新型キャデラック3列SUV【XT7】の最新情報をまとめてみた

アメリカでの高級車ブランドと言えば、古くからあるキャデラックが有名です。

しかし「アメ車=燃費が悪い」というイメージが先行して、優れた4気筒モデルなど販売していますが今一つ元気がないようにも見えます。

そんなキャデラックが新型3列SUVを開発中との噂が。

今回はその新型SUVとして騒がれている「XT7」の最新情報をまとめてみました!

キャデラックEscalaSUVレンタリング画像1
引用元:rmcardesign.com

新型キャデラックSUV【XT7】とは

新型キャデラックSUVとして販売される可能性が高いXT7は、現在販売されているキャデラックSRXとキャデラックエスカレードの中間に位置するモデルです。

昨今のメルセデスやBMWのように、各クラスの感覚を埋める為に開発される車両と言われています。

デトロイトのゴシップによれば、エントリーレベルのXT1、GLCクラスに匹敵するXT3コンパクト、そして最も発売される可能性が高いXT7と呼ばれる3列のフラッグシップを含む、いくつかの4×4キャデラックが今後5年間で発売される予定です。

According to the Detroit gossip, several 4×4 Cadillacs will be launched in the next five years, including the entry-level XT1, the XT3 compact that will rival the GLC-Class and a 3-row flagship that’s likely to be called XT7.
引用元:autoevolution.com

慎重派ゴリラの提案
保険代を見直して、購入に備えませんか?
少しの手間で頭金の一部を貯めれますよ!
もちろん無料!少しの手間(3分)で大きなコストダウン!

新型キャデラックSUV【XT7】のプラットフォーム

新型キャデラックXT7のプラットフォームはGMC acadia
引用元:gmccanada.ca

新型キャデラックSUVのプラットフォームとなるのは、GMCのAcadiaと言われています。

キャデラックXT7は、まったく新しいGMC Acadiaを支える長いホイールベースのプラットフォームバージョンを採用します。

The Cadillac XT7 will ride on a long-wheelbase version of the platform that underpins the all-new GMC Acadia.
引用元:leftlanenews.com

ちなみにこのAcadiaの車両サイズですが、全長4,917mm、全幅1,916、全高2,857mmと

非常に大きい車両サイズとなっています。日本車で言えば、トヨタのランドクルーザーより少し小さいぐらいとなっています。

新型キャデラックSUV【XT7】のデザイン

新型キャデラックSUV【XT7】のデザインとして、現実的なところではCT6を継承したものが採用される見通しですが、一部海外メディアではコンセプトカーとして先日発表された「Escala」を継承するのではないかと言われています。

キャデラックCT6
引用元:www.cadillacjapan.com

XT7は、CadillacのCT6セダンとXT5の小型クロスオーバーのスタイリングキューの多くを採用する予定です。
The XT7 is expected to adopt many of the styling cues from Cadillac’s CT6 sedan and XT5 small crossover.
引用元:leftlanenews.com

キャデラックEscala
引用元:media.cadillac.com

あなたはスーパーセクシーなEscalaのコンセプトと、それが将来のキャデラックのデザインをどのように成り立たせるかを既にに知っているかもしれません。
しかし、それがSUVだったら、Escalaはどのように見えますか?
You might already know about the super-sexy Escala concept and how it could preview future Cadillac designs.
But what would the Escala look like if it were an SUV?
引用元:autoevolution.com

autoevolutionが凄いのは、XT7のデザインをEscalaを基にしてレンタリング画像まで作ってしまった所です。

キャデラックEscalaSUVレンタリング画像1
引用元:rmcardesign.com
キャデラックEscalaSUVレンタリング画像2
引用元:rmcardesign.com

慎重派ゴリラ
確かにEscalaを基にしたXT7のデザインは非常に魅力ですね!アメ車好きなゴリラもこんなSUVがキャデラックから発売されたら、値段はともかく購入候補に挙がります!

新型キャデラックSUV【XT7】のテスト車両

新型キャデラックSUVとして様々な情報があるXT7ですが、実は既にテスト車両が海外メディアによって紹介されています。


引用元:leftlanenews.com

引用元:leftlanenews.com

引用元:leftlanenews.com

引用元:leftlanenews.com

引用元:leftlanenews.com

引用元:leftlanenews.com

引用元:leftlanenews.com

引用元:leftlanenews.com

引用元:leftlanenews.com

引用元:leftlanenews.com

引用元:leftlanenews.com

慎重派ゴリラ
う~ん、かなり大きいサイズですね。アメ車らしいサイズ感と重量感がカモフラージュされても感じる事が出来ます。

新型キャデラックSUV【XT7】のエンジン

海外メディアからは、基本は3.6Lの6気筒エンジンに加えてターボチャージャやプラグインハイブリッドが検討されていると報告されています。

XT7モデルは、XT5のボンネットの下にある同じ3.6L V6によって動力が供給されますが、ターボチャージャーのパワートレインの報告も聞きました。プラグインハイブリッドドライブトレインも可能です。
Most XT7 models will be powered by the same 3.6L V6 found beneath the hood of the XT5, but we’ve also heard reports of a turbocharged powertrain. A plug-in hybrid drivetrain is also a possibility.
引用元:leftlanenews.com

慎重派ゴリラ
最近のアメ車は信じられない程燃費が良くなっているのはご存知ですか?重量級モデルでもリッター10kmに迫る燃費を叩き出します。しかも油種はレギュラー対応であったりと昔とは大きく異なっています。

新型キャデラックSUV【XT7】が気になったら

新型キャデラックXT7が気になった方、まだ車両が販売される前ですが少しづつ購入に向けて準備しても良いかもしれません。

準備とは、今の車の価格を調べる事。理由は「前準備次第で車の値引き金額が大きく変わる」からなんです!

当たり前のことではありますが、販売開始直後の車種はなかなか値引き額が少ない事が多いです。

そりゃそうですよね…、販売側だって黙ってても売れる新型車(人気車両ならなおさらです)をわざわざ大きく値引いてまで販売はしないはず。そんな事したら利益となる額がどんどん少なくなってしまいますよね。

そこで少しでも値引き額を大きくする最後の手段として下取り価格の増加がある訳です。

ディーラーでは良くこんな会話がされています。

慎重派ゴリラ
本体価格から5万円の値引きかぁ…無理なお願いかも知れないけれどもう少し値引きしてもらう事は出来ませんか?
ディーラーマン
そうですね…私どもも精一杯のお値引きなんですが…それでは、下取り価格を他社さんよりも大きく買い取るように頑張らせてください!

下取り…つまり現在所有している車両を売った金額で新しく乗り換える予定の車両の値引きを行う事を言いますがほとんどの方がこの下取り価格で失敗している事はご存知ですか?

ディーラーマン
大変お待たせしました。お客様が現在乗られている車両ですが、走行距離も少ないし目立った傷が少ないので、50万円で下取りさせていただきますがいかがでしょうか?
慎重派ゴリラ
えっ!?50万円!!(…さっきまで、値引き額で粘り強く交渉して5万円だったからこれは大きく値引きしてくれた!それだけ大きな値引き額になればいいかな…)そんなに高く買い取ってくれるなんて、ありがとうございます。それではその下取り価格で問題ありませんので契約の手続きをお願いします!
ディーラーマン
ありがとうございます。それでは手続きして参りますので暫くお待ちください。
ははは、他社ではおよそ80万円が相場だから30万円も儲かった!このまま契約まで一気に進めてしまおうっと♪

…そうなんです。ゴリラも昔に一度やってしまった失敗談を紹介させていただきましたが

現在乗っている車の価格も調べないで、値引き交渉をするのは損するのが当たり前です!
最低限、現在の車の価格は前もって認識した上で値引き交渉をしましょう

きちんと今乗っている車の適切な買い取り金額が分かっていれば、値引き交渉も優位に進められますよ!

ディーラーマン
大変お待たせしました。お客様が現在乗られている車両ですが、前期型の車両で走行距離も少ないし目立った傷が少ないので、50万円で下取りさせていただきますがいかがでしょうか?
慎重派ゴリラ
えっ!?50万円!!(…この間一括査定サイトで自分の車の価格を調べたら最も高い買い取り金額で90万円だったな…)それはちょっと相場より安いですよ!この間、私の方でも調べてみたら相場として80万から90万で買い取り依頼がありましたよ?
ディーラーマン
しっ失礼しました!私の方で誤って調べてしまった可能性もありますので、大変恐縮ですが再度確認して参ります。今しばらくお待ちください…(…ぐっこのお客様は下準備が念入りだから小手先のテクニックは通じないな…)

車の査定は様々な会社がサービスを提供していますが、信頼性と丁寧さで大手リクルート社が運営しているカーセンサーがお勧めです。

慎重派ゴリラのメッセージ
カーセンサーの下取り価格調査サービスは以下がポイントです。
1. もちろん無料!お金は一切掛かりません。
2. 1社ずつ下取り価格を調べる手間が省ける
3. 一番高く買い取ってくれる業者が分かる!





慎重派ゴリラのメッセージ
3分間程度の手間で10万円以上の差
出るなら調べないともったいない!少しの手間でオプション装備が
買えてしまいますよ!

スポンサーリンク

新型キャデラック3列SUV【XT7】の最新情報をまとめてみた

簡単60秒であなたの愛車を一括査定!


簡単60秒であなたの愛車を一括査定できます!最大7社の一括見積なので、比較して最高額を選べるのがポイントです! 最大で数十万円違うこともあるので、愛車の売却を検討しているなら、絶対に一括査定しないと損をします!