【最大620円割引】万葉の湯『ふとみ銘泉』のお得な割引クーポンをゲットする11の方法

万葉の湯『ふとみ銘泉』では、日帰りでゆっくり温泉を楽しむも良し、豪華に宴会をして北海道の幸に舌鼓を打つも良しと様々な楽しみ方ができます。

こちらではそんな『ふとみ銘泉』のお得な割引クーポンをゲットする方法についてご紹介したいと思います。

万葉の湯『ふとみ銘泉』の通常料金

まずは『ふとみ銘泉』の通常料金を確認しましょう。

区分 平日 土日祝
大人
1,000円
1,200円
小学生
500円
600円
シルバー
1,000円
1,200円

入館料に館内着・バスタオル・タオル類が含まれているので、手ぶらで行くこともできますよ。

上記の料金表以外にも、「朝風呂」、「タイムサービス」が実施されていたりします。

万葉の湯『ふとみ銘泉のお得な割引クーポンをゲットする方法

デイリーPlus(プラス)で割引クーポンをゲットする

Yahoo! JAPANが提供する『デイリーPlus(プラス)』という会員制割引優待サービスに登録し、そこで割引クーポンをゲットできます。

– デイリーPlus(プラス)って何? –

デイリーPlus(プラス)は、登録されている全国90万件以上の割引サービスや特典を利用できる素晴らしい優待サービスです。ただし、月額540円(税込)の月額会費が必要になります。はじめて利用する方はこの540円の月額会費が2ヵ月間無料になります。

この割引クーポンを利用すると、下記の特典が適用されます。

・【デジタルチケット】全日 入館料+ワンドリンク:1,750円 ⇒ 1,130円(620円割引)
・【Famiポート】全日 入館料+ワンドリンク:1,750円 ⇒ 1,250円(500円割引)
・【会員証提示】平日 入館料:1,130円 ⇒ 926円(204円割引)
・【会員証提示】土日祝 入館料:1,346円 ⇒ 1,238円(108円割引)

大人区分のみになりますが、ワンドリンク付きの入館料金が最大620円割引になります!【デジタルチケット】と【Famiポート】で料金が違いますが、当日や翌日すぐに利用するなら【Famiポート】がおすすめですね。

ワンドリンクが必要ない方は、WEB会員証を提示するだけで入館料金のみ割引になりますよ。 とはいえ、土日祝だと12円しか差がないので、ワンドリンク付きチケットを利用した方が圧倒的にお得ですけどね…

当サイト経由でデイリーPlusに登録すれば、通常1ヶ月のところ2ヶ月間無料で利用することができますよ!無料期間内に解約すれば月額料金も発生しないので、こちらもうまく活用してくださいね!

dエンジョイパスの優待サービスを利用する

デイリーPlusの会員優待サービスの中から更に割引特典を厳選し、そこにオリジナルの割引特典を加えているのが『dエンジョイパス』です。

dエンジョイパスを利用することで、デイリーPlusと全く同じ内容の割引が適用されますよ。

・【デジタルチケット】全日 入館料+ワンドリンク:1,750円 ⇒ 1,130円(620円割引)
・【Famiポート】全日 入館料+ワンドリンク:1,750円 ⇒ 1,250円(500円割引)
・【会員証提示】平日 入館料:1,130円 ⇒ 926円(204円割引)
・【会員証提示】土日祝 入館料:1,346円 ⇒ 1,238円(108円割引)

しかも、初回31日間無料期間があるので、「この割引だけ利用したい…」なんて時には31日以内に解約すればタダでお得な特典を利用できちゃいます!

継続するにしても月額540円(税込)しかかからないので、すぐに元を取れると思いますよ。

ドコモが運営しているサービスですが、ドコモのスマホを契約していないと使えないというわけではないので、誰でも会員登録することができます。

駅探バリューDaysで割引クーポンをゲットする

駅探しバリューデイズは、先にご紹介したデイリーPlsuとほぼ同様の会員制優待サービスです。唯一の違いは月額料金です。

・デイリーPlus ⇒ 月額540円(税込)
・駅探しバリューデイズ ⇒ 月額324円(税込)

と、「駅探しバリューデイズ」はデイリーPlusよりも月額216円お得になります。

ただしその分、”最初の2ヶ月間無料”といった無料期間がありません。

今後も継続して利用する場合は『駅探しバリューデイズ』、数回のみしか特典を利用しないのであれば『デイリーPlus』を利用するのがおすすめですね。

ちなみに、駅探しバリューデイズでチケットを購入した際には100円で1ポイント貯めることができ、楽天ポイントやnanaco、WAONに交換することもできます。

公式サイトの割引クーポンを利用する

公式HPでは通常よりもお得になる割引クーポンを発行しています。ただし、税別価格なので注意してください。

・平日 入館料+ワンドリンク:1,540円 ⇒ 1,200円(340円割引)
・土日祝 入館料+ワンドリンク:1,740円 ⇒ 1,400円(340円割引)

他にも、食事付きのプランや深夜料金込みのプランなども用意されているので、詳細は公式HPで確認してくださいね。

⇒ 北海道 ふとみ銘泉 万葉の湯【公式】 | ウェブクーポン

万葉プレミアム会員になる

万葉プレミアム会員とは、入会費・年会費無料の会員サービスです。

この会員には4つのステージがあり、万葉グループを利用する頻度でランク付けされています。ただ、「頻繁に利用しなければ割引を受けられないのか?」と言われるとそうではありません。

誕生日に利用すると万葉の湯からプレゼントが貰えたり、お得なポイントを貯めることができます。この貯めたポイントは、1P=1円から利用可能です。

ランクが上がるに連れ、特典が豪華になっていくので、年に何度も行く方は必ず入会するようにしましょう。

各種割引を狙って利用する

火曜日にシニアデー、木曜日にはレディースデーを設けていて、対象者はその日に利用すると入館料が割引になります。

・レディースデー:入館料が950円
・シニアデー:入館料が950円

詳細は、公式HPのイベントカレンダーで確認してくださいね。

北海道 ふとみ銘泉 万葉の湯【公式】 | 新着情報のご案内 | ニュース

じゃらんの割引クーポンを利用する

北海道じゃらんでは『ふとみ銘泉』の割引クーポンを発行しています。

・平日 入館料:1,130円 ⇒ 950円(180円割引)
・土日祝 入館料:1,346円 ⇒ 950円(396円割引)

土日祝の入館料のみの割引の場合、396円割引ともっともお得な割引クーポンです。

ふとみ銘泉 万葉の湯の期間限定クーポン – 【北海道じゃらん】

@nifty温泉の割引クーポンを利用する

日本全国の温泉紹介サイト「@nifty温泉」で割引クーポンが配布されています。

・平日 入館料+ワンドリンク:1,659円 ⇒ 1,404円(255円割引)
・土日祝 入館料+ワンドリンク:1,875円 ⇒ 1,404円(471円割引)
・平日 入館料+深夜料金:2,642円 ⇒ 2,200円(442円割引)
・土日祝 入館料+深夜料金:2,858円 ⇒ 2,200円(658円割引)

割引額は他の割引クーポンと比べてもやや劣ります。

【クーポンあり】ふとみ銘泉 万葉の湯 – 石狩|@nifty温泉

タイムズクラブの会員証を提示する

月極駐車場で有名なタイムズクラブの会員証を提示するだけで入館料が割引になりますよ。

・平日 入館料:1,130円 ⇒ 914円(216円割引)
・土日祝 入館料:1,346円 ⇒ 1,130円(216円割引)

ふとみ銘泉 万葉の湯のクーポン・割引・駐車サービス券等の優待情報 | タイムズクラブ会員特典

JAF会員証を提示する

受付時にJAFの会員証を提示することで、入館料が割引になります。

・平日 大人入館料:1,130円 ⇒ 914円(216円割引)
・土日祝 大人入館料:1,346円 ⇒ 1,130円(216円割引)
・平日 子供入館料:540円 ⇒ 440円(100円割引)
・土日祝 子供入館料:648円 ⇒ 548円(100円割引)

子供料金も割引になるのが特徴です。

JAFなび|JAF会員優待施設

エポスカードを提示する

受付時にレポスカードを提示し、エポスカードで支払うことで入館料が割引になりますよ。

・平日 入館料:1,000円(税別) ⇒ 810円(税別)(190円割引)
・土日祝 入館料:1,200円(税別) ⇒ 1,100円(税別)(100円割引)

北海道 ふとみ銘泉 万葉の湯 【ふとみ銘泉】(北海道ふとみ館)のご優待 | エポトクプラザ

ふとみ銘泉の詳細情報

ふとみ銘泉は温泉に炭酸水素ナトリウムが豊富に含まれていることから、「肌を美しくする温泉」と呼ばれています。炭酸水素ナトリウムは皮膚の表面雄角質を柔らかくして、老廃物を流す効果があるそうです。

さらにふとみ銘泉では女子旅温泉プランを発売しており、入館料・貸切風呂・ドリンク食事付きで6,000円とお得な料金で利用することが出来ますよ。

住所 北海道石狩郡当別町太美町1695
TEL 0133-26-2130
営業時間 通年 午前10:00~翌朝9:00まで
アクセス JR(札沼線)学園都市線「石狩太美駅」を降りて徒歩3分、月・水・金 麻生より無料送迎バス有
札樽自動車道札幌北ICから国道231号・道道128号・112号・国道337号・道道112号をJR石狩太美駅方面へ17km
公式サイト http://www.manyo.co.jp/futomi/

まとめ

最後に万葉の湯『ふとみ銘泉』の割引方法をまとめます。

1:デイリーPlus(プラス)の割引クーポン利用する
2:dエンジョイパスの割引クーポン利用する
3:駅探しバリューデイズで割引チケットを購入する
4:公式サイトの割引クーポンを利用する
5:万葉プレミアム会員になる
6:各種割引を狙って利用する
7:じゃらんの割引クーポンを利用する
8:@nifty温泉の割引クーポンを利用する
9:タイムズクラブの会員証を提示する
10:JAF会員証を提示する
11:エポスカードを提示する

【入館料】+【ワンドリンク】がついていて、全日利用することができるデイリーPlus(プラス)dエンジョイパスの割引クーポンが最も使いやすくお得ですね。

北海道の石狩郡に寄られた際は『ふとみ銘泉』で、日々の疲れを癒してみてはいかがでしょうか。