メルセデスベンツ次期新型CLSクラス(CLEクラス)最新情報まとめ

日本でも人気車種となっているメルセデスベンツCLSクラス。

元祖ラグジュアリー4ドアクーペとして、CLSに続いて他メーカーも同様のモデルを発売しています。

そんなメルセデスベンツCLSクラスのテスト車両が海外メディアに撮影されました。今回は次期新型メルセデスベンツCLSクラスの最新情報をお伝えします!


引用元:rmcardesign.com

次期新型メルセデスベンツCLSクラスのテスト車両

テスト車両が撮影された状況は、一般道のカモフラージュされた車両。

カモフラージュがされているとはいえ、ラグジュアリー4ドアクーペの綺麗なデザインは顕在でした!






www.autoevolution.com

慎重派ゴリラ
まだカモフラージュがあり、かつ初期テスト車両ですのでエクステリアの市販車モデルはこの後に変わる可能性もありますが、綺麗なルーフラインは流石メルセデスベンツCLSクラスと言えますよね。この車は本当に見てて美しい車です。

今回スクープされた内容は動画でも見る事が出来ます。

また、レンタリング画像も海外メディアから公開されています。


引用元:rmcardesign.com

引用元:rmcardesign.com

慎重派ゴリラ
レンタリング画像だけで判断してしまうのは時期尚早ですが、基本的にはキープコンセプトという事だけは明白ですね…。
慎重派ゴリラの提案
保険代を見直して、購入に備えませんか?
少しの手間で頭金の一部を貯めれますよ!
もちろん無料!少しの手間(3分)で大きなコストダウン!

徐々に明らかになる次期新型CLSクラスの新機能

以下の記事は2016年12月15日に新しく更新された記事です

次期新型CLSクラスのテストは着々と実施されていると海外メディアでは報じられています。


引用元:autoevolution.com

引用元:autoevolution.com

引用元:autoevolution.com

そんな中、次期新型CLSクラスでは驚くべき新機能が搭載されるとされています。

プロトタイプの尖っていても低い吊り下げのグリルには、ハイテクのライトが並んでいます。 “Digital Light”ブランドのシステムには、200万以上のマイクロミラーで動作するチップが搭載されており、明るさのレベルを計算し、潜在的な危険を察知したり、道案内を道路に投影したりします。

Anyway, the pointy yet low-slung grille of the prototype is flanked by high-tech lights. The system expected to be branded “Digital Light” features chips that work with over two million micromirrors, calculating the brightness level, spotlighting potential hazards and even projecting your navigation directions onto the road.
引用元:autoevolution.com

「道案内を道路に投影」とはすごいですね!

最新の安全装備に関しては、どのメーカーも取り組んでいるので安全装備については目新しさがなくなりつつあるのは事実です。

そこでヘッドライトの仕組みを改良して、カーナビゲーションシステムだけに頼るのではなくライトの投影によってドライバーが迷わず目的地に到着する…そんな機能は迷いやすい夜間などは非常に心強い装備になる事間違いありませんね!

慎重派ゴリラ
ちょっと待って…夜間走行時には使えると思うのですが、昼間はどうなんでしょうか?まだまだ情報が断片的にしか入ってこないので分かりませんが、引き続き大注目である新型CLSクラスである事には変わりがありませんね!

新型CLEクラスであるとの見方もある

実は次期新型CLSクラスのテスト車両について海外メディアでは、新クラスとして販売されるCLEクラスではないかと議論が上がっています。

慎重派ゴリラ
確かに…現行ラインアップではCLSとCLAの両モデルの差が大きいのも現実です。中間クラスとしてCLEクラスが発売されても何ら違和感はありませんね。

スポンサーリンク







ジュネーブモーターショーで公開されたF800スタイル

2010年に開催されたジュネーブモーターショーで、メルセデスベンツからHVコンセプトの【F800スタイル】が公開されました。

プラグインハイブリッド、もしくは燃料電池といった2つのパワートレインが搭載可能とされた4ドアクーペボディのデザインは、次期CLSクラスを示唆したものとされています。





但し、気になるのはそのF800スタイルのボディサイズ。

上記の通り、F800スタイルは次期新型CLSクラスを見越したコンセプトカーとされているが、

ボディサイズが発表された数値を見ると、全長4725mmと現行CLSの4915mmより190mm短いサイズとなっています。

このことからF800スタイルは、『Cクラス』と『Eクラス』の間を埋める次期CLSの派生モデル、つまり【CLEクラス】が新たに生まれるのではないかと言われている理由です。

テスト車両は現行Eクラスを僅かに延長したサイズ

テスト車両を公開した海外メディアも、気になるコメントを残しています。

このプロトタイプはW213 E-Classより少し長いようだが、そのボンネットは現在のCLSと比較して延長されているようだ。
Speaking of which, the prototype in this spy video seems to be a bit longer than the W213 E-Class, while its hood appears to have grown compared to that of the current CLS.
www.autoevolution.com

慎重派ゴリラ
う~む。はっきり言ってまだ詳細は不明なようですね。ただ、最近のメルセデスベンツはクラスを詳細に分けている傾向があるので、CLEクラスが誕生してもおかしくありませんね。また、現行モデルのCLSクラスとCLAクラスの中間モデルを欲しい顧客もきっと存在するはず。そんな顧客向けに新たなクラスを設ける事は可能性としては高いと思われます。

次期新型CLS(CLE)クラスが気になったら

次期新型CLS(CLE)クラスが気になった方、まだ車両が販売される前ですが少しづつ購入に向けて準備しても良いかもしれません。

準備とは、今の車の価格を調べる事。理由は「前準備次第で車の値引き金額が大きく変わる」からなんです!

当たり前のことではありますが、販売開始直後の車種はなかなか値引き額が少ない事が多いです。

そりゃそうですよね…、販売側だって黙ってても売れる新型車(人気車両ならなおさらです)をわざわざ大きく値引いてまで販売はしないはず。そんな事したら利益となる額がどんどん少なくなってしまいますよね。

そこで少しでも値引き額を大きくする最後の手段として下取り価格の増加がある訳です。

ディーラーでは良くこんな会話がされています。

慎重派ゴリラ
本体価格から5万円の値引きかぁ…無理なお願いかも知れないけれどもう少し値引きしてもらう事は出来ませんか?
ディーラーマン
そうですね…私どもも精一杯のお値引きなんですが…それでは、下取り価格を他社さんよりも大きく買い取るように頑張らせてください!

下取り…つまり現在所有している車両を売った金額で新しく乗り換える予定の車両の値引きを行う事を言いますがほとんどの方がこの下取り価格で失敗している事はご存知ですか?

ディーラーマン
大変お待たせしました。お客様が現在乗られている車両ですが、走行距離も少ないし目立った傷が少ないので、50万円で下取りさせていただきますがいかがでしょうか?
慎重派ゴリラ
えっ!?50万円!!(…さっきまで、値引き額で粘り強く交渉して5万円だったからこれは大きく値引きしてくれた!それだけ大きな値引き額になればいいかな…)そんなに高く買い取ってくれるなんて、ありがとうございます。それではその下取り価格で問題ありませんので契約の手続きをお願いします!
ディーラーマン
ありがとうございます。それでは手続きして参りますので暫くお待ちください。
ははは、他社ではおよそ80万円が相場だから30万円も儲かった!このまま契約まで一気に進めてしまおうっと♪

…そうなんです。ゴリラも昔に一度やってしまった失敗談を紹介させていただきましたが

現在乗っている車の価格も調べないで、値引き交渉をするのは損するのが当たり前です!
最低限、現在の車の価格は前もって認識した上で値引き交渉をしましょう

きちんと今乗っている車の適切な買い取り金額が分かっていれば、値引き交渉も優位に進められますよ!

ディーラーマン
大変お待たせしました。お客様が現在乗られている車両ですが、前期型の車両で走行距離も少ないし目立った傷が少ないので、50万円で下取りさせていただきますがいかがでしょうか?
慎重派ゴリラ
えっ!?50万円!!(…この間一括査定サイトで自分の車の価格を調べたら最も高い買い取り金額で90万円だったな…)それはちょっと相場より安いですよ!この間、私の方でも調べてみたら相場として80万から90万で買い取り依頼がありましたよ?
ディーラーマン
しっ失礼しました!私の方で誤って調べてしまった可能性もありますので、大変恐縮ですが再度確認して参ります。今しばらくお待ちください…(…ぐっこのお客様は下準備が念入りだから小手先のテクニックは通じないな…)

車の査定は様々な会社がサービスを提供していますが、信頼性と丁寧さで大手リクルート社が運営しているカーセンサーがお勧めです。

慎重派ゴリラのメッセージ
カーセンサーの下取り価格調査サービスは以下がポイントです。
1. もちろん無料!お金は一切掛かりません。
2. 1社ずつ下取り価格を調べる手間が省ける
3. 一番高く買い取ってくれる業者が分かる!





慎重派ゴリラのメッセージ
3分間程度の手間で10万円以上の差
出るなら調べないともったいない!少しの手間でオプション装備が
買えてしまいますよ!

スポンサーリンク

メルセデスベンツ次期新型CLS(CLE)クラスの最新情報をまとめてみた

簡単60秒であなたの愛車を一括査定!


簡単60秒であなたの愛車を一括査定できます!最大7社の一括見積なので、比較して最高額を選べるのがポイントです! 最大で数十万円違うこともあるので、愛車の売却を検討しているなら、絶対に一括査定しないと損をします!