【2018年2月最新版】リップル(XRP)を購入できるおすすめの取引所ランキング!

私はリップル(XRP)の可能性を信じている”ガチホリップラー”なんですが、最近ではリップルの知名度が相当上がったと感じています。

ビットコイン(BTC)と比べると、価格がまだまだ安いので少しのお金でも数百枚・数千単位、またはそれ以上でも持てるのも魅力の1つなので、そういった理由でリップル(XRP)の購入を検討している方も多いと思うんですね。

ただ、最近は仮想通貨の盛り上がりと共に、リップル(XRP)を買える取引所が多くなってきました。そこで出てくるのが、「取引所って何が違うの?」ということ。

そこで、こちらの記事ではリップル(XRP)を購入できるおすすめの取引所をランキング形式でご紹介したいと思います。

あくまで、個人的なランキングなので、自分で納得のいった取引所でリップル(XRP)を購入してくださいね!

リップル(XRP)は銀行送金に革命を起こす仮想通貨


リップル(XRP)とは?

リップル(XRP)は将来、銀行間の送金や個人間の送金に使われる技術を有しています。

リップルとは3つの側面から説明ができます。

まず、法人としてのリップルです。Ripple Labs, INC.という社名で社長はChris Larsenです。

次に、プロトコルとしてのリップルです。プロトコルとしてのリップルは決済や送金の為の電子送金プロトコルです。ブロックチェーンを使用しない為、即時送金が可能。Ripple Labsが法定通貨等との交換を保障します。

最後に、仮想通貨としてのリップル(XPR)です。XRPは“ゲートウェイ”と呼ばれる業者を通して法定通貨やビットコインと交換することができます。リップルプロトコルで法定通貨を送付するときにXRPを消費します。

ビットフライヤーより引用

ちょっと専門用語もあり小難しい感がありますが、ザックリいうと「これまで国際送金にかかっていた時間・手数料が圧倒的に早く・安くなる」ということです。

銀行を介して海外送金をしたことがある方ならわかると思いますが、手数料が2,000円以上と死ぬほど高い上、着金まで数時間〜数日かかります。

これがリップル(XRP)のネットワークを利用することで、手数料は最安級、着金まで数秒となるんですね。

世界各国の送金会社・銀行がリップルネットワークを使用する流れとなっていて、個人的にはGoogleの投資部門が出資している点に大きく注目しています。

リップル・ラボはこれまでにグーグル・ベンチャーズの他、米投資会社のアンドリーセン・ホロウィッツやファウンダーズ・ファンド、中国のIDGキャピタルパートナーズなどから合計650万ドル(約6億5000万ドル)を調達した。

日経ビジネスオンラインより引用

※ あくまで個人の学習からの情報なので参考程度としてくださいね。

チャート

詳細情報

公式サイト https://ripple.com/jp/
最大供給量 1,000億XRP
公開日 2016年10月10日
ホワイトペーパー 詳細はこちら

リップル(XRP)を購入できるおすすめの取引所ランキング

まず、結論からお伝えすると、国内の仮想通貨取引所で取引高No.1で通貨の取扱も日本では1番多いbitbank(ビットバンク)が最もおすすめです!

取引所へアクセスする時の注意点

仮想通貨取引所へアクセスする際に、検索結果に表示されるリンクを踏んでしまった所、フィッシング詐欺に合い3桁BTCを盗難されたそうです。

自分で取引所の名前を検索してアクセスするのは結構リスキーな気がします。

このような事態を避けるために、取引所へアクセスする場合はURLを直打ちするか、信頼のおけるブログやサイトに貼ってあるリンクからアクセスすることを強くおすすめします!そして、そのままブックマークに入れて、以降はブックマークからのみアクセスするようにしてください。

※ 当サイトのURLも確実に問題ない正規のURLなのでご安心ください。

第1位:bitbank / ビットバンク

https://bitbank.cc/

2014年5月に開設した仮想通貨取引所。

とにかく日本円からリップル(XRP)を買うだけなら、手数料が他の取引所よりも圧倒的に安いので最もおすすめですね。初心者の方は、まず日本円で仮想通貨を購入することになるので手数料の差は大きいですよ。

さらに期間限定ですが2018年3月31日まで全通貨の売買手数料が無料になるキャンペーンを行っているので、なるべく手数料を抑えて売買したい方には非常におすすめ!ガチホする方にはそこまでのメリットはないかも…

ただ、簡単にスマホから購入できるcoincheckとは違い、ビットバンクは購入までの道のりが初心者の方には難しいので、”手数料”と”操作性”のどちらを取るかでしょうか。

仮想通貨のニュースサイト「ビットコインニュースBTCN」を運営しているので、こちらもチェックしてみてください。

・他の取引所よりも安くリップル(XRP)を購入できる
・お得なキャンペーンが頻繁に実施される
・やろうと思えばビットコインFXだってできる

第2位:DMM Bitcoin

https://bitcoin.dmm.com/

2018年1月10日に開設された新しい仮想通貨取引所です。広告塔に知名度のあるローラさんを起用しているので、親近感がありますね。

DMMビットコインの特徴は、やはり「アルトコインのレバレッジ取引ができる」ことでしょうか。ビットコインFXは他の取引所でも可能ですが、リップル(XRP)をはじめとしたアルトコインのFXができるところほぼありませんでした。

とはいえ、初心者の方は迂闊にFXには手を出さない方が無難ですよ…

今なら、2018年3月31日までに新規口座開設を完了したユーザーにもれなく1,000円のプレゼントキャンペーンが実施されているので、この機会にぜひ!

・アルトコインのレバレッジ取引ができる
・チャート画面がとても見やすい&使いやすい
・現物取引手数料&入出金手数料が無料

DMM Bitcoin専用アプリもリリースされています。

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin
無料
posted with アプリーチ

第3位:GMOコイン

https://coin.z.com/jp/

大手GMOグループが運営しています。

主にビットコインFXを行う方がよく使ってる印象ですが、2018年からはビットコイン以外にもアルトコインでのレバレッジ取引を開始するそうなので、リップル(XRP)でのレバレッジ取引を行いたいという方は登録しておくと良いと思います!

GMOは仮想通貨のマイニング事業も積極的に取り組んでいることもあって、今後取扱い通貨も増やしていくと思われるので、口座開設自体はしておいても良さそうな取引所です。

キャンペーン期間中は口座開設&段階認証設定を完了すれば、20,000satoshi貰えます。

・最大25倍のレバレッジ取引が可能
・第三者に引き出された仮想通貨を最大100万円まで保障
・スマホでサクサクと取引できる

ビットコインFX用ですが、専用のアプリもリリースされています。

GMOコイン公式仮想通貨FXアプリ ビットレ君

GMOコイン公式仮想通貨FXアプリ ビットレ君
開発元:GMO Coin, Inc.
無料
posted with アプリーチ

第4位:coincheck / コインチェック

https://coincheck.com/

最低1,000円からリップル(XRP)をはじめ、色々な仮想通貨を購入可能できます!

2018年1月現在で、13種類の仮想通貨を取り扱っていて、取扱総数は日本の取引所で最多。ビットコイン・イーサリアム・リップル(XRP)・NEMをすぐに購入して分散投資だって簡単にできるのがポイントです。

第三者による不正アクセスによる補償制度も用意されていて、最大100万円まで保証してくれます。(ただし、適用条件あり)

特に初心者にはおすすめで、クリック数回(アプリならタップ数回)でサクッとリップル(XRP)を購入できてしまうんですよ。

最初の購入の段階で嫌になることがないのは、単純に初心者の方にはうれしいですね。

・通貨の取扱いが日本で1番多い
・第三者に引き出された仮想通貨を最大100万円まで保障
・スマホでサクサクと取引できる

アカウントの開設が終わったら一緒に専用アプリもインストールすることをおすすめします!

スマホからすぐの仮想通貨を買えますし、取引所公式アプリとして1番使いやすいこともあっておすすめ第1位に押しています。

ビットコインウォレット Coincheck

ビットコインウォレット Coincheck
開発元:Coincheck, Inc.
無料
posted with アプリーチ

第5位:BitTrade / ビットトレード

https://bittrade.co.jp/

ビットバンクにかなり近い仮想通貨取引所です。というのも、ビットバンクと同じシステムを採用しているからです。

他の人気の取引所と比べると、仮想通貨の売買量(販売量)が圧倒的に少ないので、自分が欲しい数量を購入できない可能性もあります。

正直、coincheckやビットバンクに比べると、相当見劣りするので優先的に登録したほうが良い!と声を大にして言えないかもしれませんね…

・他の取引所よりもアルトコインの手数料が安い
・ビットバンクに慣れていればすぐに使える

第6位:BITPOINT / ビットポイント ※ 2018年2月18日取扱い開始予定

https://www.bitpoint.co.jp/

まだリップル(XRP)の取扱は開始されていませんが、2018年2月18日より取扱いがスタートする予定です。

BTC送金手数料・現物取引手数料が無料なので、今後取り扱うアルトコインをビットコイン建てで購入したいユーザーから人気が出ると推測されます。

ビットコインのレバレッジ取引も25倍で行えますし、今後はアルトコインでのレバレッジ取引ができるようになる可能性も高いですね。

・ビットコインFXができる
・BTC送金手数料・現物取引手数料が無料
・東証マザーズ上場の信頼感

第7位:Xtheta / シータ ※ 2018年2月1日サービス開始

https://xtheta.co/

2018年2月1日からスタート予定の新サービス。

取引所では自分ですべて判断して売買しますが、シータは仮想通貨運用のアドバイザーが個人個人にプランニングしてくれて、納得がいけば購入するというスタイル。

なので、「まったく仮想通貨がわからないし、忙しく勉強する時間もないけど、運用はしたい」といったニーズにマッチするのではないかと思います。

ただし、その分購入時の手数料は取引所で購入するよりも高額なので注意してください。

・専門のアドバイザーが仮想通貨の運用をサポート
・面倒くさがりな方・忙しい方には良さそう

リップル(XRP)の保存・保管方法

リップル(XRP)を購入したまま取引所に置きっぱなしにしている方も多いと思います。というかほとんどの場合そうでしょう。

でも、取引所に置きっぱなしにするのは、実は結構危なかったりします。

というのも、世界的な仮想通貨ブームの影響の裏で、そのブームに乗ったハッカー達のハッキング被害が相次いでいます。

「2段階認証してるから関係ないね!」と思ったそこのあなた!2段階認証すら突破されるので、その慢心は危険ですよ…

せっかく値上がりして儲かったのに、ハッキング被害にあってすべて盗まれる…最悪のシナリオですよね。

被害にあってからでは遅いので、自分の中で「まずい…」と思ったら即行動しましょう!

仮想通貨はハードウェアウォレットで”物理的”に保管しよう!

仮想通貨という最先端技術を持った通貨の取引をしているのに、まさかこんな原始的な方法で保管するとは最初は夢にも思いませんでした。

ハードウェアウォレットとは、仮想通貨をコインチェックやザイフといった仮想通貨取引所ではなく、手元のハードウェア(USBメモリのような物)に保管するため仮想通貨専用の保存機器のことです。

取引所に置かれている限り、ハッキングによる盗難のリスクにさらされている状態なので、ネットから完全に切り離し、手元のハードウェアにしまって置こうという考えですね。

「自宅で仮想通貨を保管するための金庫」というのが1番しっくりきます。

人によって感覚がことなるので、◯円以上ならという言及は避けますが、自分の中で”高額だな”と思うのであれば、ハードハードウェアウォレットで仮想通貨を保管することを推奨します。

ハードウェアウォレットで”物理的”に保管するメリット・デメリット

ハードウェアウォレットはセキュリティ対策として非常に効果的ですが、デメリットも存在します。

メリット

・完全にオフラインでの保管となるのでハッキングされることはない。
・取引所が万が一倒産しても関係なし

仮想通貨の世界は何があるかわかりません。

二段階認証をしていてもハッキングされて自分の資産を盗まれている人もいれば、マウントゴックス事件にあったように取引所が破産し、預けていたお金が返ってこなかった人もいます。

ハードウェアウォレットを利用すれば、ハッキングされて資産を盗まれたり、取引所が倒産してお金が返ってこないというリスクを排除できる点がメリットですね。

デメリット

・「リカバリフレーズやリカバリシード」を紛失すると仮想通貨を取り出せない

デメリットは、ある程度の専門知識が必要なことでしょうか。

私は最初は「秘密鍵」ってなんだ?!という感じでしたが、ハードウェアウォレットの説明書を読めば理解できました。

ただ、リカバリフレーズやリカバリシードと言われる”暗証番号”的な物をしっかりと厳重に保管しなければなりません。

万が一、これらを紛失(忘れてしまう)とハードウェアウォレットに入れた仮想通貨を二度と取り出せなくなるので、注意する必要があります。

ハードウェアウォレットは人気のLedger Nano S(レジャー ナノS)がおすすめ!

※ 昨今の仮想通貨の盛り上がりの影響で、品薄な状態が続いているので購入を検討している方は急いだ方が良いですよ!

ハードウェアウォレットを初めて購入するなら、1番人気でメジャーなLedger Nano S(レジャー ナノS)がおすすめです!

– 対応通貨 –
ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ドージコイン(DOGE)、ジーキャッシュ(ZEC)、ダッシュ(DASH)、ストラティス(STRAT)、リップル(XRP)、ビットコインキャシュ(BTH)、コモド(KMD)、イーサリアムクラシック(ETC)、アーク(ARK)、他3種

マイナーコインはほぼ対応していませんが、BTC、ETH、XRPといった主要な仮想通貨は網羅しています。

Ledger Nano S(レジャー ナノS)の使い方は、公式ページで丁寧に動画で紹介されているので、実際に利用する際のハードルも割りと低いです。

セキュリティに関してはほぼ完璧。

ビルトインディスプレイで、仮想通貨の送金などは物理的なディスプレイとボタンを使って行うため、万が一パソコン自体をハッキングされても安全。

Ledger Nano S(レジャー ナノS)は独自のアプリケーションを利用しますが、MyEtherWalletやElectrumといったアプリケーションの利用も可能です。

公式サイトでの購入にはAmazon Payが使えるので、Amazonアカウントさえ持っていれば個人情報などの入力をする手間も省けるので簡単に注文することができます!

Amazon・楽天・ヤフオク・メルカリでは購入しないほうが良い

Ledger Nano S(レジャー ナノS)は、Amazonや楽天といったネット通販やヤフオクやメルカリにも出品されていると思いますが、個人的にこれらのサイトで購入するのはおすすめしません。

というのも、一度は人に手に渡ったハードウェアウォレットに何かしらのウィルス的なプログラムが仕掛けられていないという保証はないからです。

これはAamzonや楽天に出品しているショップだろうと同じです。

Ledger Nano S(レジャー ナノS)を購入するなら、必ず正規代理店の公式サイトから購入するようにしてくださいね!