都内近郊のプール人気No.1!『東京サマーランド』のお得な割引クーポンをゲットする方法

都内から気軽に行けるプールで1番人気なのは東京サマーランドではないでしょうか?

毎年TVCMやニュース番組でも夏休みに行きたいレジャー施設として紹介されますよね!

特に、新宿から電車で約35分の立地と2014年に完成した大型のスライダー「DEKASLA(デカスラ)」が人気の理由のようです。

今年の夏に家族、友達グループ、カップルで東京サマーランドに行く計画を立てている方も多いと思います。

東京サマーランドで遊ぶには、もちろん入場料が必要になるんですが、ある方法を使うことで入場チケットを大幅な割引料金で購入することができるのをご存知でしょうか?

この割引方法を知らないと実は大きく損しているかも…

ということでこちらでは、その東京サマーランドのチケットを割引価格で購入する方法をご紹介したいと思います!

東京サマーランドの通常料金を確認

まずは東京サマーランドの通常料金を確認しましょう。

区分 入園券 フリーパス券
大人(中学生以上)
3,500円
4,500円
小学生
2,500円
3,000円
幼児・シニア(3歳未満・61歳以上)
1,800円
2,000円
区分 入園券 フリーパス券
大人(中学生以上)
3,500円
4,500円
小学生
2,500円
3,000円
幼児・シニア(3歳未満・61歳以上)
1,800円
2,000円

夏季シーズンと、通常シーズンで料金が結構異なりますね。夏季が高いのは仕方ないんですが、大人1名につき4,500円はなかなか高額です。

東京サマーランドのお得な割引クーポンをゲットする方法

デイリーPlus(プラス)の割引クーポンを利用する

Yahoo! JAPANが提供するデイリーPlusという会員制割引優待サービス経由で、お得な割引クーポンが配布されています。

– デイリーPlus(プラス)って何? –

デイリーPlus(プラス)は、登録されている全国90万件以上の割引サービスや特典を利用できる優待サービスです。月額540円(税込)の月額会費が必要になりますが、はじめて利用する方はこの540円の月額会費が2ヵ月間無料で利用することができるんです。

・【7月16日まで】おとなフリーパス:4,500円 ⇒ 3,100円(1,400円割引)
・【7月16日まで】小学生フリーパス:3,000円 ⇒ 2,700円(300円割引)
・【通常期間】おとなフリーパス:3,000円 ⇒ 2,900円(100円割引)
・【通常期間】小学生フリーパス:2,000円 ⇒ 1,900円(100円割引)
・【夏季期間】おとなフリーパス:4,500円 ⇒ 4,300円(100円割引)
・【夏季期間】小学生フリーパス:3,000円 ⇒ 2,800円(100円割引)
・【夏季期間】おとな入園券:3,500円 ⇒ 3,400円(100円割引)
・【夏季期間】小学生入園券:2,500円 ⇒ 2,400円(100円割引)

割引額は少ないですが、1年を通してフリーパスや入園料が100〜200円割引となります。

また、期間限定ではありますが、タイミング次第では1,000円以上の大幅割引プランがあるんです。

デイリーPlus(プラス)への登録自体はYhaoo!アカウントを持っていればすぐに登録できるので手間も全然かかりません。2ヶ月間の無料期間内に解約すれば月額料金も発生しませんので、こちらもうまく活用してくださいね!

家族や友達グループなど大人数で遊びに行くことが多いレジャー施設では、人数が増えれば増えるほどお得度は増していきます。

デイリーPlusの割引特典をうまく使ってお得に東京サマーランドを楽しんじゃいましょう!

デイリーPlus – Yahoo! JAPANが提供する会員制割引優待サービス

駅探バリューDaysで割引クーポンをゲットする

駅探しバリューデイズは、先にご紹介したデイリーPlsuとほぼ同様の会員制優待サービスです。唯一の違いは月額料金です。

・デイリーPlus ⇒ 月額540円(税込)
・駅探しバリューデイズ ⇒ 月額324円(税込)

と、「駅探しバリューデイズ」はデイリーPlusよりも月額216円お得になります。

ただしその分、”最初の2ヶ月間無料”といった無料期間がありません。

今後も継続して利用する場合は『駅探しバリューデイズ』、数回のみしか特典を利用しないのであれば『デイリーPlus』を利用するのがおすすめですね。

ちなみに、駅探しバリューデイズでチケットを購入した際には100円で1ポイント貯めることができ、楽天ポイントやnanaco、WAONに交換することもできます。

dエンジョイパスの優待サービスを利用する

デイリーPlusの会員優待サービスの中から更に割引特典を厳選し、そこにオリジナルの割引特典を加えているのが『dエンジョイパス』です。

・【通常期間】おとなフリーパス:3,000円 ⇒ 2,900円(100円割引)
・【通常期間】小学生フリーパス:2,000円 ⇒ 1,900円(100円割引)
・【夏季期間】おとなフリーパス:4,500円 ⇒ 4,300円(100円割引)
・【夏季期間】小学生フリーパス:3,000円 ⇒ 2,800円(100円割引)
・【夏季期間】おとな入園券:3,500円 ⇒ 3,400円(100円割引)
・【夏季期間】小学生入園券:2,500円 ⇒ 2,400円(100円割引)

しかも、初回31日間無料期間があるので、「この割引だけ利用したい…」なんて時には31日以内に解約すればタダでお得な特典を利用できちゃいます!

継続するにしても月額540円(税込)しかかからないので、すぐに元を取れると思いますよ。

ドコモが運営しているサービスですが、ドコモのスマホを契約していないと使えないというわけではないので、誰でも会員登録することができます。

オークションでチケットを購入する

ヤフオクには株主優待券や招待券の出品が多数見つけることができます。相場は大体、フリーパス大人1枚3,500円前後なので、デイリーPlusでの割引金額とほぼ差はないようですね。

もしかすると、さらに安く購入できる可能性もありますが、出品者との取引連絡や発送・受け取りを考えると、デイリーPlusで購入する方が手間は少ないと思います。

東京サマーランド公式サイトの割引クーポンを利用する

東京サマーランドの公式サイトではWEB限定の割引クーポンを配布しているようですが、<フリーパス>と<入園+プール>の通常料金から100~200円の割引とかなり少額割引なので、使わないよりは使ったほうがマシといったレベルです。

WEB割引クーポン | プールの東京サマーランド

京王アミューズメントパスポート(アメパス)

tokyo-summerland-ticket-discount-price-get-sub1

意外な割引方法の盲点なのでが、こちらです。京王グループが発行している、京王沿線の遊園地の施設利用券 (フリーパス) と電車の1日乗車券がセットになった、おトクなパスポート「アメパス」です。

電車運賃と東京サマーランドのフリーパス(4,500円相当)がセットになって4,110円なので電車で現地まで行く人にとっては、デイリーPlus割引金額を上回る可能性があるので、両者を見比べてお得な方を購入したいところですね。

アメパス|京王グループ

まとめ

都内から気軽に行ける人気No.1のプール「東京サマーランド」は夏になるとものすごい人で賑わっています。

多くの方が訪れると思いますが、今回ご紹介した割引方法を知っているか知らないかでは満足度が違ってきます。

浮いたお金で豪華に食事にありついても良し、次の休みにまたどこかへ遊びに行く資金しても良しです!賢く節約して、夏を満喫しちゃいましょう!

デイリーPlus – Yahoo! JAPANが提供する会員制割引優待サービス