新型ホンダ【ZSX】(ベイビーNSX)の最新情報をまとめてみた

つい先日に発表された2代目NSXは、日産GT-Rとの加速性能でも遜色ない性能を見せつけるなどホンダの技術力の高さを裏付ける車両でした。当然人気も高く、早くも2年待ちといった状況です。

そんなNSXのDNAを継ぐコンパクトスポーツカー「ZSX」計画が遂に始動したとの情報が!

今回はコンパクトスポーツカー「ZSX」の最新情報をお伝えします!


引用元:www.carscoops.com

【新型ホンダZSX】開発計画について

今回、ホンダ自動車が「ZSX」モデルと呼ばれるスポーツカーのプロジェクトを開始したとされる理由は

ホンダがヨーロッパ圏内で登録した商標登録が関係しています。

ホンダZSX商標登録データベース画像(トレードマーク情報)
引用元:www.autoevolution.com
ホンダZSX商標登録データベース画像(オーナー情報)
引用元:www.autoevolution.com

この夏、HondaがZSXの名前をヨーロッパで商標登録した。
This summer, an earlier patent filed by Honda in Europe trademarked the ZSX name, along with a corresponding design.
引用元:www.autoevolution.com

車の名前もヨーロッパで販売する際には商標登録が必要となります。

ヨーロッパでは、各国ごとに商標法が規定されていると共に、CTMと呼ばれる欧州共同体商標という制度があります。欧州共同体商標意匠庁(OHIM)へ商標登録出願を行うことで、EU加盟国全体で保護される商標権を取得する事ができます。日本と同じく先願主義を採用しており、商標権の存続期間は、商標登録出願の日から10年間です。
引用元:http://商標登録.cc/ヨーロッパ/

慎重派ゴリラ
逆に言うと、商標登録がされたという事は登録された名前での車両販売が予定されているという事になるので、新車両のスクープ自体が信ぴょう性があるかどうかを調べる際には、こちらの商標登録が確認されます。う~んZSX、楽しみですね!
慎重派ゴリラの提案
保険代を見直して、購入に備えませんか?
少しの手間で頭金の一部を貯めれますよ!
もちろん無料!少しの手間(3分)で大きなコストダウン!

「BABY NSX(ベイビーNSX)」と呼ばれる理由

新型ZSXは「BABY NSX(ベイビーNSX)」と海外メディアからは呼ばれています。

なぜ、ベイビーNSXと呼ばれるのでしょうか?
その理由はアメリカ特許庁にホンダ自動車が提出したレンタリング画像から、ZSXがミッドシップエンジンを搭載するデザインとなっていたからです。


引用元:www.autoevolution.com

フロントエンジンでエンジンが前輪の車軸と運転席の間にあるものは「フロントミッドシップ」と言われる。 この場合は前輪駆動の場合もある(FFミッドシップ)。 前輪駆動では駆動輪に重量を掛けることがほぼ必須であるため、リアミッドエンジンで前輪のみを駆動する形式はほとんど例がない。
引用元:Wikipedia/

上記のレンタリング画像を見ても、かなり新型NSXのデザインに近い事が分かります。

新型NSXもミッドシップエンジン(厳密にはミッドシップエンジン・リアドライブ(MR))を採用していますし、レンタリング画像からも新型ZSXがミッドシップエンジンを搭載するようなデザインになっている事が把握出来ます。

【新型ホンダZSX】の外観(エクステリア)

米国特許庁にホンダが提出したレンタリング画像は以下の通りです。

ホンダZSXレンタリング画像1
引用元:www.autoevolution.com
ホンダZSXレンタリング画像2
引用元:www.autoevolution.com
ホンダZSXレンタリング画像3
引用元:www.autoevolution.com
ホンダZSXレンタリング画像4
引用元:www.autoevolution.com
ホンダZSXレンタリング画像5
引用元:www.autoevolution.com
ホンダZSXレンタリング画像6
引用元:www.autoevolution.com

慎重派ゴリラ
このフォルムは…Baby NSXと呼ばれても不思議ではないほど、NSXと似ていますね!ミドルシップエンジンを搭載するように車両後部にはエンジンを搭載するような形状になっており、それに伴う空気口と思われるデザインになっています。市販モデルではまたデザインが変わるかもしれませんが、現時点でも相当にかっこいいデザインですね!

【新型ホンダZSX】は次期S2000としてオープンモデルも

ホンダZSXは次期S2000後継モデルか?

引用元:tophondacars.com

また、別の海外メディアではホンダZSXは次期S2000として販売されると報道されています。

最新情報によると、様々な情報源から、ホンダZSXは本質的にS2000の直接的な後継者になり、Acura NSXにインスパイアされ、部分的に継承した新しいスポーツモデルをすぐに提供する予定です。
また、この新しいモデルは、NSXで使用されているプラ​​ットフォームと「実質的に同一」なプラットフォームに基づいており、クーペとコンバーチブルバージョンとして提供されることを報告しています。

According to the latest information, from various sources, Honda will soon offer its new sports model which will essentially be a direct successor of the S2000 and inspired and partly based by Acura NSX.
This new model will be based on a platform that is “virtually identical” to the one used by the NSX and it will be offered as coupe and convertible version.
引用元:tophondacars.com

ホンダS2000の復活は、これまた大きな反響を呼びそうです。

当時はホンダ唯一のFR構造を持つ車として、S2000は非常に大きな人気もありました。

ここだけの話、ゴリラが最初にかっこいいと思い始めて車の名前を覚えたのもS2000でした…。

【新型ホンダZSX】のエンジンとスペック

では、この「Baby NSX」と呼ばれる新型ZSXに搭載されるエンジンはどのようなものなのでしょうか。

こちらについて、先ほどの海外メディアは以下のように推測をしていました。

Civic TypeRのコンポーネントを流用した2.0リッター4気筒が搭載されるとされています。また、4気筒は後輪を回転させるが、更なる動力が必要なときは前輪に電気モーターを取り付ける。
いくつかの噂は、約350馬力になると言います。

it will certainly be developed around a turbocharged 2.0-liter four-cylinder obtained from the Civic Type R components container. The four-cylinder will rotate the rear wheels, while an electric motor perseverance the front wheels when extra power and also grasp are required. Some rumors say it will be able to around 350 hp
引用元:tophondacars.com

デザインだけがNSXと似ている訳ではなく、出力系統も通常のエンジンとハイブリッドシステムが使用されるのは楽しみです!

個人的には日産GT-Rとの加速性能がほとんど遜色がなかったのは非常に驚きました。

350馬力の動力システムは全容はまだ明らかにはされていませんが、今後の情報が楽しみです。

【新型ホンダZSX】の価格

ホンダZSXの価格については「新型NSXが欲しくも購入できなかった人向け」になると言われています。

なんとも微妙な表現ですね…。

新型ZSXはNSXを購入できなかった人向けのプライスが設定されるだろう。
it could be the “poor man’s NSX,” without the large price tag.
引用元:www.autoevolution.com

慎重派ゴリラ
“poor man’s NSX,”…。なんか腹がたったのはゴリラだけでしょうか(笑)。

【新型ホンダZSX】今後の動向について

ホンダのエンジニアは、同社が1月のデトロイトモーターショー2017でコンセプトの姿でZSXを打ち上げると伝えています。
Honda engineer says that the company will launch the ZSX in concept guise at the Detroit Motor Show 2017 in January.
引用元:www.autoevolution.com

まだまだ詳細については判明していない、ホンダ新型ZSXですが2017年2月にはデトロイトモーターショーで何らかの発表が行われる予定であるとされています。

それはコンセプトカーの発表なのか、それともプロジェクト自体の発表なのか…。

詳細情報が入り次第、最新情報をお伝えします!お楽しみに!

新型ホンダZSXが気になったら

新型ホンダZSXが気になった方、まだ車両が販売される前ですが少しづつ購入に向けて準備しても良いかもしれません。

準備とは、今の車の価格を調べる事。理由は「前準備次第で車の値引き金額が大きく変わる」からなんです!

当たり前のことではありますが、販売開始直後の車種はなかなか値引き額が少ない事が多いです。

そりゃそうですよね…、販売側だって黙ってても売れる新型車(人気車両ならなおさらです)をわざわざ大きく値引いてまで販売はしないはず。そんな事したら利益となる額がどんどん少なくなってしまいますよね。

そこで少しでも値引き額を大きくする最後の手段として下取り価格の増加がある訳です。

ディーラーでは良くこんな会話がされています。

慎重派ゴリラ
本体価格から5万円の値引きかぁ…無理なお願いかも知れないけれどもう少し値引きしてもらう事は出来ませんか?
ディーラーマン
そうですね…私どもも精一杯のお値引きなんですが…それでは、下取り価格を他社さんよりも大きく買い取るように頑張らせてください!

下取り…つまり現在所有している車両を売った金額で新しく乗り換える予定の車両の値引きを行う事を言いますがほとんどの方がこの下取り価格で失敗している事はご存知ですか?

ディーラーマン
大変お待たせしました。お客様が現在乗られている車両ですが、走行距離も少ないし目立った傷が少ないので、50万円で下取りさせていただきますがいかがでしょうか?
慎重派ゴリラ
えっ!?50万円!!(…さっきまで、値引き額で粘り強く交渉して5万円だったからこれは大きく値引きしてくれた!それだけ大きな値引き額になればいいかな…)そんなに高く買い取ってくれるなんて、ありがとうございます。それではその下取り価格で問題ありませんので契約の手続きをお願いします!
ディーラーマン
ありがとうございます。それでは手続きして参りますので暫くお待ちください。
ははは、他社ではおよそ80万円が相場だから30万円も儲かった!このまま契約まで一気に進めてしまおうっと♪

…そうなんです。ゴリラも昔に一度やってしまった失敗談を紹介させていただきましたが

現在乗っている車の価格も調べないで、値引き交渉をするのは損するのが当たり前です!
最低限、現在の車の価格は前もって認識した上で値引き交渉をしましょう

きちんと今乗っている車の適切な買い取り金額が分かっていれば、値引き交渉も優位に進められますよ!

ディーラーマン
大変お待たせしました。お客様が現在乗られている車両ですが、前期型の車両で走行距離も少ないし目立った傷が少ないので、50万円で下取りさせていただきますがいかがでしょうか?
慎重派ゴリラ
えっ!?50万円!!(…この間一括査定サイトで自分の車の価格を調べたら最も高い買い取り金額で90万円だったな…)それはちょっと相場より安いですよ!この間、私の方でも調べてみたら相場として80万から90万で買い取り依頼がありましたよ?
ディーラーマン
しっ失礼しました!私の方で誤って調べてしまった可能性もありますので、大変恐縮ですが再度確認して参ります。今しばらくお待ちください…(…ぐっこのお客様は下準備が念入りだから小手先のテクニックは通じないな…)

車の査定は様々な会社がサービスを提供していますが、信頼性と丁寧さで大手リクルート社が運営しているカーセンサーがお勧めです。

慎重派ゴリラのメッセージ
カーセンサーの下取り価格調査サービスは以下がポイントです。
1. もちろん無料!お金は一切掛かりません。
2. 1社ずつ下取り価格を調べる手間が省ける
3. 一番高く買い取ってくれる業者が分かる!





慎重派ゴリラのメッセージ
3分間程度の手間で10万円以上の差
出るなら調べないともったいない!少しの手間でオプション装備が
買えてしまいますよ!

スポンサーリンク

簡単60秒であなたの愛車を一括査定!


簡単60秒であなたの愛車を一括査定できます!最大7社の一括見積なので、比較して最高額を選べるのがポイントです! 最大で数十万円違うこともあるので、愛車の売却を検討しているなら、絶対に一括査定しないと損をします!