川崎チネチッタで映画を割引料金で見る方法

cinecitta-discount-price-method-main

神奈川県の川崎区にある映画館チネチッタで学校帰りや仕事帰り、週末に映画を観に行く予定だという方は多いのではないでしょうか?

しっかりと割引料金で映画を見ないと勿体ないですよ!

「映画の料金って割引できるの?」も思っている方もいると思いますが、方法によってはレイトショーや映画の日以外にも割引することができるんです。

ということで、こちらではチネチッタで映画を割引料金で見る様々な方法をご紹介したいと思います!

まずはチネチッタの通常料金を確認

まずはチネチッタの通常料金を確認しましょう。

区分 通常(2D) 3D
一般 1,800円 2,100円
学生(大学生・専門学校生) 1,500円 1,800円
高校生 1,000円 1,300円
小人(3才〜中学生) 1,000円 1,300円
シニア(60才以上) 1,100円 1,400円
障害者手帳をお持ちの方(同伴者1名も) 1,000円 1,300円
前売券・チネチッタ共通券 +300円

高校生料金が1,000円なのがうれしい料金区分です。その他は他の映画館とほぼ代わり映えはしません。

学割やシニア割などに関しては学生証や身分証を持っていないと利用できないので、事前にしっかりと持ち物を確認してください。

3D作品を見る場合に、3Dメガネを持参しても上記の通常料金から割引にはなりませんので注意が必要です。

川崎チネチッタでで映画を割引料金で見る方法

デイリープラスで割引チケットを購入する

こちらの方法は割引額も大きく、ほぼ手間もかからないおすすめの方法です。

cinecitta-discount-price-method-sub1

Yahoo! JAPANが提供する『デイリーPlus(プラス)』という会員制割引優待サービス経由で、チネチッタの映画鑑賞チケットを買うだけ。

たったこれだけで、通常大人料金1,800円が500円割引された1,300円で映画を見ることができるんです!

– デイリーPlus(プラス)って何? –
デイリーPlus(プラス)は、登録されている全国90万件以上の割引サービスや特典を利用できる素晴らしい優待サービスです。ただし、月額540円(税込)の月額会費が必要になります。はじめて利用する方はこの540円の月額会費が2ヵ月間無料になります。

しかも、ファミリマートにあるFamiポートから購入できるので、映画を見る直前にこの方法に気付いても問題ありません!会員登録をして、発行される会員IDを使ってFamiポートからログインし発券してください。

デイリーPlus – Yahoo! JAPANが提供する会員制割引優待サービス

チネチッタのスペシャルプライスを利用する

チネチッタが公式で行っている各種割引を使う方法です。割引方法としてはメジャーで使いやすい方法だと思いますが、日時・時間指定などで使いづらい方も多いと思います。

割引名 通常(2D) 3D
映画の日(毎月1日) 1,100円 1,400円
レディースデー(毎週水曜) 1,100円 1,400円
レイトショー(20:00以降) 1,300円 1,600円
オールナイト(20:00以降) 1,300円 1,600円
夫婦50割引 2,200円 2,800円
チネチッタデー(毎月23日) 1,100円 1,400円
招待券 +300円

映画の日である1日とチネチッタデーの23日は一番割引額の大きいので、日にちの指定は厳しいですが、どうせなら狙っていきたいところですね!

その他、比較的に使いやすいのが20:00以降が割引になるレイトショーあたりだと思います。

提携カードや各種会員証を提示する

チネチッタでは、提携しているカードや各種会員証をチケット売り場で提示すると、映画料金を割引してくれます。

下記は提携カード&各種会員証一覧です。

【金融系カード】

・UFJカード:1,800円 → 1,500円
・DCカード: 1,800円 → 1,500円
・アイワイカード: 1,800円 → 1,500円
・NICOSカード: 1,800円 → 1,500円
・セゾンカード: 1,800円 → 1,500円(※ クレジット機能のあるもののみ有効 )
・丸井・EPOS(エポス)カード: 1,800円 → 1,500円(※ クレジット機能のあるもののみ有効 )
・かわしんポイント倶楽部 会員証: 1,800円 → 1,500円
・モアーズカード: 1,800円 → 1,500円(※ クレジット機能のあるもののみ有効 )
・さいか屋カード(4種): 1,800円 → 1,500円
・セブンカード:1,800円 → 1,500円
・りそなカード: 1,800円 → 1,500円(※ 裏面の右にセゾンカードマークがあるもののみ有効)

【エンターテイメント系団体/会員証】

・ぴあカード :1,800円 → 1,500円
・ロペスペーション会員証 :1,800円 → 1,500円
・マタハリカード :1,800円 → 1,500円
・2016川崎フロンターレ後援会 会員証:大人1,800円 → 1,500円 大学・専門生1,500円 → 1,300円 3才~高校生1,000円 → 800円

【その他任意団体 / 会員証】

・トヨタティーエスキュービックカード:1,800円 → 1,500円
・映像三団体連絡会(AV3) :1,800円 → 1,100円
・日本映画テレビ技術協会 :1,800円 → 1,100円
・県民共済わかばカード :1,800円 → 1,500円
・グリーンカード :1,800円 → 1,500円(カード提示で2名まで )
・川崎市勤労者福祉共済:1,800円 → 1,500円(JTBマークが入ったものは使用不可 )
・川崎市・横浜市母子寡婦福祉連絡会 会員証(神奈川県) :1,800円 → 1,000円
・川崎市職員証 :1,800円 → 1,500円
・(財)川崎市学校教職員互助会 :1,800円 → 1,000円
・横浜市職員厚生会 :1,800円 → 1,500円
・JP(ジャパン・ポリス)カード :1,800円 → 1,500円
・横浜市職員証 :1,800円 → 1,500円
・横浜市消防職員証 :1,800円 → 1,500円
・警察共済組合神奈川県支部 :1,800円 → 1,500円(5名まで)
・映演労連カード :1,800円 → 1,100円

チケット売り場で各種カード or 会員証を提示するだけで割引できるので、非常に楽です。

特にクレジットカード系は種類が多く、すでにお持ちになっている方も多いと思いますので、割引額は大きくありませんがさっと使いやすいと思います。

私は実は川崎フロンターレファンなんですが、川崎フロンターレの後援会に入っている場合も割引が適用されるのがうれしいですね!

コンビニで前売り券を購入する

関東にあるサークルKサンクス・セブンイレブン、全国のローソンでチネチッタの映画観賞券を購入すると、200円割引の1,600円でゲットすることができます。

とはいえ、上記で紹介している割引方法に比べると割引額が最も低いので、上記のいずれかの方法で割引した方が良いと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?チネチッタ自体、川崎に1劇場しかない映画館となるため、川崎区民のための映画館のような立ち位置です。もちろん、近く住んでいなくても用事があった時に映画を見ても全然良いと思います!

こちらで紹介したように、割引方法はたくさんあるので通常料金で見るのは非常にもったいないです。どうせ見るなら、割引を使った方が絶対に良いので、自分の使いやすい方法を使って割引料金で映画見てくださいね!

デイリーPlus – Yahoo! JAPANが提供する会員制割引優待サービス

スポンサーリンク

cinecitta-discount-price-method-main

秋のレジャーは割引優待サービスで賢くお得に!


秋のレジャーは割引優待サービス「デイリーPlus」で賢く節約しましょう!映画や温泉といった秋にピッタリのレジャー施設の大幅割引クーポンが多数! 通常、月額540円のところ今なら2ヵ月間無料で利用できます。しかも期間内に解約すれば料金はかかりません!