BMW新型クーペ「8シリーズ」のリーク写真が流出!気になるエクステリアとインテリアは!?

BMWファンサイトである「BIMMERPOST」に突如公開されたBMW新型クーペ「8シリーズ」のリーク写真。

まだ、コンセプトモデルしか発表されていないはずの新型8シリーズクーペの市販版と思われる車両がそこには撮影されていました。

皆が注目する新型8シリーズクーペの最新情報をお届けします!

これが新型BMW8シリーズクーペの流出写真


引用元:BIMMERPOST

リーク写真の出どころはfacebookでした。
リークされた写真の1枚には、新型8シリーズクーペと思われる車両のフロントが映っていましたが

今まで発売されているBMWとは異なった、攻撃的なフォルムになっている事が分かります。

慎重派ゴリラ
BMWといえばキドニーグリルですが、ヘッドライトも含めて現在の市販車よりさらに鋭角になっていますね!


また、かすかに見えるホイールデザインも8シリーズクーペの開発が発表された時に用意されたコンセプトカーのホイールと似ているデザインのように見えます。


引用元:BIMMERPOST

新型BMW8シリーズクーペのリーク写真には、リア画像も含まれていました。
そこには、BMWが得意とする有機EL(有機エレクトロ・ルミネッセンス(Organic Electro-Luminescence)がL字型に設定されています。

また、リアの両面には垂直方向に空気口が設定され、マフラー部分は長方形となっているのが確認できます。

慎重派ゴリラ
ちなみに、BMWが得意とする有機ELは非常に高価だそうなんです。見ている分には美しい…と思うのですが、ぶつけた際には交換に費用が掛かりそうですね…。

ちなみに、開発コストがかかるという点では、たとえばBMWのテールランプは片側75万円、両側合わせて150万円だそう。
引用元:WEB CARTOP「クルマのランプに革命を起こす有機ELって何?」


引用元:BIMMERPOST

三枚目の写真は、8シリーズクーペの内装(エクステリア)でした。

一部のファンからリークされた画像は8シリーズの中でもツインターボエンジンなどを搭載する850iではないかと予想されていますが

何にせよ、コンセプトカーにほぼ近い市販車モデルではないかと注目を集めているのは確かなようです。

BMW8シリーズコンセプトモデルとリーク写真の比較

では、リークされた写真とコンセプトモデルの内容に大きな変更はあったのでしょうか?

コンセプトモデルが非常に人気があったBMW8シリーズ。どのメーカーもコンセプトモデルは良かったのに市販車モデルにがっかり…といった事はつきものですよね…。

ここでは、コンセプトモデルとリークされた写真の差を比べて見ました!

BMW8シリーズコンセプトモデルとリーク写真の比較【フロント】

コンセプトモデルとリークされた画像のフロント部分をまとめてみると、ほぼカタチはコンセプトモデルを継承しているように思えます。

若干、フロントバンパー下部の形状が異なっていますが、ライトやグリル周りはぼぼ同一といっても良いレベルになっています。

BMW8シリーズコンセプトモデルとリーク写真の比較【リア】

リアについてもフロントと同様に、コンセプトモデルとリークされた画像がほぼ同一である事が分かります。

実際にはコンセプトモデルの方が凹凸の差が大きく取られていましたが、リークされた画像もコンセプトモデルの形状を引き継いでいる事が分かります。

BMW8シリーズって何?


Photo: The BMW Concept 8 Series

そもそも、現在のラインアップには存在しないBMW8シリーズとは何でしょうか?

妥協のないダイナミズム、最高級の素材、細部に渡る完璧な仕立て。The BMW Concept 8 Series によって、これまでの作品の中で最もラグジュアリーなスポーツ・カーを具現化しているのです。
Photo: The BMW Concept 8 Series

つまり、今までのBMWが掲げてきた「駆け抜ける喜び」といった動的パフォーマンスにラグジュアリーといった側面を合わせたスポーツモデルというのがBMW8シリーズです。

過去のBMW8シリーズとは?


Photo: BMW 8-series by Shane K

実は、過去にBMW8シリーズは販売がされていました。
1989年のフランクフルトモーターショーでBMWのフラッグシップモデルとしてデビューし、V型12気筒といったエンジン(末期モデルはV型8気筒)を搭載。

リトラクタブルヘッドライトなどを装備する事でエクステリアにも、その当時のBMWが販売していた他の車種との差別化を図っていました。

但し、販売面ではメルセデスベンツの「SL」クラスに大きく差を開けられ、1999年3月に生産が終了となってしまいました。

新型BMW8シリーズクーペコンセプトとは?

そんな中、BMWは2018年に8シリーズを市販化させると発表しました。約20年ぶりに8シリーズはBMWが発売するラインアップのフラグシップモデルとして復活する事になったのです。

時を超えて輝き続けるBMWの新たな象徴として、生命を吹き込まれたThe BMW Concept 8 Series。
アスリートの気質と、紳士の気品。2つの要素を美しく共存させることで、比類なき個性を生み出しています。濃縮されたパワーと、現代的なラグジュアリー。圧倒的なダイナミクスと、不朽のエレガンス。その尽きせぬ魅力を体感ください。
Photo: The BMW Concept 8 Series


引用元:Automobile「BMW 8 Series Concept Quick Drive」


引用元:Automobile「BMW 8 Series Concept Quick Drive」


引用元:Automobile「BMW 8 Series Concept Quick Drive」

慎重派ゴリラ
か…かっこ良過ぎると思ったのはゴリラだけでしょうか。現在発売されているBMWモデルよりも塊感があり、かつシャープなデザインが非常に車としての完成度を高めているように見えますね!

BMW8シリーズクーペが気になったら、まずすべき事は?

新型BMW8シリーズが気になった方、少しづつ購入に向けて準備しても良いかもしれません。

この「準備」ですが、大きく分けて二つあります。
今から車の維持費を節約して貯蓄する方法と車の購入資金を作る事です。

まず、車の維持費を節約する方法としては保険費用の見直しが挙げられます。

そんな時に便利なのが、自動車保険の一括見積サイトです。
忙しいあなたに変わって、各自動車保険会社から自動車保険料の見積りを実施してくれます。

慎重派ゴリラ
同じ保険内容でも保険会社によっては金額が異なる事はご存知ですか?各社の保険料、補償内容、サービスなどを簡単に比べて選ぶことができます。もちろんサービスはすべて無料!利用しない手はありませんね。



2つ目の準備とは、今の車の価格を調べる事。理由は「前準備次第で車の値引き金額が大きく変わる」からなんです!

当たり前のことではありますが、販売開始直後の車種はなかなか値引き額が少ない事が多いです。

そりゃそうですよね…、販売側だって黙ってても売れる新型車(人気車両ならなおさらです)をわざわざ大きく値引いてまで販売はしないはず。そんな事したら利益となる額がどんどん少なくなってしまいますよね。

そこで少しでも値引き額を大きくする最後の手段として下取り価格の増加がある訳です。

ディーラーでは良くこんな会話がされています。

慎重派ゴリラ
本体価格から5万円の値引きかぁ…無理なお願いかも知れないけれどもう少し値引きしてもらう事は出来ませんか?
ディーラーマン
そうですね…私どもも精一杯のお値引きなんですが…それでは、下取り価格を他社さんよりも大きく買い取るように頑張らせてください!

下取り…つまり現在所有している車両を売った金額で新しく乗り換える予定の車両の値引きを行う事を言いますがほとんどの方がこの下取り価格で失敗している事はご存知ですか?

ディーラーマン
大変お待たせしました。お客様が現在乗られている車両ですが、走行距離も少ないし目立った傷が少ないので、50万円で下取りさせていただきますがいかがでしょうか?
慎重派ゴリラ
えっ!?50万円!!(…さっきまで、値引き額で粘り強く交渉して5万円だったからこれは大きく値引きしてくれた!それだけ大きな値引き額になればいいかな…)そんなに高く買い取ってくれるなんて、ありがとうございます。それではその下取り価格で問題ありませんので契約の手続きをお願いします!
ディーラーマン
ありがとうございます。それでは手続きして参りますので暫くお待ちください。
ははは、他社ではおよそ80万円が相場だから30万円も儲かった!このまま契約まで一気に進めてしまおうっと♪

…そうなんです。ゴリラも昔に一度やってしまった失敗談を紹介させていただきましたが

現在乗っている車の価格も調べないで、値引き交渉をするのは損するのが当たり前です!
最低限、現在の車の価格は前もって認識した上で値引き交渉をしましょう

きちんと今乗っている車の適切な買い取り金額が分かっていれば、値引き交渉も優位に進められますよ!

ディーラーマン
大変お待たせしました。お客様が現在乗られている車両ですが、前期型の車両で走行距離も少ないし目立った傷が少ないので、50万円で下取りさせていただきますがいかがでしょうか?
慎重派ゴリラ
えっ!?50万円!!(…この間一括査定サイトで自分の車の価格を調べたら最も高い買い取り金額で90万円だったな…)それはちょっと相場より安いですよ!この間、私の方でも調べてみたら相場として80万から90万で買い取り依頼がありましたよ?
ディーラーマン
しっ失礼しました!私の方で誤って調べてしまった可能性もありますので、大変恐縮ですが再度確認して参ります。今しばらくお待ちください…(…ぐっこのお客様は下準備が念入りだから小手先のテクニックは通じないな…)

車の査定は様々な会社がサービスを提供していますが、信頼性と丁寧さで大手リクルート社が運営しているカーセンサーがお勧めです。

慎重派ゴリラのメッセージ
カーセンサーの下取り価格調査サービスは以下がポイントです。
1. もちろん無料!お金は一切掛かりません。
2. 1社ずつ下取り価格を調べる手間が省ける
3. 一番高く買い取ってくれる業者が分かる!





慎重派ゴリラのメッセージ
3分間程度の手間で10万円以上の差
出るなら調べないともったいない!少しの手間でオプション装備が
買えてしまいますよ!

スポンサーリンク

BMW新型クーペ「8シリーズ」のリーク写真が流出!気になるエクステリアとインテリアは!?

簡単60秒であなたの愛車を一括査定!


簡単60秒であなたの愛車を一括査定できます!最大7社の一括見積なので、比較して最高額を選べるのがポイントです! 最大で数十万円違うこともあるので、愛車の売却を検討しているなら、絶対に一括査定しないと損をします!