残クレ)メリットプランのメリットは?

JEEPに乗るためのメリットプランですが、金利以外に十分なメリットを備えています。

国産車にはない魅力を、存分に引き出すためのアクセサリー装備など、クロカン好き以外でも目を見張る内容です。

メリットを知ることで、残クレはもっとオトクに利用しやすくなります。

メリット①:低金利で毎月の支払い負担が圧倒的にラク!

先の説明の通り、メリットプランの金利は1.9%となっています。

他のメーカーもそうですが、残クレは払う必要のない残価分にも反映されたうえで、分割支払いとなります。

分割支払いだけに金利がかかると、勘違いされているところも多く、負担をしっかり抑えるなら金利は低いに越したことはありません。

また、国産車よりもおおむね2%低いので、400万の車で残価率60%とするなら、年間8万近く支払いが抑えられます。

金利が残価分も含めた、車両本体価格全てにかかってくる点は注意が必要です。

メリット②:豊富なオプション装着が魅力的

クロカンという車ですので、メリットプランでは装着できるオプションも豊富にそろっています。

定番のルーフキャリアから、組み合わせでオトクになるオプションセットも充実です。

オプションを装着すると、車両本体価格の価値を下げてしまうと判断するディーラーもあるので、オプションを良しとするメリットプランは楽しめます。

アウトドアに強いJEEPの車ですから、せっかくならオプションまで含めて検討してみてはいかがでしょうか。

メリット③:最大30万円のキャッシュバックが嬉しい

メリットプランでは、車種を限定したキャッシュバックを実施しています。

平成30年4月現在では、Grand Cherokee限定で30万円のキャッシュバックとなっています。

頭金を入れたのと同じことにもなるので、購入後のキャッシュバックでも、先に準備して金利がかかる部分を減らすことをおススメします。

キャッシュバックのタイミングは、販売店ごとに違いますので、購入前に確認が必要です。

国内メーカーの場合は、多くて10万円のキャッシュバックになっています。

SUVやクロカンで迷うなら、メリットプランのキャッシュバックを忘れずにチェックしましょう。

慎重派ゴリラ
Grand Cherokee(グランドチェロキー)と言えば、JEEPのラインアップの中でも1位2位を争う高性能車両で人気も高いですよね!そのグランドチェロキーが30万円のキャッシュバック!これはチャンス!

JEEPの残価設定型クレジット(残クレ)メリットプランのデメリットは?

残クレとはいえ、やはり車両本体単価が高い分デメリットもあります。

メリットプランはJEEPの新しい乗り方ではありますが、デメリット次第では負担が少なくても、自分に合っているかは分かりません。

デメリットもちゃんと把握したうえで、判断するようにしましょう。

デメリット①:クロカンしか選べないラインナップ

JEEPと言えばクロカンとSUVですが、それしか車種が無いのはデメリットでしょう。

ブランドが好きでとか、クロカン以外を希望しても、メーカー自体がクロカンオンリーと言えるラインナップなので、他形状の車種はありません。

クロカンとしてはカッコイイこと間違いナシですが、それでも車種は代表車種で8つしかなく、誰にでもおススメできるわけではありません。

クロカンとなると、車体形状は必然的に大きくなり、使い勝手は限定されてきます。「色々な車から選びたい」と思ってJEEPを選択するのには不向きです。

慎重派ゴリラ
JEEPは趣味性が強い車ですので、どちらかというと「JEEPが欲しい!」という方が多いと思うのであまり問題にはならないかもしれませんね。

デメリット②:アウトドア向きの車ながらアウトドアには使えない事情

JEEPの車は、どれもアウトドア向きと言えるものばかりです。

ですが、アウトドアに使うには結構勇気がいります。というのも、最終支払い時の車両返却に伴う審査があるからです。

街乗りに比べ、アウトドアでは圧倒的に車が傷むリスクが高くなります。

見た目にもカッコイイ車ですが、使える場所が限定されるのは少し残念で、本来の性能を活かせないままで終わる可能性があります。

残クレであるメリットプランだからというのもありますが、こういった車に乗るのであれば、やはり普通に購入した方が利用幅は広がります。

他のメーカーであれば、街乗りが基本として車を選択できますが、JEEPの場合は車種が少ないので、それもできません。

メリットプランの適用範囲は、JEEP車種限定ですので、当然と言えばそれまでです。

慎重派ゴリラ
といっても、アウトドア(オフロード)でJEEPを乗り回す方はごく一部だと思いますので、街中メインで利用する場合はそこまで気にしなくても良いと思います。

デメリット③:ハイブリッド車種がない、燃費向上もそこまで期待できない

現状、JEEPではプラグインハイブリッドなど、完全電気自動車はありません。

形状が大きくなるクロカンであり、4輪駆動ですから、燃費向上もさほど期待はできません。

車種が少ないこととも共通しますが、走破性能を重視して作られるのが4輪駆動という車なので、燃費うんぬんを考えられている車ではないのです。

元々の使用目的が街乗りとは違う車ですから、燃費が良い車のラインナップがありません。

リッターあたり10km未満というのが、もともとの4輪駆動の相場で、JEEPの車種においても同様です。ハイブリッドを4輪駆動の車に求めるのは、少々ナンセンスとも言えます。

JEEPの残価設定型クレジット(残クレ)メリットプランのまとめ

JEEPに乗るならメリットプラン!と言える内容が盛りだくさんとなっています。

クロカンに燃費性能を求めることはできませんが、JEEPはなんと言っても見た目のカッコよさから選ぶ人がたくさんいます。

燃費性能を捨ててでも、JEEPの車が良いと思い、残クレで乗りたいのならメリットプランが最適です。何より豊富なオプションは、4駆乗りをワクワクさせてくれます。

メリットプランはオプションまでが適用範囲とされているので、制約のある残クレでも、比較的自由なカスタマイズがしやすいほうです。

アウトドア初心者など、JEEPの車を使いたいと考える人は多いようですが、メリットプランでは車の傷など状態が非常に重要です。

例えば最初の3年で街乗りとして使ってみて、買い取りを検討、その後本格的にアウトドアとして使ってみるという人もいるようです。

費用はかさみますが、車とは相性もあるので、失敗しないJEEP選びにメリットプランを使ってみるという方法もあります。

支払い負担を抑えて新車に乗る手段以外に、メリットプランの活かしてJEEPユーザーをスタートさせる方法もあります。

しっかりチェックして、メリットプランを有効に活用しましょう。

残価設定型クレジット(残クレ)メリットプランと「下取り価格」を上げる合わせ技が◎

残価設定型クレジットで毎月の支払いを押させるのは出来ても、車両本体価格の値引きはどうされるか考えていますか?

頭金が少なければ、残価も多く残るので残価設定型ローンを選択してしまう気持ちも分かりますが…本当に車を購入する前にやるべき事をやりきっていますか?

実は、ディーラーでは良くこんな会話がされています。

慎重派ゴリラ
本体価格から5万円の値引きかぁ…無理なお願いかも知れないけれどもう少し値引きしてもらう事は出来ませんか?
ディーラーマン
そうですね…私どもも精一杯のお値引きなんですが…それでは、下取り価格を他社さんよりも大きく買い取るように頑張らせてください!

下取り…つまり現在所有している車両を売った金額で新しく乗り換える予定の車両の値引きを行う事を言いますがほとんどの方がこの下取り価格で失敗している事はご存知ですか?

ディーラーマン
大変お待たせしました。お客様が現在乗られている車両ですが、走行距離も少ないし目立った傷が少ないので、50万円で下取りさせていただきますがいかがでしょうか?
慎重派ゴリラ
えっ!?50万円!!(…さっきまで、値引き額で粘り強く交渉して5万円だったからこれは大きく値引きしてくれた!それだけ大きな値引き額になればいいかな…)そんなに高く買い取ってくれるなんて、ありがとうございます。それではその下取り価格で問題ありませんので契約の手続きをお願いします!
ディーラーマン
ありがとうございます。それでは手続きして参りますので暫くお待ちください。
ははは、他社ではおよそ80万円が相場だから30万円も儲かった!このまま契約まで一気に進めてしまおうっと♪

…そうなんです。ゴリラも昔に一度やってしまった失敗談を紹介させていただきましたが

現在乗っている車の価格も調べないで、値引き交渉をするのは損するのが当たり前!
最低限、現在の車の価格は前もって認識した上で値引き交渉をするのが鉄板

きちんと今乗っている車の適切な買い取り金額が分かっていれば、値引き交渉も優位に進められる!

ディーラーマン
大変お待たせしました。お客様が現在乗られている車両ですが、後期型の車両で走行距離も少ないし目立った傷が少ないので、50万円で下取りさせていただきますがいかがでしょうか?
慎重派ゴリラ
えっ!?50万円!!(…この間一括査定サイトで自分の車の価格を調べたら最も高い買い取り金額で90万円だったな…)それはちょっと相場より安いですよ!この間、私の方でも調べてみたら相場として80万から90万で買い取り依頼がありましたよ?
ディーラーマン
しっ失礼しました!私の方で誤って調べてしまった可能性もありますので、大変恐縮ですが再度確認して参ります。今しばらくお待ちください…(…ぐっこのお客様は下準備が念入りだから小手先のテクニックは通じないな…)

車の査定は様々な会社がサービスを提供していますが、信頼性と丁寧さで大手リクルート社が運営しているカーセンサーがお勧めです。

もちろん、リクルートのカーセンサーが行う一括査定は無料!大手企業が運営しているだけあって、安心感が違います。

慎重派ゴリラのメッセージ
カーセンサーの下取り価格調査サービスは以下がポイントです。
1. もちろん無料!お金は一切掛かりません。
2. 1社ずつ下取り価格を調べる手間が省ける
3. 一番高く買い取ってくれる業者が分かる!

スポンサーリンク

JEEP(ジープ)の残価設定型クレジット【残クレ】メリットプランのメリット・デメリット

車を”自由に乗り換え”よう!


ガリバーが提供する『NOREL(ノレル)』は、豊富なラインナップの中から好きな車を選んで90日ごとに車を乗り換え可能!

「夏休みに家族で旅行に行くからSUVに」
「彼女とツーリングへ行くのでスポーツカーへ」


こんな風に、利用目的に応じて気軽に車を乗り換えられるのがポイント。

車を所有していると、自動車保険やら車検・税金といったランニングコストがつきものですが、『NOREL(ノレル)』を利用するのに必要なものは、駐車場とガソリン代・消耗品くらい。

月額たったの19,800円〜から利用できるので、車を手放してこういったサービスを利用するのもアリではないでしょうか!