マツダ(mazda)残価設定型クレジット【残クレ】マツダスカイプランのメリット・デメリットまとめ

この記事の目次(もくじ)

マツダの残価設定型クレジット(残クレ)マツダスカイプランとは?

車の新しい買い方のひとつに、残価設定型クレジット(残クレ)という方法が増えました。

これは残価設定を設ける事で、毎月の車にかかる金銭的負担(支払額)を減らせ、条件によっては常に新車に乗れるという方法です。

マツダスカイプランでも同じことを目的とし、マツダ車専用の残価設定型クレジット(残クレ)として準備されています。

マツダスカイプランの中身を知ることで、この残価設定型クレジット(残クレ)が自分に最も適しているのか、しっかり確認して検証しておきましょう。

慎重派ゴリラ
世界で最もクリーンなディーゼルエンジンを搭載するメーカーの1つ、マツダの人気車種を毎月低額で購入できるチャンスが残価設定型クレジット(残クレ)であるスカイプランです!今回はこのマツダスカイプランについて解説します。

マツダの残価設定型クレジット(残クレ)マツダスカイプランの特徴

マツダスカイプランの特徴は、やはり今や大人気車メーカーの1つとなったマツダが販売する車両を低価格で購入できるといった点に尽きると思います。

実際にマツダから購入するユーザーの多くはマツダスカイラインプランを選択すると言われています。

慎重派ゴリラ
とはいえ、やはりサービス(マツダスカイプラン)の内容はしっかりと理解してから購入に臨んだ方が後で後悔するような事を避ける事が出来ますよね!この記事では様々な視点(メリットやデメリット)からマツダスカイプランについて調べてみました。

マツダの残価設定型クレジット(残クレ)マツダスカイプランの仕組み

マツダスカイプランは、他社の残クレと同じく、新車時の車両本体価格の一部を残価として設定します。

それを差し引いた金額を、分割で支払っていくというものです。

最初に設定する残価の部分については、ディーラーの所有権となるので、支払いが終わると車を返却する必要があります。

これは残価設定型クレジット(残クレ)の基本的なところでもあり、「マツダスカイプランだから」というわけではありません。

車両の返却時には、残価と車の状態を比較する「最終査定」もあるので、支払いを抑えられる分、キレイな状態で車に乗る必要があります。

マツダの残価設定型クレジット(残クレ)マツダスカイプランの支払回数

マツダスカイプランでは、37回(3年)、49回(4年)、61回(5年)の支払い回数が選べます。

残クレは金利がかかる分、支払いの回数が増えると同時に総額の支払い金額も多くなります。

マツダスカイプランのホームページを見てみると、支払いシュミレーションが掲載されていますが、どれも37回(3年)での計算となっています。

慎重派ゴリラ
残価設定型クレジット(残クレ)の基本的な支払回数は3年です。毎月の支払額だけで考えず総額の支払額で考えるとやはり支払回数が少ない方が残価設定型クレジット(残クレ)はお得ですよ!

マツダスカイプランとマツダアドバンテージローンの違いは?

マツダスカイプランとマツダアドバンテージローンの違いは一言で言うと、残価保障の有無です。

マツダスカイプランは残価保障(55%)がされています。これは車の人気度が関係してきます。

例えば、あなたが購入したいと考えている車両があまり人気がない場合、不人気車両として中古価格も下落します。

ただ、残価保障がされているマツダスカイプランは、人気だろうが不人気だろうが残額は変わりません。

この点、マツダアドバンテージローンは残価保障がされていないので大きく金額が変わる危険性もあるのです。

慎重派ゴリラ
ゴリラ個人の意見ですが、マツダアドバンテージローンは避けた方が無難だと思います…。

マツダの残価設定型クレジット(残クレ)マツダスカイプランの金利は?

マツダスカイプランの金利は、37回支払いで2.99%、それ以外の支払い回数は3.99%となっています。

これは残クレの一般的な金利でいうと、一番低いわけではありません。

37回支払いの場合のみ、一般的な金利3.9%に比べると低くなり、それ以外の支払いでは他よりも金利が高くなっています。

37回支払いで3年ごとに乗り換えを検討するのであれば、マツダスカイプランは十分考慮に入れて良いでしょう。

通常の自動車ローン(オートローン)と比較すると…

マツダスカイプランを、通常の自動車ローンと比較すると、金利が異なっています。

マツダスカイプランでは支払い回数で、金利に優遇を受けられますが、通常の自動車ローンでは3.99%固定となっています。

原則乗り換えが必須ではなり、通常の自動車ローンです。

乗り換えは選択できることになるので、ディーラーは次の車を買ってもらえる保証はなく、残クレを選択した場合より可能性も低くなります。

残クレよりも通常の自動車ローンのほうが金利が高くなるケースもある為、車両返却=乗り換えとして、その有無も視野に検討したほうがいいでしょう。

他社の残価設定型クレジット(残クレ)と比較すると…

マツダスカイプランを他社の残クレと比較すると、やはり「支払い回数に応じて金利が変動する」という点が目に付きます。

得かどうかで見ると、先の説明の通り「37回(3年)支払いで乗り換えを検討するなら」という前提で比べる必要があります。

慎重派ゴリラ
この点がマツダスカイプランが他メーカーの残価設定型クレジット(残クレ)と異なる点であり、注意すべき点でもあります。

マツダの残価設定型クレジット(残クレ)マツダスカイプランのメリットは?

マツダのSKYACTIV TECHNOLOGYを搭載した車両の利用者は、実に8割弱がマツダスカイプランを利用しているという実績もある残クレです。

その理由はメリットにもありますが、一番大切なのは「メリットも含めて自分にあっている支払い方法か」です。

メリットを少し見てみましょう。

メリット①:SKYACTIV TECHNOLOGYの車両に乗れる

低燃費で少しアクセルを踏んだだけでパワーを発揮するディーゼルエンジンを搭載する日本車…といえばマツダがまず挙げられます。

もちろん、他メーカーもディーゼルエンジンを搭載するモデルもありますが燃費や静かさではマツダが最も優れていると言っても過言ではありません

そんなマツダが販売する人気車両を残価設定型クレジット(残クレ)による低価格で購入できるのがメリットの1つと言えるでしょう。

メリット②:37回(3年)支払いの金利が低い

他社の残クレでは、車種と期間を絞って特別低金利を実施しているところが多くあります。

これは新型車の販売台数を増やす目的でもありますが、該当車種はひとつに絞られるので、低金利で車を選べるわけではありません。

マツダスカイプランでは、常に37回(3年)支払いで2.99%となっているので、支払い回数は固定ですが、さらに毎月の負担を減らせることになります。

メリット③:他社の残クレに比べて残価率が高い

マツダスカイプランでは、残価率が55%となっているので、他社の残クレより残価率が高くなります。

分割で支払う車両本体価格の総額は、半額以下に設定できるので、他社よりも負担が軽くなります。

また、車両返却時の審査については、「傷があっても大丈夫」と謳っているので、他社より査定の基準が甘いという口コミもあります。

残価率が高いと、どうしても気になるのが車両の状態ですが、マツダスカイプランではその辺が結構ゆるいようです。

慎重派ゴリラ
残価率が高いという事は、支払対象となる割合が少なくなる…毎月の支払額も少ないといったように、残価設定型クレジット(残クレ)を選ぶには非常に魅力的な内容となっています。

マツダの残価設定型クレジット(残クレ)マツダスカイプランのデメリットは?

残クレの中では優秀とも言えるメリットが並ぶ、マツダスカイプランですが、当然デメリットもあります。

メリットだけで、心動かされることもあるかもしれませんが、デメリットもしっかりチェックしておきましょう。

デメリット①:メンテナンスなどは全て別負担

他社の残クレにあるような、メンテナンスが無料で付いてくるということはありません。

車検費用だけでも含まれる残クレはありますが、マツダスカイプランではひとつも含まれないので、必要経費は別に負担する必要があります。

オイル交換や消耗品がパックに含まれた残クレは、特に心配する必要はありません。

しかし、マツダスカイプランでは乗り出してから、意外なところで経費がかかったという人も多いようです。

慎重派ゴリラ
マツダ公式サイトでは、マツダスカイプランのページにメンテナンスサービスが含まれているプランの併用を勧めている記事もありました。他社の残価設定型クレジット(残クレ)と比べてこの点は劣っているのかもしれませんね。

デメリット②:走行距離の制限がある

他社の残クレでも同様に、マツダスカイプランでは走行距離の制限もあります。

距離も同じく、1,000km/月か1,500km/月となっているので、長距離で車を使うことが多くなるのであれば、不向きな買い方です。

超過料金も、他社の残クレでは高いほうに位置しており、1km/10円となっていますので充分注意する必要があります。

慎重派ゴリラ
マツダ車が好きでたくさんの距離を乗りたい!と思う方にとっては悩ましい条件の1つですね…。

マツダの残価設定型クレジット(残クレ)マツダスカイプランの評判は?

マツダスカイプランに限らず、買い方の良し悪しがあり、実際に自分の求める買い方と合っているかが重要です。

評判を調べてみましたので、契約してからの失敗がないように、しっかり読んで自分なりの評価をしてみましょう。

マツダの残価設定型クレジット(残クレ)マツダスカイプランの良い評判

マツダスカイプランの残価率は高い!買い替えのメリットは充分

ボーナス併用とはいえ、月に1万円以下で新車に乗れるのは魅力的

内容が優れている…コンサルタントが考えたのか!?

マツダの残価設定型クレジット(残クレ)マツダスカイプランの悪い評判

残クレは一度使うとずっと残クレで長く乗ることになる?

金利が低くても総額が高くなるのはマツダスカイプランも同じこと

何かと制限のあるマツダスカイプランは残クレだから仕方ない?

マツダの残価設定型クレジット(残クレ)マツダスカイプランのまとめ

マツダスカイプランであっても、残クレであることには変わりありません。

ですが、一方でマツダ車の魅力も十分にあり、マツダスカイプランを利用した買い方も選択肢として、十分に検討する余地はあります。

毎月の走行距離が決まっているところは、他社の残クレでも設定されているところは多く、残クレを前提とするならあまり気にする事もありません。

買い方のひとつである、マツダスカイプランなので、自分がどういった乗り方や用途、これをしっかり把握する必要があります。

特に新車に乗りたいと考えるなら、最短で3年ごとの乗り換えは、ピッタリと言えます。

慎重派ゴリラ
ただ、残価設定型クレジット(残クレ)であるマツダスカイプランは「毎月の支払額を少なくする」方法なんですよね。頭金を増やす、つまり「購入時の金額を増やす」方法については、以下にて解説しますよ!

マツダの残価設定型クレジット(残クレ)と「下取り価格」を上げる合わせ技が◎

当たり前のことではありますが、人気車種はなかなか値引き額が少ない事が多いです。

頭金が少なければ、残価も多く残るので残価設定型ローンを選択してしまう気持ちも分かりますが…本当に車を購入する前にやるべき事をやりきっていますか?

実は、ディーラーでは良くこんな会話がされています。

慎重派ゴリラ
本体価格から5万円の値引きかぁ…無理なお願いかも知れないけれどもう少し値引きしてもらう事は出来ませんか?
ディーラーマン
そうですね…私どもも精一杯のお値引きなんですが…それでは、下取り価格を他社さんよりも大きく買い取るように頑張らせてください!

下取り…つまり現在所有している車両を売った金額で新しく乗り換える予定の車両の値引きを行う事を言いますがほとんどの方がこの下取り価格で失敗している事はご存知ですか?

ディーラーマン
大変お待たせしました。お客様が現在乗られている車両ですが、走行距離も少ないし目立った傷が少ないので、50万円で下取りさせていただきますがいかがでしょうか?
慎重派ゴリラ
えっ!?50万円!!(…さっきまで、値引き額で粘り強く交渉して5万円だったからこれは大きく値引きしてくれた!それだけ大きな値引き額になればいいかな…)そんなに高く買い取ってくれるなんて、ありがとうございます。それではその下取り価格で問題ありませんので契約の手続きをお願いします!
ディーラーマン
ありがとうございます。それでは手続きして参りますので暫くお待ちください。
ははは、他社ではおよそ80万円が相場だから30万円も儲かった!このまま契約まで一気に進めてしまおうっと♪

…そうなんです。ゴリラも昔に一度やってしまった失敗談を紹介させていただきましたが

現在乗っている車の価格も調べないで、値引き交渉をするのは損するのが当たり前!
最低限、現在の車の価格は前もって認識した上で値引き交渉をするのが鉄板

きちんと今乗っている車の適切な買い取り金額が分かっていれば、値引き交渉も優位に進められる!

ディーラーマン
大変お待たせしました。お客様が現在乗られている車両ですが、後期型の車両で走行距離も少ないし目立った傷が少ないので、50万円で下取りさせていただきますがいかがでしょうか?
慎重派ゴリラ
えっ!?50万円!!(…この間一括査定サイトで自分の車の価格を調べたら最も高い買い取り金額で90万円だったな…)それはちょっと相場より安いですよ!この間、私の方でも調べてみたら相場として80万から90万で買い取り依頼がありましたよ?
ディーラーマン
しっ失礼しました!私の方で誤って調べてしまった可能性もありますので、大変恐縮ですが再度確認して参ります。今しばらくお待ちください…(…ぐっこのお客様は下準備が念入りだから小手先のテクニックは通じないな…)

車の査定は様々な会社がサービスを提供していますが、信頼性と丁寧さで大手リクルート社が運営しているカーセンサーがお勧めです。

もちろん、リクルートのカーセンサーが行う一括査定は無料!大手企業が運営しているだけあって、安心感が違います。

慎重派ゴリラのメッセージ
カーセンサーの下取り価格調査サービスは以下がポイントです。
1. もちろん無料
     お金は一切掛かりません。お金は一切掛かりません。
2. 1社ずつ下取り価格を調べる
     手間が省ける手間が省ける
3. 一番高く
     買い取ってくれる業者が分かる!買い取ってくれる業者が分かる!




マツダの残価設定型クレジット(残クレ)マツダスカイプランのメリット・デメリット