HuluやdTVなど”映画見放題”が熱い!おすすめの動画配信サービス(VOD)まとめ

video-on-demand-service-main

最近、続々とサービスが開始されて盛り上がっている動画配信サービス業界。

2015年9月には会員数6000万人以上を誇る、世界最大の定額制の映画見放題サービス”Netflix(ネットフリックス)”が日本上陸を果たし、同じ9月には世界最大規模の通販サイトであるAmazonが、”プライム・ビデオ”という年会費を支払っているプライム会員向けに映画やTV番組の見放題サービスを日本でも開始したりと、映画好きには非常にうれしいことです。

もちろん、動画配信サービス(VOD)は各社ごとに料金や特徴が違うので、その人のライフスタイルによって、ベストなサービスは変わってきます。

今話題の動画配信サービスは、本当に色々なものが登場してきました。安さが売りのサービスや動画数が売りのサービス、その他にもマイナーなジャンルに特化した作品など多種多様です。そうなると必ず出てくるのが、

「どこの会社のサービスが良いの?」

ということ。

でも、「一概にこのサービスが良い!」とは言えません。なぜなら、利用する人の生活環境や利用する環境によって、お得になったり、逆に損する場合もあるからです。

ただ、各動画配信サービスはうれしいことに、無料で実際のサービスを試すことができる体験期間を設けているので、申し込みをする前に使い勝手を確かめることができるので安心です。

こちらでは、各動画配信サービスの内容や特徴をまとめてご紹介しています!

もし、それでも迷ってしまったら、当サイトがおすすめする動画配信サービスを選んでいただければ間違いありません!

どのサービスを利用したら本当にお得なのか?といった最大の疑問を解決する手助けができればと思っています。

動画配信サービスを選ぶ4つのポイント

1:見たい映画のジャンルで決める

一番重要だといっても過言ではありません。各動画配信サービスによって得意なジャンルは異なり、海外ドラマならHulu、アニメならdTV、最新映画ならWOWOWやU-NEXTなどそれぞれ分かれています。すべてのジャンルが万遍なく提供しているサービスは今のところありません。よって、まずは自分が見たい動画のジャンルを絞りましょう。そのジャンルを中心としてサービスを検討しましょう。

2:無料体験期間を使って実際に試す

調べて得られる情報だけでは限界があります。すべての動画配信サービスでは無料お試し期間が必ず用意されているので、これをうまく活用しましょう。百聞は一見にしかずといった言葉がある通り、「自分が使っているネット回線では、動画を問題なく見れるのか?」「視聴専用ページは使いやすいのか?」など実際に、試してみないとわからないことはたくさんあります。

3:月額料金と機能で検討する

基本的にはどのサービスを利用したとしてもコストパフォーマンスは非常に優れていると思います。しかし、提供している会社によっては月額料金が1,000円以上違うものがあります。もちろん、ただ高いというわけではなく作品数がものすごく多かったり、画質が綺麗になったりとそれ相応の機能が追加されているのです。ただ、自分が必要としない機能で料金が高くなってしまう場合があるので機能面もしっかりと考慮しましょう。

4:視聴スタイルで決める

自分が実際に動画を視聴するであろうシチュエーションをイメージしましょう。自宅で見ることがメインになりそうなら、簡単にPS3、4から視聴できるHuluだったり、通勤中にスマホやタブレットで見ることがメインなら電波が悪いところでも視聴できるダウンロード機能付きのU-NEXTだったりと、視聴スタイルによって変わってきます。自分の環境に合ったサービスを検討することが大事です。

話題の海外ドラマ満載!Hulu / フールー

hulu_main

Huluは日本で最初にビデオ・オンデマンド(VOD)サービスを流行らせた立役者とも言えるサービスです。テレビCMも結構やっているので知ってる人も多いでしょう。Huluの特徴はなんといっても、海外ドラマに強いことで、米国で放送後、すぐにHuluでの取り扱いが始まりまります。他のサービスよりも断トツに早いと思います。連載物のドラマは続きが気になるので、すぐに続きが見れるのは非常にポイントが高いです。海外ドラマを中心に見たいと思っている方はHulu(フールー)で間違いないと思います!また、PS3やPS4での再生にも対応しているので、セットトップボックスを用意しなくても自宅に大画面で視聴することでもできます。

サービス体系 定額制
月額料金 月額933円(税抜き)
無料お試し期間 2週間の無料トライアル
画質 HD画質(ブルーレイ画質)
動画本数 10,000本以上
オフライン再生 不可
STB / セットトップボックスとは?
STB / セットトップボックスとは地上波の放送やビデオ・オンデマンドなどの放送信号を自宅のテレビで視聴できるような信号に変換する装置のこと。B-CASカードがそれにあたる。動画配信サービスでは、dTVターミナルやクロームキャストなどがよく使われています。

雑誌も見放題&圧倒的な動画本数!U-NEXT / ユーネクスト

u-next-main

U-NEXTは、他の動画配信サービスとは少し違ったサービスを提供しており、月額1,990円と高めの価格設定に見えますが、毎月1,000円分のU-NEXT内で使用できるポイントが付与されます。このポイントを使って新作のタイトルを視聴することが可能です。さらに、豊富な雑誌も見放題となっていることがなんといっても特徴で、ファッション誌から家電系の雑誌まで幅広く取り扱っており、本屋に行く必要がない程のラインナップは賞賛に値します。”動画”という括りではなく、総合エンターテイメントサービスと言えると思います。映画も雑誌もという欲張りな方にはU-NEXTをおすすめします!

サービス体系 定額制+PPV
月額料金 月額1,990円(税抜き)
※ 毎月1,000円相当のポイントがもらえます。
無料お試し期間 31日間の無料トライアル期間
画質 ・一部の作品はHD画質(ブルーレイ画質)
・一部の作品はSD画質(DVD画質)
動画本数 110,000本以上
オフライン再生 スマホ・タブレットで使えるアプリでのみ可能

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

PPV / ペイ・パー・ビューとは?
PPV / ペイ・パー・ビューとは、”都度課金”のこと。最新のレンタル作品などは見放題の中に入っていないので、300円前後から単品で購入することになります。そのことを”PPV”方式と呼びます。

4K画質にも対応!世界最大のNetflix / ネットフリックス

netflix-main

2015年9月に日本上陸を果たした、動画配信サービス界の黒船。世界6000万人以上の会員を持つ世界最大の定額制動画配信サービスです。その特徴は現時点で唯一4K画質の動画を配信しています。4K対応のテレビをお持ちで、最高の画質で映画を楽しみたいならNetflix(ネットフリックス)一択です!また、最大4つのアカウントを家族でシェアすることが可能となっているので、一人一つお金を払う必要がないことも人気の理由です。まだサービスを開始したばかりなので、他の動画配信サービスと比較すると、動画本数は少な目です。しかし、今後はどんどん作品が増えることを名言しているのでこれからに期待です!NetflixもHuluと同様PS3などのゲーム機に対応しているので、自宅のテレビで視聴も簡単です。

サービス体系 定額制
月額料金 3種類のプラン

ベーシック :月額650円(税抜き)
スタンダード:月額950円(税抜き)
プレミアム :月額1,450円(税抜き)

無料お試し期間 1ヶ月間の無料体験期間
画質 プランによって異なる
ベーシック :SD画質
スタンダード:HD画質
プレミアム :HD画質&UHD(4K画質)
動画本数 未発表
オフライン再生 不可
4K画質 / UHD
4K画質 / UHDとは現時点での、”最高画質”のこと。HD(ハイビジョン)やHHD(フル・ハイビジョン)のさらに上のUHD(ウルトラ・ハイビジョン)。4K対応のテレビでないと、この画質では見れないので注意が必要です。

毎月新作タイトル2本付き!TSUTAYA TV / ツタヤ TV

tsutaya-tv-main

TSUTAYA TVは2015年9月末にリニューアルを行い、これまでツタヤディスカスでネット宅配だけのサービスを展開していましたが、新たに月額993円からの定額制見放題サービスを開始しました。TSUTAYA TVの特徴は毎月新作タイトルを視聴できるポイント1,000円のポイントが付与されるため、他の動画配信サービスでは無料で視聴できないような新作タイトルも月に2本見ることができるのです。非常にコストパフォーマンスが良いと言えるでしょう。

サービス体系 定額制+PPV
月額料金 2種類のプラン

・動画見放題プラン:月額993円(税抜き)
・動画見放題&ネット宅配プラン:月額2,417円(税抜き)
※ 毎月1,080円相当のポイント付き

無料お試し期間 30日間の無料お試し期間
画質 ・一部の作品はHD画質(ブルーレイ画質)
・一部の作品はSD画質(DVD画質)
動画本数 約50,000本以上
オフライン再生 可能

30日間の無料お試し期間あり!映画見放題+ネット宅配のハイブリットサービス!

最安級の動画配信サービス!dTV / ディーティービー

dtv-main

以前までdocomoユーザー限定のサービスでしたが、現在では全キャリア登録することができます!Amazon プライム・ビデオの登場で、動画配信サービス最安料金ではなくなってしまいましたが、それでも月額500円のワンコインから10万本を超えるコンテンツを楽しめることに変わりはなく、高コストパフォーマンスです。dTV(ディーティービー)はインターネット環境がないところでも、事前にネットのできるところで作品をダウンロードしておくことで視聴することができるので、スマートフォンやタブレット端末で映画を楽しむのに適していると思います!自分の生活スタイルの中で、ネットが使えない状況下が多い方におすすめです!

サービス体系 定額制+PPV
月額料金 月額500円(税抜)
無料お試し期間 31日間の無料お試し期間
画質 4段階で選択

・【すごくきれい】(ほぼブルーレイ画質)

・【きれい】(DVD画質)

・【ふつう】(DVD画質)

・【HD】(ブルーレイ画質)

・【自動】
回線状況に応じて自動で最適化(スマホアプリでのみ)

動画本数 約120,000本以上
オフライン再生 可能

「dTV」ムゲン楽しい映像配信サービス

コスパ最強の新サービス!Amazon プライム・ビデオ

amazon-prime-main

ついに登場した、プライム・ビデオ。本国のアメリカではすでにサービスが開始されていましたが、日本でもサービスを開始しました。まだサービス開始間もないためNetflix同様に動画の本数は少ない印象です。しかし、アメリカ版のプライム・ビデオは凄まじい本数がプライム会員は見放題となっているので、今後は爆発的に見る事のできる本数が増えていくと予想できます。Amazonで買った商品がほぼ翌日届く”お急ぎ便が無料”が使い放題な上、他にも会員限定の色々なサービスが受けられるのに月額換算325円で動画が見放題となるのはなんとも魅力的です!ただ、年会費ということで一括で3,900円を支払わなければならないことが唯一の欠点かもしれません。

サービス体系 定額制+PPV
月額料金 月額換算325円
無料お試し期間 30日間の無料トライアル
画質 使用するデバイスによって異なる
・一部の作品はHD画質(ブルーレイ画質)
・一部の作品はSD画質(DVD画質)
動画本数 未発表
オフライン再生 可能
※ iOS端末、Fireタブレットシリーズのみ

まとめ

今、色々な選択肢がある動画配信サービスですが、やはり自分のライフスタイルに適したサービスを使うのが一番良いです。まずは自分が”どのポイント”を重視するのか決めて、選ぶようにすると迷うことなく決められるかもしれません。

そして、冒頭でも言いましたが、すべてのサービスでは無料お試し期間が必ず用意されているので、実際にそのサービスを試してみることを強くオススメします。

スポンサーリンク

video-on-demand-service-main

映画もアニメもドラマも雑誌も読み放題なのはU-NEXTだけ!


日本最大級の動画配信サービスといえばU-NEXT!映画・アニメ・海外ドラマなど12万本以上のラインナップの他、70誌以上の雑誌も見放題! さらに毎月1,000円分のポイントも貰えるなんて太っ腹すぎる…いまなら30日間無料なのでいそげ!