プール目的でも全然OK!ヒルトン小田原リゾート&スパ宿泊記ブログ

2019年の7月にヒルトン小田原に宿泊してきました。

元々行きたかったヒルトン小田原ですが、ちょうどヒルトン100周年のイベントで通常約3,000円する朝食ビュッフェが100円で食べられるという、良い機会だったので最安値を狙って行くことに。

当記事では、ヒルトン小田原の館内・客室・プール・食事について色々ご紹介していますので、これから宿泊予定の方の参考になれば幸いです!

ヒルトン小田原へのアクセスは車がベスト

ヒルトン小田原へは車で行ってきました。

ヒルトン小田原は、位置的にも小田原駅よりかなり遠く、山の上に立っていると行っても過言ではないので、駅から徒歩で行くのは不可能と考えてください。

小田原駅からタクシーだと約3,000〜4,000円ほどかかるでしょうか。

でも安心してください。ヒルトン小田原と小田原駅の間には無料シャトルバスが運行しています。

発着時刻が決まっているのはデメリットですが、車をお持ちでない方でも小田原駅まで来ればホテルまでの移動手段には困りません。

ちなみに車の場合、ヒルトン小田原の駐車場は無料で利用することができますよ。

ホテルのスタッフが駐車・回送してくれるバレーサービスがあるようですが、1日1台で3,000円もかかるので、自分で車を止めた方が絶対に良いです。

チェックインはヒルトン・オナーズなら専用デスクで

ヒルトン・オナーズであれば専用デスクで座りながらチェックインすることができます。

ちなみにヒルトン・オナーズは事前に公式サイトから入会することができて、入会金・年会費などは無料なので事前に入会しておくこと良いでしょう。

ヒルトン・オナーズ – ホテル特典プログラム

英語版しかありませんが専用アプリもあるので提示用にどうぞ。

Hilton Honors: Book Hotels

Hilton Honors: Book Hotels
開発元:Hilton Worldwide, Inc.
無料
posted withアプリーチ

ヒルトン小田原のランチビュッフェは一休.comレストランからの予約がお得

無事に昼過ぎに到着したので、予約していたのランチビュッフェへ。

ヒルトン小田原の『ブラッセリーフローラ』はビュッフェ形式の人気のレストランです。

平日にも関わらず、そこそこ賑わっていました。宿泊者だけでなく、ランチ目当てできている方もいるからだと思います。

『ブラッセリーフローラ』でランチビュッフェを食べようと考えている方は、税・サービス料込みで最も最安で予約できる一休.comレストランから予約するのがおすすめ

ブラッセリーフローラのランチビュッフェについては下記の記事でまとめています。

ヒルトン小田原『ブラッセリーフローラ』のランチビュッフェに行ってきた!一休.comレストランで予約するのが最安値

2019.08.05

ヒルトン小田原のヒルトン・スーペリア・ツインルームはこんな感じ

宿泊したのは最も安い、3〜6階に位置するヒルトン・スーペリア・ツインルームの部屋です。ちなみに6階でした。

部屋の広さは27平米で、2人なら必要十分といった広さですね。

窓からの景色は抜群で海が見えます。

ベッドは、部屋の中に段差があって、そこにマットレスが置かれていました。

バスルームはユニットバスタイプですが、全く窮屈ではありません。

アメニティも充実しています。

部屋の窓側にあるデスク?は正直使いにくいので荷物置きにちょうど良いかもしれません…

部屋は寝るだけと考えていましたが、ヒルトンクラスの客室は1番安価な部屋でも十分高級感があって満足できました。

パジャマと館内着も用意されています。大浴場へはこの館内着を着て移動できるんですが、館内着らしからぬパジャマ感がすごいので、私は恥ずかしくて着ることはありませんんでした…

自販機でお酒やソフトドリンクが買える

各階に設置されている自販機で、お酒やソフトドリンクが購入できます。

値段は一般的なホテル価格なので、決して安くはないですが、山の上の孤島なので手軽に買えるだけありがたいと思います。

ヒルトン小田原の天然温泉の体験レビュー

ヒルトン小田原には日帰り温泉もあります。もちろん、宿泊者は無料で利用することができます。

バスタオルなどは部屋から持っていく必要もなく、更衣室にバスタオル・フェイスタオルが置かれているので自由に使えますよ。

更衣室は広くて、非常に清潔でした。常に掃除することを心がけているようで好感が持てます。


引用:ヒルトン小田原公式サイト


引用:ヒルトン小田原公式サイト

温泉自体は特に大きいわけではなく、屋内に浴室が1つ、水風呂が1つ、サウナが1つあるだけで、露天風呂も小さい物が1つだけなので、日帰り温泉としてみたら期待しない方が良いです。


引用:ヒルトン小田原公式サイト

とはいえ、ホテルにある大浴場と考えれば十分満足できるレベルです。

露天風呂から見える景色はとても素晴らしく、山奥にあるため周りに人工の光がないことから夜は星がとても綺麗でした。

残念だったのは、更衣室にウォーターサーバーが置いてあるのですが、なぜか25度とめちゃめちゃ温くてお風呂上がりに飲めたものではなかったことです…

宿泊者はフィットネスクラブも無料で利用できる

宿泊者はヒルトン内にあるフィットネスクラブの利用も無料です。ビジターで1回利用する場合は3,000円かかるようです。

事前に無料で使えることは知っていたので、トレーニングウェアを持参していきました。

フィットネスクラブは決して広くはないですが、一通り全身が鍛えられるようにマシンが充実していました。

フリーウエイトやマシンジム以外にもカーディオマシンがずらーと置かれたエリアもあります。

ファンクショナルトレーニングを一通りできる巨大なQUEENAX(クイナックス)というジャングルジムのような、四角い檻みたいな設備がありました。

使い方がわからなかったので、使ってはいませんがトレーナーに指導してもらいながらトレーニングに励む方がいましたよ。

ヒルトン小田原のプールは雰囲気も良くてファミリー層に人気

夏のヒルトン小田原といえば、宿泊者が無料で利用できる屋内・屋外プールです!

宿泊客の大半がこのプール目当てではないでしょうか?

プールエリアはとても広くて、大人はゆっくり入れて子供は大はしゃぎできる、そんなプールです。

プールの詳細については下記の記事にまとめています。

日帰りでもOK!ヒルトン小田原『プール&バーデゾーン』の割引クーポンをGETする方法まとめ【体験レビューあり】

2019.08.09

ヒルトン小田原の朝食ビュッフェを実食レビュー!名物の海鮮丼のレベルが高くて絶品

ヒルトン小田原の朝食ビュッフェは、自分で作れる海鮮丼が名物ということで非常に期待していました。

結論から言えば、ランチビュッフェよりも満足度は高かったです!

名物の海鮮丼のレベルが高くて絶品

一番期待していた海鮮丼!海鮮丼は下記の海鮮が盛り放題です!

・マグロ
・アジのタタキ
・とびこ
・イカ
・塩辛

特にマグロとアジのタタキが美味しくて、おかわりする時はこの2種盛りだけを頂いたくらいです!

ただ、海鮮丼のお品書きに「いくら」の文字があるので、期待したんですが「いくら」はいつまで待っても出て来ませんでした…あれは何だったのか…

海鮮の種類は、他の方のブログなどを見てもほとんど同じ内容なので、大きく変わることがないようですね。

和食中心で洋食がほとんどないのが残念

ヒルトン小田原の朝食は和食が中心のようでした。

洋食・中華はほんの一部だけしかありません。

デザートコーナーにはフルーツやスムージーなどが置いてあります。

朝食ビュッフェは、ランチビュッフェやディナービュッフェで開催されているようなイベントに左右されないようです。

もうちょっと洋食よりのメニューもあれば嬉しいかなとは思いますが…

ヒルトン・オナーズなら会員専用のドリンクメニューが貰える

ヒルトン・オナーズ会員だと会員専用のドリンクメニューを貰うことができるんです。

無料で飲めるドリンクも数種類ありますが、会員専用のドリンクメニューの方が、圧倒的に豪華。

美味しいコーヒーも数種類飲めますし、スタッフの方はドリンクが減っていたら「おかわりはいかがですか?」と聞いてきてくれるのが最高です。

ちなみに、ヒルトン・オナーズ会員には無料で入会できるので、ヒルトン小田原で朝食を食べる予定の方は、迷わず会員になっておくことをおすすめします。

ヒルトン・オナーズ – ホテル特典プログラム

連泊する場合は外で食べるのもアリ

ロビーラウンジでのデザートビュッフェとルームサービスを除くと、ヒルトン小田原にレストランは実質『ブラッセリーフローラ』1つしかありません。

毎日ビュッフェの内容がガラッと変わるわけではないので、連泊する場合は、ちょっと飽きそうだなというのが正直なところですね。

ホテル周辺には何もないので、ホテルに行く前にコンビニへ

ヒルトン小田原は敷地がかなり広く、山の上に立っているため周りにはコンビニ1つありません。

最も近いコンビニまで車で距離的には15分程の距離ですが、道が非常に狭い&一方通行の影響で、車でもさらに時間がかかります。

ホテルに売店らしい売店もないので、ホテルに行く前に部屋で食べる軽食やお菓子・ソフトドリンクなどは買っておくことをおすすめします。

部屋に冷蔵庫もあるので、飲み物や食べ物は冷やしておくこともできますよ。

ヒルトン小田原はゴールド会員でさらに快適に過ごせる!

ヒルトン・オナーズには会員ランク制度があって、ゴールド会員以上から快適度が倍増します。

ヒルトンのゴールド会員だと、朝食なしの素泊まり予約だとしても朝食が2名分無料でいただけたり、エグゼクティブ含めた部屋のアップグレードが受けられるんです!

1名あたり3,000円近い朝食が2名分無料になるだけでも約6,000円浮くことになりますし、運良くエグゼクティブルームにアップグレードされた場合は専用ラウンジでお酒や軽食をいただくことができるので、満足度が桁違いになること間違いなし。

ただ、ゴールド会員になるには正攻法だと『20回のご滞在または40泊』なので、この条件を満たすのは中々厳しいです。

実は裏技があって、入会するだけで宿泊数0日でも自動的にヒルトン・オナーズのゴールド会員になれるヒルトン・オナーズVISAゴールドカードを作成するのが手っ取り早いですよ。

ヒルトン・オナーズVISAゴールドカードと同じく、持っているだけでマリオット系ホテルのゴールドエリート会員になれるSPGアメックスをお持ちの方は、期間限定でヒルトンのゴールドになることができるステータスマッチ制度があるので、こちらを活用するのもおすすめです。

まとめ

初めてヒルトン小田原に宿泊してみましたが、プールや大浴場があるおかげで、ファミリーには最高のホテルだなという印象です。

周りには何もないので、車がないと非常に不便ですが、ヒルトン小田原の敷地内で様々なアクティビティが楽しめますし、プールがあるので大人も子供も楽しめます。

ヒルトン小田原は、ヒルトンとしてもそこまで高いホテルではないので、「ワンランク上のホテル体験を味わってみたい!」という方には非常におすすめのホテルですよ!