Audi(アウディ)の残価設定型クレジット【残クレ】Sローンのメリット・デメリット

記事の目次

アウディの残価設定型クレジット(残クレ)Sローンとは?

ヨーロッパのオシャレな車といれば、アウディです。映画等にも起用されるなど、最新かつハイテクな車を揃えています。

国内で見るアウディの車は、250万からとなっており、安く乗る車ではありません。

そんなアウディですが、Sローンというアウディ専用の残価設定型クレジット(残クレ)を準備しています。

アウディの認定中古車にも適用され、非常に実用的にカッコイイ車に乗るための支払い方法となっています。

今回は、このSローンについてのメリットや、支払い負担などを検証してみました。

アウディの残価設定型クレジット(残クレ)Sローンの特徴

Sローンには3つの特徴があります。

支払い負担額を軽減する事が出来る

残価を設定し据え置くことで頭金の準備負担も減らし、下取り車も頭金に充てられます。これはアクティブローン最大の特徴とも言えます。

これは残クレの最大の魅力でもありますが、車の必要経費を抑え、生活に負担無く乗れるようにするためのものです。

車への支払い額を抑えて、車を活かせるレジャーなどを充実させる事が出来ます。

当初よりもランクアップしたグレードを購入できる

支払い額を抑えるということは、希望する車種よりもランクアップが可能です。

せっかくならワンランク上の、ハイグレードな車もSローンの支払いで乗ることができます。

慎重派ゴリラ
実際、Audiは通常モデルにそれぞれ「R」「RS」モデルも用意していますよね!
アウディの新車を乗り換えていける

おおむね3年となる残価設定クレジット(残クレ)の支払いでは、人生設計に合わせた車の乗り替えができます。

家族が増えたりして安心設計の車に乗りたいなど、支払い期間とライフステージを照らし合わせ必要に応じた車を、そして新車に乗り換えられます。

アウディの残価設定型クレジット(残クレ)Sローンの支払回数

Sローンの支払い回数は12回(1年)24回(2年)36回(3年)48回(4年)60回(5年)となっています。

Sローンでは、他にない支払い回数、12回(1年)というものがあります。

他社の残クレでは、最短でも24回(2年)支払いとなっているので、1年となるとかなり早いスパンで乗り換えができます。

あっという間かも知れませんが、外車はキレイで新しい車に乗ってこそと言えます。

回数に応じて、残クレでも支払い金額が変動しますが無理のない支払いであれば1年に1回乗り換えも検討してみてはいかがでしょうか。

ボーナス併用での支払いも可能なので、毎月の支払い負担を減らしたいという場合は、検討してみましょう。

アウディの残価設定型クレジット(残クレ)Sローンの金利・残価率は?

Sローンの金利は、支払い回数や車種に関係なく1.99%となっています。

他社の残クレの金利に比べると、国産車では3.9%が一番低く、外車では1.9%が一番低くなっています。

Sローンは、外車の中で一番低い金利ではありませんが、国産車と同等の車を比べるなら、1.99%の金利は検討の余地があると言えます。

残クレではSローンに限らず、車両本体価格の全てに金利が上乗せされたうえで、分割支払いが計算されます。

残価を最初に設定しそれを差し引いた額を分割して支払いますが、全体の金額にかかってくる金利は低いに越したことはありません。

せっかくなら支払い負担を抑えるためにも、金利もなるべく低く抑えたいものです。

また、Sローンの残価率ですが、以下の通りとなっています。

支払年数
支払回数
残価率
1年
12回
60%以下
2年
24回
50%以下
3年
36回
40%以下
4年
48回
30%以下
5年
60回
20%以下

支払い回数が多くなるにつれ、残価率が下がるのは他の残価設定型クレジット(残クレ)も同様です。

気にする必要はありませんが、Sローン特徴の12回(1年)という支払い回数では、残価率を60%と半分以上に設定できます。

乗る期間が少ないため、最終回支払い時の車両状態をキープしやすいというのも理由です。

何より、乗り換えのタイミング次の車を考えるとき、再度支払いの負担とバランスを考えなくてはなりません。

残価率を高く設定できるのは、買い手にとって有利なポイントと言えます。

Audi(アウディ)の残価設定型クレジット(残クレ)Sローンのシミュレーション

それではAudi(アウディ)の残価設定型クレジット(残クレ)Sローンで、実際に車両を購入すると毎月の支払金額はいくらほどになるのでしょうか?

実際に売れている車両にてSローンのシミュレーションを組んでみました。

シミュレーション例①:アウディA1のSローンシミュレーション

シミュレーション内容
モデル名:A1 1.0 TFSI
オプション費用:100,000円
頭金:1,000,000円
支払期間:3年(36回)

アウディが販売する車両のエントリーモデルであるA1をSローン(36回)を利用した場合は、毎月の支払金額は約20,000円!

もちろん、頭金を100万円入れた場合ですがオプション費用を10万円設定したりと現実的な内容でこの金額は満足のいく金額ではないでしょうか?

慎重派ゴリラ
A1はどちらかというと、セカンドカーとして利用される方が多いイメージですが、性能が良いAudiが販売するエントリーモデルという事もあってメインで利用される方の多い車種の1つ。それが毎月2万円となると、思い切って購入したくなる気持ちにもなりますね!

シミュレーション例②:アウディA4のSローンシミュレーション

シミュレーション内容
モデル名:A4 2.0 TFSI quattro
オプション費用:100,000円
頭金:1,000,000円
支払期間:3年(36回)

続いては、多くの方が検討する車種の1つ「A4 quattro」についてシミュレーションしてみました。

quattro(クアトロ)でないアウディはアウディにあらず…と言われる事があるほど絶対的な信頼性を持つアウディの4WDシステム「quattro」ですが、そんなクアトロシステムと代表的なセダンA4をSローンを利用すると毎月の支払は約7万円弱。

慎重派ゴリラ
エントリーモデルのA1と比較してしまうと高いイメージがありますが、これはあくまでも新車購入時にSローンを利用した場合の金額。認定中古車であれば、さらに支払金額を押させる事も可能ですよ!

アウディの残価設定型クレジット(残クレ)Sローンのメリットは?

Sローンのメリットとは、いったいなんでしょうか。支払い負担が減る事とは別に、各メーカーが用意している特典があります。

これはメーカーごとに異なるため、支払い負担とメリットまで総合して、自分に合っているか考える必要があります。

メリット①:オプションまで付けられてオトク

メーカーにもよりますが、冒頭で紹介した通りSローンではオプションまでセットでローンを組むことができます。

国産車に比べると、外車はオプション付きでも中古車の値下がりがしにくいという点から、オプションまでセットにできるのは嬉しい特典です。

高級車路線をたどるアウディですので、せっかくなら支払い負担を抑えた分、欲しかったオプションやアクセサリーを付けてみるのもいいでしょう。

上位モデルとまではいかなくても、オプション装備で大きく変わるアウディは、せっかくならちょっと贅沢できる装備も検討できます。

メリット②:最短支払いなら毎年新車に乗れる!

他の残クレと比べて、注目すべき点が支払い回数が少ない設定があるという点です。

外車でも24回(2年)というところが最短なのに比べ、12回(1年)というのはあっという間です。

残価率の設定が高いとはいえ、12回しか支払わないので、それなりに負担が大きくなりますが、せっかくのアウディにしかも新車で乗ることができるのです。

街中でみる車は、圧倒的に国産車が多いのですが、目立つ外車に乗るなら新車でピカピカの車を走らせてみたいですよね。

メリット③:認定中古車もSローンで乗れる

Sローンはアウディ認定中古車にも適用できます。

中古車とはいえ、アウディが厳選した認定付きであることに加え、最短で1年しか乗っていない中古車も数多く取り扱っています。

中古車で単価が下がった事に加え、さらにSローンの適用で分割支払いの負担を減らせます。

国産車では新車のみの適用というところも多く、外車ならではの買い方と言えるのも、中古車のSローン適用です。

程度の良い中古車も揃えている、アウディの認定中古車です。新車にこだわらないのであれば、こういった買い方も検討してみましょう。

慎重派ゴリラ
ゴリラが最も進めるアウディのSローンの使い方は、この認定中古車を残価設定型クレジット(残クレ)で購入する方法です。中古なので新車購入より価格が安く、かつディーラーの保証付き中古車を残価設定で支払額を少なく購入する。これがイチバン賢いAudiの購入方法ではないでしょうか?

アウディの残価設定型クレジット(残クレ)Sローンのデメリットは?

残価設定型クレジット(残クレ)であるSローンには、当然デメリットもあります。

支払い負担が減るという点とは逆に、デメリットを知ってから判断しなくては、買ってから思わぬ損と感じる人もいます。

自分に合った買い方を探すために、デメリットもしっかりチェックしましょう。

デメリット①:もちろん車両返却のタイミングがやってくる

残クレはどれも同じですが、Sローンも同様に最終回支払いのあとは、車を返却しなくてはいけません。

最初に設定した残価の部分は、ディーラーに所有権があるため、買うというよりはどちらかというと、車を借りているというイメージが強くなります。

特に最短1年という支払いのスパンでは、せっかく乗り慣れた車も1年で返却しなくてはいけません。

そう考えると非常に短い期間と感じます。

12回(1年)支払いを選択したユーザーの4割が、買い取りか再ローンというデータもあります。

デメリット②:縛られる感のある支払い回数

車に限らず、慣れてきた場合は飽きる可能性もあり、最初で設定した支払い回数分だけ、縛られている感じがします。

支払い負担を抑えるため、車の維持費がそこまでかかっていないように感じ、乗り換えたくなることもでてきます。

自分の車でないことに加え、やはり乗り換えのタイミングを縛るのは、気分が変わった時に非常に窮屈と感じるからです。

デメリット③:買い取り保証ではないので、乗り換え時に残価との差額が生じる恐れアリ

Sローンでは「残価保証」ではなく、車両返却時の相場で車の価値が変動します。

そのため、最初に設定した残価に車の価値が満たない場合、その差額を請求される恐れがあります。

可能な限り、ディーラーも差額が生じないような査定をしますが、車の価値はその時の人気にも左右されます。

こればかりはディーラーでもどうすることもできないので、運任せとも言えます。

慎重派ゴリラ
残価保障ではない…という事は、残価率の金額がその車種の人気度によって変動するという事です。これは要注意ですね…

アウディの残価設定型クレジット(残クレ)Sローンの評判は?

アウディの車に乗る人は、実に半数以上がSローンを利用しています。メリット・デメリットがある中で、実際に利用してみた評判などを集めてみました。

最終判断の糧となるよう、実体験などをもとに考えてみましょう。

アウディの残価設定型クレジット(残クレ)Sローンの良い評判

年収300万でも憧れのアウディに!?認定中古車にも適用できるSローンの強み

慎重派ゴリラ
やっぱりそうですよね!Audiを購入する際「認定中古車+Sローン」は1つの手段として考えてみてはいかがでしょうか?
低金利も実施!アウディの乗り方で一番選ばれているSローン

慎重派ゴリラ
Audi購入者の約過半数がSローンを検討するという事実はありがち参考になりますね…

アウディの残価設定型クレジット(残クレ)Sローンの悪い評判

買っていながら自分の車ではない?

慎重派ゴリラ
残価設定型クレジット(残クレ)を利用すると、所有者はあくまでもディーラーとなりますね。これはSローンに限らずどのメーカーも一緒です。
金利分がやっぱりもったいないSローン、せっかくなら普通に買うほうがオトク

慎重派ゴリラ
…実際には金利が若干高いというところではあるのですが…。この若干をどう考えるかがポイントですね。

アウディの残価設定型クレジット(残クレ)Sローンのまとめ

Sローンが残価設定型クレジット(残クレ)である部分は変わりません。そのため低金利キャンペーンを実施していたり、買うタイミングで支払いが変動するなど、メリットも豊富です。

外車の残価設定型クレジット(残クレ)は、「初めて外車に乗ろうとする人」にはおススメで、お試し的な感覚でも検討する人が多くなってきています。

車はいずれ乗り換えがやってくるため、長いスパンで車と付き合うことを考える必要があります。

さらにアウディの車を検討しているなら、やはりSローンは外せません。全てのディーラーにはない、認定中古車にも適用できる残クレなので、選択として広がることは間違いありません。

Sローンは、アウディにのるためのローンですので、せっかくならディーラーとちゃんと付き合う意味も込めて、ディーラーが展開するローンで買うことをおススメします。

他の外車と金利に大きな差はないので、アウディに乗るならSローンも一つの手段と覚えておくとよいでしょう。

残価設定型クレジット(残クレ)Sローンと「下取り価格」を上げる合わせ技が◎

ではSローンを活用する場合に必要となる頭金はどう作るか考えていますか?

頭金が少なければ、残価も多く残るので残価設定型ローンのメリットが少なくなってしまいます…残価設定型クレジット(残クレ)だけを考えていたら車はお得に購入は出来ません。

実は、ディーラーでは良くこんな会話がされています。

慎重派ゴリラ
本体価格から5万円の値引きかぁ…無理なお願いかも知れないけれどもう少し値引きしてもらう事は出来ませんか?
ディーラーマン
そうですね…私どもも精一杯のお値引きなんですが…それでは、下取り価格を他社さんよりも大きく買い取るように頑張らせてください!

下取り…つまり現在所有している車両を売った金額で新しく乗り換える予定の車両の値引きを行う事を言いますがほとんどの方がこの下取り価格で失敗している事はご存知ですか?

ディーラーマン
大変お待たせしました。お客様が現在乗られている車両ですが、走行距離も少ないし目立った傷が少ないので、50万円で下取りさせていただきますがいかがでしょうか?
慎重派ゴリラ
えっ!?50万円!!(…さっきまで、値引き額で粘り強く交渉して5万円だったからこれは大きく値引きしてくれた!それだけ大きな値引き額になればいいかな…)そんなに高く買い取ってくれるなんて、ありがとうございます。それではその下取り価格で問題ありませんので契約の手続きをお願いします!
ディーラーマン
ありがとうございます。それでは手続きして参りますので暫くお待ちください。
ははは、他社ではおよそ80万円が相場だから30万円も儲かった!このまま契約まで一気に進めてしまおうっと♪

…そうなんです。ゴリラも昔に一度やってしまった失敗談を紹介させていただきましたが

現在乗っている車の価格も調べないで、値引き交渉をするのは損するのが当たり前!
最低限、現在の車の価格は前もって認識した上で値引き交渉をするのが鉄板

きちんと今乗っている車の適切な買い取り金額が分かっていれば、値引き交渉も優位に進められる!

ディーラーマン
大変お待たせしました。お客様が現在乗られている車両ですが、後期型の車両で走行距離も少ないし目立った傷が少ないので、50万円で下取りさせていただきますがいかがでしょうか?
慎重派ゴリラ
えっ!?50万円!!(…この間一括査定サイトで自分の車の価格を調べたら最も高い買い取り金額で90万円だったな…)それはちょっと相場より安いですよ!この間、私の方でも調べてみたら相場として80万から90万で買い取り依頼がありましたよ?
ディーラーマン
しっ失礼しました!私の方で誤って調べてしまった可能性もありますので、大変恐縮ですが再度確認して参ります。今しばらくお待ちください…(…ぐっこのお客様は下準備が念入りだから小手先のテクニックは通じないな…)

車の査定は様々な会社がサービスを提供していますが、信頼性と丁寧さで大手リクルート社が運営しているカーセンサーがお勧めです。

もちろん、リクルートのカーセンサーが行う一括査定は無料!大手企業が運営しているだけあって、安心感が違います。

慎重派ゴリラのメッセージ
カーセンサーの下取り価格調査サービスは以下がポイントです。
1. もちろん無料!お金は一切掛かりません。
2. 1社ずつ下取り価格を調べる手間が省ける
3. 一番高く買い取ってくれる業者が分かる!

スポンサーリンク

Audi(アウディ)の残価設定型クレジット【残クレ】Sローンのメリット・デメリット

車を”自由に乗り換え”よう!


ガリバーが提供する『NOREL(ノレル)』は、豊富なラインナップの中から好きな車を選んで90日ごとに車を乗り換え可能!

「夏休みに家族で旅行に行くからSUVに」
「彼女とツーリングへ行くのでスポーツカーへ」


こんな風に、利用目的に応じて気軽に車を乗り換えられるのがポイント。

車を所有していると、自動車保険やら車検・税金といったランニングコストがつきものですが、『NOREL(ノレル)』を利用するのに必要なものは、駐車場とガソリン代・消耗品くらい。

月額たったの19,800円〜から利用できるので、車を手放してこういったサービスを利用するのもアリではないでしょうか!