新型日産セレナe-POWERの価格と値引き額、維持費についてまとめてみた

記事の目次

新型日産セレナe-POWERって何?

セレナ(英語表記:SERENA)は日産が製造しているミニバン…というのは分かるけど、そもそも「e-POWER」って何でしょうか?

実はこの「e-POWER」は充電を気にせずどこまでも走る事が出来る電気自動車として
開発されたエコカーの名称となります。

この「e-POWER」と新型セレナ、どんな魅力があるのでしょうか?

慎重派ゴリラ
日産自動車のミニバン、セレナ(SERENA)といえば最先端運転技術であるプロパイロットが搭載され非常に話題になった記憶もまだ新しいですね!

【新型セレナ(C27型)】価格と値引き額、評判をまとめてみた

2016.07.29

次世代の電気自動車、それが「e-POWER」

「e-POWER」が次世代の電気自動車と言われる理由はなぜでしょうか?
電機自動車といえば、トヨタ自動車の「プリウスPHV」同じ日産自動車の「リーフ」が既に販売されています。

それらの電気自動車と「e-POWER」の違いが「次世代の電気自動車」と言われる所以なんです。

充電を気にすることなく、どこまでも走れる。電気自動車のまったく新しいカタチです。
引用元【日産:NISSAN SERENA e-POWER】

この充電を気にすることなくというのが「e-POWER」の最も特徴的なポイントです。

通常の電気自動車は、搭載している充電用バッテリーの容量がなくなったら動きません。
「航続距離●●●km」というのが、電気自動車の能力を図る目安となっているのもこれが理由です。

「e-POWER」は自分でバッテリーの電気を作るというのが通常の電気自動車との大きな違いです。
つまり、ガソリンエンジン車の感覚で、電気自動車を楽む事が出来るのが「e-POWER」の大きなポイント。

最初に「e-POWER」が搭載されたノートは大ヒット!

既に日産自動車では「e-POWER」が搭載されたコンパクトカー、ノート(英語表記名:NOTE)が販売されています。

この、ノートe-POWERですが2017年におけるコンパクトカー部門で最も販売台数が多かった車種でありe-POWERの人気の高さが伺えます。

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:西川 廣人)は16日、同社の小型車「ノート」が、
2017年暦年(17年1月-12月累計)の国内販売で138,905台(前年比135.6%)を記録し、コンパクトセグメントのランキングで1位になったと発表しました。

2016年11月2日に発売した「ノート」は、新たに追加した新電動パワートレイン「e-POWER」が高い評価を得て、2016年度下期、2017年度上期に続き、2017年年間を通して、名立たる競合車に競り勝ち、コンパクトセグメントにおいてNO.1を獲得しました。

日産車が、暦年でコンパクトセグメントNO.1となるのは、1998年にNO.1を獲得した「キューブ」以来、19年ぶりとなります。
また、昨年10月には、「ノート e-POWER」が、発売から1年弱で販売累計10万台を達成しました。
引用元:日産自動車ニュースルーム【日産自動車の「ノート」が、2017年暦年国内販売でコンパクトセグメント1位を獲得】

新型日産ノートE12型(note e-power)を欲しい人が【後悔せず安く買う】方法

2017.01.12

東京モーターショーで新型セレナe-POWERが紹介された

そんな大ヒットモデルとなったノートe-POWERに引き続き、次のe-POWER搭載車として選定されたセレナですが
その販売モデルが第45回東京モーターショー2017で発表されました。

これによる、SNS上でのユーザーの反応が活性化しています。
元々、セレナは3年連続ミニバン販売No.1となっている人気車種なので、注目度は非常に大きいと思われます。


新型日産セレナe-POWERの発売日は2018年3月1日!?

多くの人が注目している新型セレナe-POWERですが、モーターショーに出展されたという事は
販売も近いのではないかと思う方もいらっしゃると思います。

実は、新型日産セレナe-POWERについては2月28日に発表、3月1日に発売開始という
情報がありました。

【更新】新型日産セレナe-POWERは3月1日から発売開始!

記事を更新しました
新型日産セレナの発売が開始された為、下記の記事を追加しています。

日産自動車は2月28日にニュースリリースとして、3月1日から新型日産セレナe-POWERを全国一斉に発売すると発表しました。

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:西川 廣人)は28日、「セレナ」に電動パワートレインe-POWERを搭載した「セレナ e-POWER」を3月1日より全国一斉に発売すると発表しました。
引用元:日産自動車ニュースルーム

既に公式ホームページ上でも、新型セレナe-POWERの特設ページがアップされています。

日産公式サイトには2018年春との記載

こちらは過去の記事となります。

日産特設サイトには2018年春に登場(=発売)するとの記載がありました。

運転が楽しくなる先進ミニバン「セレナ e-POWER」。2018年春、いよいよ登場します。
引用元【日産:NISSAN SERENA e-POWER】

慎重派ゴリラ
2018年の春ってあいまいな表現が気になりますね…。3月なのか4月なのか…。という事で色々と調べてみると気になる発売日のソースがありました!

人気自動車雑誌によると3月1日に発売

こちらは過去の記事となります。

人気自動車雑誌の1つ、ベストカーによると、下記の記載がありました。
Yahoo!ニュースにも掲載されていたので、読まれた方も多いのではないでしょうか?

そこで首都圏日産ディーラーへ取材し、「セレナe-POWER、そろそろ発売なんじゃないですか?」と聞いてみると、
「ええ、そろそろですね。発表は2月28日、発売は3月1日です。まだ正式注文は取っていませんが、事前にお問い合わせをいただき、お待ちいただいているお客様にはお伝えしています」
引用元:日産セレナe-POWER発売日判明!2月28日発表!!

という事は、3月1日もしくは初旬に発売開始、事前先行予約もあり得るという事になりますね!
先行予約していち早く納車された方は非常に目立ちそうです。

慎重派ゴリラ
3月となると、自動車メーカーは決算月となります。決算月であることと、検査員の問題で大きな打撃を受けている日産は少しでも多くの台数を販売したいはず。そうなると値引きも期待できそうですね!

【更新】新型日産セレナe-POWERの価格は296万円から!

記事を更新しました
新型日産セレナの発売が正式にアナウンスされた為、下記の記事を追加しています。

新型セレナe-POWERの発表に合わせて、各グレードの価格も発表されました。

グレード
金額
セレナ e-POWER
X(2WD)
2,968,920 円
セレナ e-POWER
XV(2WD)
3,128,760 円
セレナ e-POWER
ハイウェイスター(2WD)
3,178,440 円
セレナ e-POWER
ハイウェイスターV(2WD)
3,404,160 円
慎重派ゴリラ
当初、ゴリラが予想した新型セレナe-POWERの価格は299万円。これはニアピン賞ではないでしょうか…!

ノートとノートe-POWERの価格差

こちらは過去の記事となります。

既に発売されている「e-POWER」搭載車両である日産ノート(英語表記名:NOTE)では
搭載モデルと非搭載モデルで、どれくらいの価格差が発生しているのでしょうか。

ノート
NOTE
セレナ
SERENA
通常グレード(※)
150万円
249万円
e-POWERグレード(※)
197万円
299万円
※ 参考としたグレードについて

ノート(NOTE)セレナ(SERENA)共に多くのグレードが存在する為に下記のグレードにおける価格を参考にしています。
ノート(NOTE)通常モデル:Xグレード
ノート(NOTE)e-POWER搭載モデル:e-POWER Xグレード
セレナ(SERENA)通常モデル:Xグレード

慎重派ゴリラ
ノート(NOTE)においては、通常モデルとe-POWERモデルの価格差は約50万円弱程度となっています。そうすると、新型セレナe-POWERの価格は300万円台からスタートとなるかもしれませんね!

人気自動車雑誌によるリーク価格

こちらは過去の記事となります。
また、人気自動車雑誌ベストカーではこんな記事も掲載がされていました。

標準タイプとハイウェイスターの両方に追加設定され、約40万円高(ハイウェイスター2WDで約310万円程度)となるとのことです。
引用元:【最新情報ゲット!!】トップセールス車筆頭候補 日産セレナe-POWER発売日判明!!

やはり、先ほどお伝えした通りノート(英語表記名:NOTE)における標準モデルとe-POWER搭載モデルの価格差通りになるかもしれません。電気自動車が300万円近くから購入できるとなるとワクワクしますね!

新型日産セレナe-POWERの維持費は?

まだ詳細な情報が出ていない為に維持費を計算するのが難しい状況ですが、SNSでは気になる情報が共有されていました。それは「セレナe-POWERの排気量」です。


2リッターモデルだと維持費の負担も少なく、経済的と言えますね。
また、ノートe-POWERがエコカー減税対象車であったように、新型セレナe-POWERもエコカー減税対象車となるでしょう。

正確な車体重量などは現在明らかにされていませんが、こちらも減税対象となる見込みです。

慎重派ゴリラ
詳細な数値が発表され次第維持費についてまとめますが、通常モデルよりさらに減税措置が取られ維持費も軽くなる事は間違いありません。電気自動車って最先端技術だけでなく、お財布にも優しいので非常にお得ですね!

日産 セレナ e-Powerの燃費(ガソリン代)は?


記事を更新しました

各社ハイブリッドに注力する中、ファミリーカーとしても人気のセレナ、ひとりで乗るのではなく家族や仲間と利用する車なので、性能面で気になるひとつが燃費でしょう。

ガソリン代も高騰しているなか、燃費は車の維持費において、重要な項目でもあります。ワンボックスカーの燃費といえば、だいたいが10km/L前後というイメージです。

ハイブリッドという技術は、コンパクトカーとセダンタイプの車両が先行していますが、車体が大きくなるワンボックスカーにも、やっと導入されてきました。

購入してから重要な項目となる日産セレナe-Powerの燃費(ガソリン代)について調べてみました。

慎重派ゴリラ
ガソリン代は車の維持費に直結する要素なので、家族を持たれている方は気になる要素の1つですよね。逆に燃費が良ければ奥様も購入に前向きになってくれる可能性も大です!

日産 セレナ e-Powerのカタログ上の燃費について

日産セレナe-Powerの燃費について、カタログ上ではJC08モードで26.2km/Lと表記されています。

この燃費表記は、専門機関で行われる燃費性能を記したものです。ドライバーのみが乗車し、エアコンOFFで実験するものなので、一般的な街乗りとは少し違っています。

車が走るのに最も良い条件で表記したもので、実際に乗ってみた燃費とはひらきが出るので、注意が必要です。

とはいえ、これまでのガソリン車と比べると倍以上の差があるので、日産 セレナ e-Powerも燃費が格段にアップしているのは、言うまでもありません。

日産セレナ e-PowerのWLTCモードによるカタログ燃費について

日産 セレナ e-Powerについては、カタログにWLTCモードの記載はありませんでした。

WLTCモードは、JC08モードという現在の燃費測定方法と違い、普通の乗り方に近い方法で燃費を測定したものです。

他の車種を見てみると、JC08モードに比べて、0.2km~燃費が下がる結果になっており、速度を上げて走行すると、さらに下がる量が増えるようです。

ハイブリッド車で考える場合、0.2kmというのはガソリン1Lあたりにすると、さほど気にはならないレベルです。

ですが、ガソリン車もまだまだ販売されているため、今後はWLTCモードでの燃費表記は重要になってくるでしょう。

マツダ新型SUV「CX-8」の維持費(保険・燃費・自動車税)と節約方法をまとめてみた

2018.01.14
慎重派ゴリラ
このWLTCモードは、先日発売がされ大人気となったマツダCX-8にWLTCモードの記載がありました。セレナe-POWEERとも競合車となりえるCX-8。一度その内容を見比べてはいかがでしょうか?

日産セレナ e-Powerの年間ガソリン維持費は?

日産セレナe-Powerをガソリン使用量から計算してみました。

ガソリンタンク容量は55Lとなっているので、ガソリン単価平均から割り出すと137円/Lとして、満タンでは7,535円かかることになります。

ワンボックスタイプの車は、多くがファミリーカーとして利用されています。

例えば、父親にあたる人が仕事にも利用するとして月に3回ほど満タン給油する計算とすると、月に22,605円が日産セレナe-Powerにかかるガソリン代です。

12か月として、271,260円が年間のガソリン代となるのです。

これは、ハイブリッド車ということが加味されており、ガソリン車の場合は、月に1~1.5回給油が増えるというデータもあります。

したがって、ハイブリッド車である日産セレナe-Powerのほうが、ガソリン車よりも少ないガソリン維持費となる計算になります。

燃費のカタログ値は、乗り方によって達成できる見込みは少なくなります。

ですが、これはどの車にも言えることで、カタログより低い燃費はあまり気にしなくてもよいでしょう。

ガソリン車に比べると、大げさに考えるなら、月に2回の給油がいらないとして、15,070円のガソリン代が浮く計算となります。

年間ではガソリン車に比べて、180,840円が節約できるのですから、日産セレナe-Powerの燃費に対する実力はお墨付きと言えるのではないでしょうか。

慎重派ゴリラ
あくまで乗り方(運転の仕方)によって燃費は異なってきますが、ガソリンモデルに比べて燃費が良いのは確かですね。また燃費だけにとらわれず広い視点で考えても、今まで体験した事のない加速感や家族にとっても嬉しい走行音の静けさはガソリンモデルでは得られないe-Powerのメリットではないでしょうか。

実体験の日産セレナe-Powerの燃費について

では、実際の日産セレナe-Powerの燃費はどうでしょうか?ここでは実際に運転したユーザーの声(評価)をSNS上などから探してみました。

慎重派ゴリラ
確かに、実際の燃費はカタログ値よりは落ちますよね。だから実際に運転した方の燃費情報が参考になるんですよね…
燃費性能はどこまでいってもカタログ表記通りにはいかない

そりゃそこまで燃費が良ければ売れるでしょう…

加速感もあるし、燃費も良くて自動ブレーキシステムも…弱点が見つからない

日産セレナe-Powerの自動車税は?

日産セレナe-Powerは、排気量が2,000ccなので、自動車税の金額は34,500円となっています。

ガソリン車の日産セレナも排気量が2,000ccですが、自動車税の金額は39,500円になります。

これは、ガソリン車であっても排気量で基準が決まっているので、日産セレナはハイブリッドとなるe-Powerか、ガソリンかで差が出てきます。

ハイブリッド車にのみ適用される、エコカー減税は日産セレナe-Powerでも同様です。

新車を購入した次の年だけが、減税対象ということで実はそれ程のオトク感ではありません。

優遇措置についても、一定の基準レベルに達した車種のみ適用される仕組みとなっています。

自動車税にエコカー減税が適用されて非常にオトクなイメージもありますが、ハイブリッド車の最大のメリットは、燃費によるものということです。

新型日産セレナe-POWERの値引き額は15万円?

大人気ミニバンのセレナが電気自動車として登場する事で、非常に人気が出そうな新型セレナe-POWERですが、購入時に気になるのが値引き額ですよね。

でも、日産新型セレナe-POWERは値引き額も多いに期待出来るのはご存知ですか?ここでは、その理由についてお伝えします。

決算期に発売となる(=値引き額も期待できる)


先ほどもお伝えした通り新型セレナe-POWERの発売日が3月1日だった場合、決算月に発売となります。
この決算月は自動車メーカーにとっては最後の追い込みの時期。

2017年3月にセレナを購入した方は40万円の値引きといった情報もあります。

慎重派ゴリラ
車の購入は決算期というのは、ほとんどセオリー化しています。年に2回しかないチャンス。これを生かさない手はありません!

無資格検査問題による販売台数落ち込み

2017年11月に発覚した無資格者による検査問題で、日産自動車は一時生産ラインをストップしています。

生産ラインがストップという事は車を販売する事が出来ないという事ですので、収益へのインパクトは非常に大きいものでした。

そんな中、日産自動車が販売するラインアップの中でも人気車種の1つであるセレナの電気自動車による業績の改善を図りたいというのは、自然と理解が出来ますよね。

慎重派ゴリラ
多少の値引き額を増加しても販売台数を伸ばしたいと思うのは、私が日産自動車の社長でも思う事です。まさに今回は購入を検討している方にとっては追い風です。

実際に既に購入したユーザーの値引き額は??

正式発表の前から断片体な資料から購入を判断した、ごく一部のユーザーは既に新型日産セレナe-POWERを購入しています。

そんな勇気あるユーザーはおおよそいくらぐらいの値引き金額だったのでしょうか?

値引きも最大15万ぐらいまでしかokでないみたいです!
引用元:価格.com【日産セレナ e-POWER 2018年モデルのクチコミ掲示板】

慎重派ゴリラ
う~む、やはり発売当初でオプション割引ではなく車体価格の値引きは15万円が限界なんでしょうか?

e-POWERセレナは展示のみで外側しか見れませんでした。
担当セールスが今回の展示会でe-POWERセレナの仮受注が1台取れたと喜んでいました。
本体値引きは現状ほぼゼロに近いと言っていました。
プロパイロットBをセットにするとメーカーからキャッシュバックが5万円位あると言っていました。
引用元:価格.com【日産セレナ e-POWER 2018年モデルのクチコミ掲示板】

慎重派ゴリラ
「プロパイロットB」とは様々な装備がセットになった「セーフティパックB」というメーカーオプションの事でしょう。装備内容は下記の通りになります。

○SRSカーテンエアバッグシステム&サイドエアバッグシステム〈前席〉
○踏み間違い衝突防止アシスト(前進時車両・歩行者検知機能はe-POWER車のみ)
○インテリジェント パーキングアシスト(駐車支援システム)
○標識検知機能(進入禁止標識検知、最高速度標識検知(e-POWER車のみ)、一時停止標識検知(e-POWER車のみ)
○インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)
○インテリジェント DA(ふらつき警報)
○フロント&バックソナー
○インテリジェント ルームミラー
○電動パーキングブレーキ
○オートブレーキホールド
○プロパイロット
○インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)
○ヒーター付ドアミラー
○ステアリングスイッチ(アドバンスドドライブアシストディスプレイ設定、プロパイロット、オーディオ)

e-POWERセレナは展示のみで外側しか見れませんでした。
担当セールスが今回の展示会でe-POWERセレナの仮受注が1台取れたと喜んでいました。
本体値引きは現状ほぼゼロに近いと言っていました。
プロパイロットBをセットにするとメーカーからキャッシュバックが5万円位あると言っていました。
引用元:価格.com【日産セレナ e-POWER 2018年モデルのクチコミ掲示板】

慎重派ゴリラ
ここでも「セーフティパックB」を設定すると5万円ほどのキャッシュバックがあるとの情報が!これは知識の1つとして値引き交渉に臨みたいですね。

今日見積り出ました。
HSのVで値引きは10万がmax。
セーフティパックBをつけるとメーカーから5万のキャッシュバックだそうです。
引用元:価格.com【日産セレナ e-POWER 2018年モデルのクチコミ掲示板】

慎重派ゴリラ
「HS」とはハイウェイスターの略称ですね。他の日産が販売する車両でもハイウェイスターグレードは人気があります。新型セレナe-POWERハイウェイスターで値引きが10万円。発売当初からするとそれなりに交渉の余地はありそうです。

16日に発注しました!
HS_Vセレ、ナビなしで380万でした。(マットとメンテプロ54だけ)
値引は全く出来ませんでしたが、まぁ早く欲しかったのでそこはやむなしです(。-∀-)
引用元:価格.com【日産セレナ e-POWER 2018年モデルのクチコミ掲示板】

慎重派ゴリラ
「HS_Vセレ」とはハイウェイスターVグレードの略称。ここでは値引きがなかったのか…。

私も発注しました。
ハイウェイスターV セーフティーパックB(ブリリアントシルバー)です。
オプション等総額で460万円弱のところコミコミ420万円にしてもらえました。
3月下旬の登録で行けるみたいです。

今回、20年来の付き合いがある担当もかなり頑張ってくれたと思います。
引用元:価格.com【日産セレナ e-POWER 2018年モデルのクチコミ掲示板】

慎重派ゴリラ
オプション価格の値引きも含めて40万円の値引き!コメント通り、今までのディーラーとの付き合いもあるのでしょうが、発売当初で40万円の値引きは凄い!

HS-V 寒冷地仕様
ホワイトパール
セーフティパックB
値引きは18万で、453万。
本体からはこれ以上値引きできないとの事で、下取りはかなり頑張ってもらいました
引用元:価格.com【日産セレナ e-POWER 2018年モデルのクチコミ掲示板】

慎重派ゴリラ
ハイウェイスターVグレードを購入する方は結構多いんですね…。ここでは15万円越えの18万円の値引き。

既に購入された様々な方の値引き情報をまとめると以下の法則が成り立つのではないでしょうか?

値引き金額参考値
新型日産セレナe-POWERの値引き金額予想値:15万円~20万円
車体本体価格からの値引き金額平均:15万円
プロパイロットBを含める場合の値引き金額:3~5万円

日産新型セレナe-POWERを残クレ(残価設定型クレジット)で購入する?

皆さんは残クレ(残価設定型クレジット)と呼ばれる購入方法はご存知でしょうか?

通常の自動車ローンの場合、総購入金額に対して分割支払い+金利価格を支払いますが

残クレ(残価設定型クレジット)の場合は全体ではなく、あらかじめ数年先の買い取り保証額(残価)を設定し、その額を差し引いた分だけ、分割して支払う方法が残クレ(残価設定型クレジット)となります。

慎重派ゴリラ
つまり、総購入金額に対しての支払いではなく、おおよそ半額(詳細はディーラーでご確認ください)分に対しての月々の支払となるので、支払金額も少なくて済むという方法です!

日産新型セレナe-POWERが残クレ(残価設定型クレジット)適応で月々31,300円から!?

日産新型セレナe-POWERですが、この残クレ(残価設定型クレジット)を利用した場合、なんと月々31,300円から購入が出来てしまいます。

慎重派ゴリラ
めちゃくちゃ人気が出そうなセレナe-POWERが毎月¥30,000円ちょっとで買える!?そんなバカな…と思い、下記に詳しく記載しましたので、参考にしてくださいね。
支払い例 e-POWER ハイウェイスター V
支払項目
支払金額
頭金
160円
分割支払額(初回)
38,021円
分割支払額(2回目以降)× 48回
31,300円
分割支払額(ボーナス)× 10回
95,000円
参考値について
上記のシミュレーションは下記数値を基に計算しています。
実質年率4.9% 5年(60回払い)・契約走行距離1000km/月

確かに広告通り月々の支払は31,300円ですが、ボーナス払い(ボーナス支給月とされる7月と10月に毎月のローンとは別に支払う額)があるので、

純粋に月々の支払が31,300円とは言えない気もします。

慎重派ゴリラ
もちろん、残クレ(残価設定型クレジット)の契約時にボーナス払いをなくす事も可能です。ただ、ボーナス払いがなくなる分、月々の支払金額が増えるという仕組みになります。それでも、通常の自動車ローンを組むよりは安く抑えられますが「毎月の支払額が30,000円」と認識してしまうのは避けた方が良さそうですね。

日産新型セレナe-POWERの残クレ(残価設定型クレジット)の金利は?4.9%?それとも1.9%?

2017年11月に発覚した無資格者による検査問題による影響か、販売台数の拡大を目指して

現在、残クレ(残価設定型クレジット)の金利が一部車種では通常4.9%のところ、1.9%までさげるキャンペーンを実施中です。

ただし、こちらのキャンペーンは全ての車両が対象ではありません。

日産の公式サイトで確認したところ、セレナe-POWERは残クレ(残価設定型クレジット)金利1.9%キャンペーン対象外、つまり金利は4.9%となっています。

慎重派ゴリラ
先に販売されているセレナは、この残クレ(残価設定型クレジット)金利1.9%キャンペーンの対象となっています。総支払い金額が300,000円も安くなるなど魅力的なだけに非常に残念です…

日産新型セレナe-POWERに残クレ(残価設定型クレジット)利用する場合の注意点

全ての物事にはメリット・デメリットがありますが、残クレ(残価設定型クレジット)も同じです。

最も避けたいのはサービスの仕組みを理解しないまま契約してしまう事。これだけは避けましょう。

以前にご紹介した記事にまとめていますが、残クレ(残価設定型クレジット)1番のデメリットは、使用状況によっては、最後の返却時に大きな費用が発生する事もあります。

もちろん、残クレは購入費用を抑える事が出来るプランの1つ。デメリットも理解して大事に扱えば問題ありません。

そして日産新型セレナe-POWERを安く購入する方法は、仕組みを理解した上で残クレ(残価設定型クレジット)を契約し、この後に説明する方法も実施する事です。[/voice]

慎重派ゴリラ
何事もプランをいくつも持つ事で柔軟に対応が出来ますよね。残クレ(残価設定型クレジット)も一つのプラン。それでは、もう一つのプランとは一体なんでしょうか?この後に分かりやすく説明します。

日産新型セレナe-POWERを安く購入する為に

新型セレナe-POWERが気になった方、少しづつ購入に向けて準備しても良いかもしれません。

準備とは、今の車の価格を調べる事。理由は「前準備次第で車の値引き金額が大きく変わる」からなんです!

当たり前のことではありますが、販売開始直後の車種はなかなか値引き額が少ない事が多いです。

そりゃそうですよね…、販売側だって黙ってても売れる新型車(人気車両ならなおさらです)をわざわざ大きく値引いてまで販売はしないはず。そんな事したら利益となる額がどんどん少なくなってしまいますよね。

そこで少しでも値引き額を大きくする最後の手段として下取り価格の増加がある訳です。

ディーラーでは良くこんな会話がされています。

慎重派ゴリラ
本体価格から5万円の値引きかぁ…無理なお願いかも知れないけれどもう少し値引きしてもらう事は出来ませんか?
ディーラーマン
そうですね…私どもも精一杯のお値引きなんですが…それでは、下取り価格を他社さんよりも大きく買い取るように頑張らせてください!

下取り…つまり現在所有している車両を売った金額で新しく乗り換える予定の車両の値引きを行う事を言いますがほとんどの方がこの下取り価格で失敗している事はご存知ですか?

ディーラーマン
大変お待たせしました。お客様が現在乗られている車両ですが、走行距離も少ないし目立った傷が少ないので、50万円で下取りさせていただきますがいかがでしょうか?
慎重派ゴリラ
えっ!?50万円!!(…さっきまで、値引き額で粘り強く交渉して5万円だったからこれは大きく値引きしてくれた!それだけ大きな値引き額になればいいかな…)そんなに高く買い取ってくれるなんて、ありがとうございます。それではその下取り価格で問題ありませんので契約の手続きをお願いします!
ディーラーマン
ありがとうございます。それでは手続きして参りますので暫くお待ちください。
ははは、他社ではおよそ80万円が相場だから30万円も儲かった!このまま契約まで一気に進めてしまおうっと♪

…そうなんです。ゴリラも昔に一度やってしまった失敗談を紹介させていただきましたが

現在乗っている車の価格も調べないで、値引き交渉をするのは損するのが当たり前です!
最低限、現在の車の価格は前もって認識した上で値引き交渉をしましょう

きちんと今乗っている車の適切な買い取り金額が分かっていれば、値引き交渉も優位に進められますよ!

ディーラーマン
大変お待たせしました。お客様が現在乗られている車両ですが、前期型の車両で走行距離も少ないし目立った傷が少ないので、50万円で下取りさせていただきますがいかがでしょうか?
慎重派ゴリラ
えっ!?50万円!!(…この間一括査定サイトで自分の車の価格を調べたら最も高い買い取り金額で90万円だったな…)それはちょっと相場より安いですよ!この間、私の方でも調べてみたら相場として80万から90万で買い取り依頼がありましたよ?
ディーラーマン
しっ失礼しました!私の方で誤って調べてしまった可能性もありますので、大変恐縮ですが再度確認して参ります。今しばらくお待ちください…(…ぐっこのお客様は下準備が念入りだから小手先のテクニックは通じないな…)

車の査定は様々な会社がサービスを提供していますが、信頼性と丁寧さで大手リクルート社が運営しているカーセンサーがお勧めです。

慎重派ゴリラのメッセージ
カーセンサーの下取り価格調査サービスは以下がポイントです。
1. もちろん無料
     お金は一切掛かりません。お金は一切掛かりません。
2. 1社ずつ下取り価格を調べる
     手間が省ける手間が省ける
3. 一番高く
     買い取ってくれる業者が分かる!買い取ってくれる業者が分かる!





慎重派ゴリラのメッセージ
3分間程度の手間で
10万円以上の差

出るなら調べない理由がありません
少しの手間でオプション装備が
買えてしまいますよ!3分間程度の手間で10万円以上の差
出るなら調べないともったいない!少しの手間でオプション装備が
買えてしまいますよ!




新型日産セレナe-POWERの価格と値引き額、購入後の維持費についてまとめてみた