トヨタ(TOYOTA)残価設定型クレジット【残クレ】トリプルアシストのメリット・デメリットまとめ

記事の目次

トヨタの残価設定型クレジット(残クレ)トリプルアシストとは?

トヨタのトリプルアシストは、負担を抑えながらカーライフを楽しむための新しい買い方です。

最新の安全性能を持った車に乗れて、お得なプランも充実しています。

トヨタ独自の残価設定型クレジット(残クレ)であるトリプルアシストは、利用することによるメリットもあってこれからトヨタ車を買う予定があれば、是非検討したい買い方です。

慎重派ゴリラ
「世界のトヨタ」が実施している残価設定型クレジット(残クレ)はいったいどんな内容になっているのでしょうか?それはただの残価設定型クレジット(残クレ)ではありませんでした!

トヨタの残価設定型クレジット(残クレ)トリプルアシストの特徴

トリプルアシストは、その名の通り「3つのサポート」がついてくる残価設定型クレジット(残クレ)です。

一つ目は、残クレでは基本となる、残価設定と乗る期間(支払い期間)の設定です。

二つ目は、トヨタグループのクレジットカードで買い物をして、毎月の残クレの支払いが楽になるというものです。

三つ目は、クレジット一体型保険で払込額を定額にして、簡単な手続きで自動車保険に加入できます。

車の支払いを少しでも軽く、保険もバッチリサポートする、これで車に乗ることをアシストするというのが特徴です。

トヨタの残価設定型クレジット(残クレ)トリプルアシストの仕組み

トリプルアシストの仕組みは、残価設定型クレジット(残クレ)の基本となる残価を設定して

新車本体価格から残価を引いた残りを分割で支払う部分は他のメーカーが実施している残価設定型クレジット(残クレ)と変わりません。

3年か5年での乗り換えを前提として、分割で支払いながら車に乗ることができます。

残価の部分に関しては支払わずに済みますが、ディーラーの持ち分となるため、乗り換えで車を返却する必要があります。

残クレは安く乗れる分、車が手元に残らないという点に注意が必要です。

トヨタの残価設定型クレジット(残クレ)トリプルアシストの支払回数

トリプルアシストは、36回(3年)、60回(5年)の支払い回数となっています。

頭金を入れたり、ボーナス併用も可能なので、毎月の支払い負担をさらに減らせます。

トヨタの人気車種、FJクルーザーの場合、頭金とボーナス併用なら、36回支払いで毎月5,200円で乗ることができます。

相場として高いイメージのあるトヨタ車ですが、賢い選択で自分にあった支払い方法を選択すると、毎月の負担を抑えることができます。

トヨタの残価設定型クレジット(残クレ)トリプルアシストの金利は?

トリプルアシストの金利は、販売店と地域によって異なります。

東京の販売店では6.5%、長野では4.9%となっていた時期もあり、販売店に問い合わせる必要があります。

トヨタは特に販売店を分社化しているため、地域によって法人が異なります。

同じグループのダイハツで展開する残クレと同様に、販売店で金利が変わっています。

ダイハツ(DAIHATSU)残価設定型クレジット【残クレ】ワンダフルクレジットのメリット・デメリットまとめ

2018.03.15

ホームページを見る限り、オンライン見積りでは3.9%となって結果が出てきますが、一定の店舗数をもとに問い合わせましょう。

ただ、金利の差がある部分は、販売店の規模によるところが大きく、よく売れている販売店なら金利が低くなりやすいという情報もあります。

慎重派ゴリラ
つまり、販売店によっては大きく金利が引くなるケースもあるという事ですね。特に決算月などが狙い目です。

通常の自動車ローン(オートローン)と比較すると…

金利が販売店で異なるトヨタの場合ですが、例えばトヨタ愛知で見てみると、残クレも通常のクレジットも、金利は3.9%と変わりません。

トリプルアシストで考えるなら、車が手元に残らない残クレで安く済ませるか、通常の買い取りという形で支払い負担が大きくなるかで考えて良いでしょう。

ですが、残価設定型クレジット(残クレ)はあくまでも「乗り換えが前提」となっています。

検討する中で、新しいキレイな車に乗りたいと考えるなら、いずれやってくる乗り換えに向けて、支払いを抑えるほうが賢い選択です。

他社の残価設定型クレジット(残クレ)と比較すると…

他社の残クレを比較してみると、金利面での優遇があるとは言えません。

販売店で異なる金利を採用しているトリプルアシストなので、金利面での比較は目を見張るものはありません。

ただ、自動車販売がトップであるトヨタのサービスなので、国内では一流のサービスと言っても良いでしょう。

トヨタ車は寿命が長いことでも知られています。乗り換えがやってくる残クレですが、車に対するトラブルが少ないという点では、安心も違います。

トヨタの残価設定型クレジット(残クレ)トリプルアシストのメリットは?

他社も色々と独自サービス打ち出している残価設定型クレジット(残クレ)ですが、トヨタ自動車の残クレトリプルアシストだけのメリットもあります。

トヨタ車は高いというイメージが強く、いい車ではありますが、やはり費用面の心配もあります。

トリプルアシストを選択できる理由になる、メリットをしっかり把握しておきましょう。

メリット①:カードとの提携で支払いを抑えられる

TSキュービックというトヨタのクレジットカードがあります。

これで普段の買い物をすると、ポイントでトリプルアシストで支払う負担分に還元されます。支払いを抑えることになり、とってもお得です。

カード使用金額の1%がポイントになり、1ポイント=1.5円で残クレの支払いに還元されます。

公共料金の支払いなど、毎月定額で出ていく出費で、車の支払い控除に充てられるため、トリプルアシストを利用するならカードもセットで考えましょう。

慎重派ゴリラ
各自動車メーカーそれぞれ残価設定型クレジット(残クレ)に特典がありますが、規模が大きいトヨタグループならではのメリットですね!他のメーカーにはこのようなサービスはありません!

メリット②:選べる車種が豊富

トリプルアシストは、トヨタの新車販売車種すべてに適用される残クレです。

他社のディーラーが展開する残クレでは、車種を限定されているところもあり、選べる車種が一番豊富なのは、トリプルアシストとなっています。

トヨタでは、同じグループのダイハツからOEMを受けて販売もしているので、軽自動車も揃っています。

金利次第というところもありますが、トラブルの少ないトヨタ車に乗るなら、毎月の負担が少し上がる程度でも、検討する余地があります。

トヨタのメインページでは全車種となっていますが、販売店によって、車種が一部限定されるとの情報もあります。

問い合わせが必須ではありますが、それでも豊富な車種を揃えるトリプルアシストです。

メリット③:負担を抑えトヨタ車に乗れる

車は各社特徴のあるものを販売しています。マニア向けな車種から、高級スポーツカーまで、様々な車があります。

ですが、日本で一番走っている車、それはトヨタ車が一番多く、世界で見てもそれに近いものがあります。

人気もそうですが、一番信頼性が高いという点と、見た目や装備も含めて乗りやすい車がトヨタ車と言えます。

トヨタ車が高価であるイメージは拭えません。ですが、トリプルアシストで支払うなら、負担を抑えながら乗ることができます。

高級車の位置付けでもあるトヨタ車も、トリプルアシストなら手軽に乗れるので、残クレを利用したトヨタ車の購入も、充分アリと言えるでしょう。

トヨタの残価設定型クレジット(残クレ)トリプルアシストのデメリットは?

メリットがある一方で、トヨタの残価設定型クレジットであるトリプルアシストにもデメリットはあります。

販売台数と信頼度が高くても、デメリットが自分の支払いを圧迫するようでは、賢い買い方とは言えません。

デメリットも把握したうえで、トリプルアシストが合っている買い方なのかを検討しましょう。

デメリット①:メンテナンスは含まれない

トヨタでは、メンテナンスの費用が無料になるなど、メンテナンスの料金は含まれていません。

同じトヨタグループのレクサスの残クレでは、メンテナンスと消耗品までセットになっていて、3年間は全て無料となっています。

レクサス【残クレ】残価設定型クレジット「スマートバリュープラン」のメリット・デメリットまとめ

2018.02.27

ですが、トリプルアシストではその負担は全て購入者となるので、車のトラブルは少ないと言っても、消耗品は必ず必要になるものです。

トヨタ車に乗っても、それは同じことなので、安心しきって負担が少ない面ばかり見ていると、うっかり想定外の出費が出てくるかもしれません。

デメリット②:クレジットを含めがんじがらめになる恐れアリ

トリプルアシストは、いわゆる「トヨタで全て解決できます」というスタンスです。

クレジットカードから、自動車保険の契約まで、全てセットだと受けられるメリットが多いことになります。

ですが、自動車保険は今ではネット保険が一般的になっている中で、もちろん費用が安く済むケースが多々あります。

残クレの毎月の支払いを抑えようと、色々セットで考えてしまいがちですが、トリプルアシストでも費用面はネット保険より安くなることはありません。

あれこれ全てトリプルアシストに頼れるかというと、実際そうではない部分もあるのです。

自動車保険はインターネット一括見積りというのが現在は常識になっています。

慎重派ゴリラの提案
保険代を見直して、購入に備えませんか?
少しの手間で頭金の一部を貯めれますよ!
もちろん無料!少しの手間(3分)で大きなコストダウン!
慎重派ゴリラ
1社1社、金額を調べるのは本当に大変!今は必要事項だけ入力するすれば各自動車保険会社から見積もりが送られてくる便利な世の中になりました!最大で年間10万円弱も安く抑えられたケースも!

デメリット③:他社の車に乗り替えられなくなる

なんといっても、トヨタ車は日本一と言える品質です。

これは嬉しいことなのですが、一度トヨタ車に乗ると他のディーラーの車に乗れなくなると言う人もいます。

やはり、日本国内の車を見ると、トヨタ車よりも貧相な内装であったりするメーカーはあります。

売れ続ける理由は、こういったところを網羅しているからとも言え、トヨタブランドはダテではありません。

良いと言われる理由がある車を揃えているのも事実です。こういったところから、トヨタ以外の車がグレードの低い車に見えてしまい、トヨタ車以外に乗れなくなるようです。

トヨタの残価設定型クレジット(残クレ)トリプルアシストの評判は?

デメリットもあるトリプルアシストですが、やはり重要なのは実際の評判や口コミです。

どれだけ良し悪しを見てきても、評判の方が参考になるケースはたくさんあります。

評判もしっかり確認すると、トリプルアシストの本当の価値が分かってきます。その中で自分の価値観と同じ人の口コミの有無でトリプルアシストの申し込みを判断するのが良いのではないでしょうか。

トヨタの残価設定型クレジット(残クレ)トリプルアシストの良い評判

支払いを抑えて憧れの車を2ndカーに!

TSキュービックカードの併用で残クレの支払いを抑えられる

若者に人気の車種も残クレで販売台数が好調

慎重派ゴリラ
やはり支払対象となる金額の範囲が狭まる事で、毎月の金額が低くなるのは魅力ですよね!

トヨタの残価設定型クレジット(残クレ)トリプルアシストの悪い評判

トリプルアシストでトヨタ以外には戻れなくなる!?

トヨタの残クレに限った話ではないけれど…走行距離の縛りは痛い

トヨタの残クレはやっぱり厳しい?一流の販売店は、色々と狭き門

慎重派ゴリラ
残価設定型クレジット(残クレ)特有のデメリットは各社共通です。走行距離や期間満了時の車両状態などメリットの裏には必ずデメリットが存在するのは致し方ない気もします…

トヨタの残価設定型クレジット(残クレ)トリプルアシストのまとめ


Photo: Logo Toyota by Yohann Legrand

トリプルアシストは、メリットだけではなくデメリットもあり、残クレであることを忘れてはいけません。

毎月の支払いを抑えて、車に乗る新しい方法ではありますが、一番大切なのは自分の望む買い方に合っているかどうかということです。

車好きで乗り換えが多くなる場合でも、残クレで新車に乗れるとしても、強制的に最大5年で乗り換えがやってきます。

毎月の負担が少なくなろうとも、支払いはゼロではありません。

一方で、TSキュービックカードの併用など、生活面での必要経費が車の負担を軽くしてくれるので、トリプルアシストだけのメリットでもあります。

メリットと評判をしっかり見比べて、自分に合った買い方かどうかを判断し本当にお得なのかを見極めて、トヨタ車に乗るようにしましょう。

トヨタ残価設定型クレジット(残クレ)トリプルアクセスと「下取り価格」を上げる合わせ技が◎

当たり前のことではありますが、人気車種はなかなか値引き額が少ない事が多いです。

頭金が少なければ、残価も多く残るので残価設定型ローンを選択してしまう気持ちも分かりますが…本当に車を購入する前にやるべき事をやりきっていますか?

実は、ディーラーでは良くこんな会話がされています。

慎重派ゴリラ
本体価格から5万円の値引きかぁ…無理なお願いかも知れないけれどもう少し値引きしてもらう事は出来ませんか?
ディーラーマン
そうですね…私どもも精一杯のお値引きなんですが…それでは、下取り価格を他社さんよりも大きく買い取るように頑張らせてください!

下取り…つまり現在所有している車両を売った金額で新しく乗り換える予定の車両の値引きを行う事を言いますがほとんどの方がこの下取り価格で失敗している事はご存知ですか?

ディーラーマン
大変お待たせしました。お客様が現在乗られている車両ですが、走行距離も少ないし目立った傷が少ないので、50万円で下取りさせていただきますがいかがでしょうか?
慎重派ゴリラ
えっ!?50万円!!(…さっきまで、値引き額で粘り強く交渉して5万円だったからこれは大きく値引きしてくれた!それだけ大きな値引き額になればいいかな…)そんなに高く買い取ってくれるなんて、ありがとうございます。それではその下取り価格で問題ありませんので契約の手続きをお願いします!
ディーラーマン
ありがとうございます。それでは手続きして参りますので暫くお待ちください。
ははは、他社ではおよそ80万円が相場だから30万円も儲かった!このまま契約まで一気に進めてしまおうっと♪

…そうなんです。ゴリラも昔に一度やってしまった失敗談を紹介させていただきましたが

現在乗っている車の価格も調べないで、値引き交渉をするのは損するのが当たり前!
最低限、現在の車の価格は前もって認識した上で値引き交渉をするのが鉄板

きちんと今乗っている車の適切な買い取り金額が分かっていれば、値引き交渉も優位に進められる!

ディーラーマン
大変お待たせしました。お客様が現在乗られている車両ですが、後期型の車両で走行距離も少ないし目立った傷が少ないので、50万円で下取りさせていただきますがいかがでしょうか?
慎重派ゴリラ
えっ!?50万円!!(…この間一括査定サイトで自分の車の価格を調べたら最も高い買い取り金額で90万円だったな…)それはちょっと相場より安いですよ!この間、私の方でも調べてみたら相場として80万から90万で買い取り依頼がありましたよ?
ディーラーマン
しっ失礼しました!私の方で誤って調べてしまった可能性もありますので、大変恐縮ですが再度確認して参ります。今しばらくお待ちください…(…ぐっこのお客様は下準備が念入りだから小手先のテクニックは通じないな…)

車の査定は様々な会社がサービスを提供していますが、信頼性と丁寧さで大手リクルート社が運営しているカーセンサーがお勧めです。

もちろん、リクルートのカーセンサーが行う一括査定は無料!大手企業が運営しているだけあって、安心感が違います。

慎重派ゴリラのメッセージ
カーセンサーの下取り価格調査サービスは以下がポイントです。
1. もちろん無料!お金は一切掛かりません。
2. 1社ずつ下取り価格を調べる手間が省ける
3. 一番高く買い取ってくれる業者が分かる!

スポンサーリンク

トヨタ(TOYOTA)残価設定型クレジットトリプルアシストのメリット・デメリット

車を”自由に乗り換え”よう!


ガリバーが提供する『NOREL(ノレル)』は、豊富なラインナップの中から好きな車を選んで90日ごとに車を乗り換え可能!

「夏休みに家族で旅行に行くからSUVに」
「彼女とツーリングへ行くのでスポーツカーへ」


こんな風に、利用目的に応じて気軽に車を乗り換えられるのがポイント。

車を所有していると、自動車保険やら車検・税金といったランニングコストがつきものですが、『NOREL(ノレル)』を利用するのに必要なものは、駐車場とガソリン代・消耗品くらい。

月額たったの19,800円〜から利用できるので、車を手放してこういったサービスを利用するのもアリではないでしょうか!