2017年版【苗場スキー場】リフト券の割引クーポン情報まとめ

こちらでは新潟最大のゲレンデである【苗場スキー場】のリフト券を割引価格で購入できるクーポン情報についてまとめています。

バスツアーや新幹線ツアー以外で利用する方はリフト券を現地で購入することになると思うので、必ずお得な割引クーポンを使ってリフト券を購入するようにしてくださいね!

ご紹介するのは通常の”1日券(苗場エリア1日券)”の割引方法となります。

2017年版【上越国際スキー場】リフト券の割引クーポン情報まとめ

2016.12.29

【苗場スキー場】の通常料金

【苗場スキー場】の一般的なシーズン(12/10~12/28、1/4~4/2)通常料金は以下の通りです。

券種 大人 シニア 中高生 時間
1日券 5,000円 4,500円 4,000円 開始~5:00P.M.
2時間券 3,700円 3,700円 3,700円 購入~2時間
5時間券 4,500円 4,500円 4,500円 購入~5時間

※ 上記料金は12/10~12/28、1/4~4/2まで

スポンサーリンク







【苗場スキー場】の割引クーポン情報

デイリーplus(プラス)で割引クーポンをゲットする

Yahoo! JAPANが提供する『デイリーPlus(プラス)』という会員制割引優待サービスに登録し、そこで割引クーポンをゲットできます。

– デイリーPlus(プラス)って何? –

デイリーPlus(プラス)は、登録されている全国90万件以上の割引サービスや特典を利用できる素晴らしい優待サービスです。ただし、月額540円(税込)の月額会費が必要になります。はじめて利用する方はこの540円の月額会費が2ヵ月間無料になります。

この割引クーポンを利用すれば、

・大人【場内利用券1,200円分付き】:6,200円 ⇒ 5,500円(700円割引)
・シニア【場内利用券1,200円分付き】:5,700円 ⇒ 5,000円(700円割引)
・中高生【場内利用券1,200円分付き】:5,200円 ⇒ 4,500円(700円割引)
※ 2/29~1/3、4/8~5/7用の割引クーポンもあります

となります。食事にも使える場内利用券が1,200円分付きでこの価格は相当お得です!

デイリーplusでは苗場スキー場以外にも新潟県の様々なスキー場の割引クーポンも多数取り扱っているので、1シーズンで色々なゲレンデに滑りに行くという方にも特におすすめですよ。

・岩原スキー場
・苗場スキー場
・上越国際スキー場
・舞子スノーリゾート
・神立高原スキー場
・石打丸山スキー場
・かぐらスキー場
・シャルマン火打スキー場
・六日町八海山スキー場
・妙高杉ノ原スキー場
・NASPAスキーガーデン
・湯沢中里スキー場
・湯沢高原スキー場
・GALA湯沢スキー場
・キューピットバレイ
・湯沢パークスキー場
・赤倉温泉スキー場
・ムイカスノーリゾート
・ニュー・グリーンピア津南スキー場
・赤倉観光リゾートスキー場

他のスキー場の割引情報を見る

登録自体はYhaoo!アカウントを持っていればすぐに登録できるので手間も全然かかりません。無料期間内に解約すれば月額料金も発生しませんので、こちらもうまく活用してくださいね!この割引が使える期間は2017年05月07日までとなります。

デイリーPlusのクーポンは提示するだけでも問題ないはずですが、念のため印刷して持っていくようにしてくださいね。

公式サイトの割引クーポンを利用する

苗場スキー場の公式サイトで、割引クーポンが配布されています。

このクーポンを利用すると、

・大人【ソフトドリンク付き】:5,300円 ⇒ 5,100円(200円割引)
・シニア【ソフトドリンク付き】:4,800円 ⇒ 4,600円(200円割引)
・中高生【ソフトドリンク付き】:4,300円 ⇒ 4,100円(200円割引)
・大人【場内利用券1,200円分+ソフトドリンク付き】:6,500円 ⇒ 6,000円(500円割引)
・シニア【場内利用券1,200円分+ソフトドリンク付き】:6,000円 ⇒ 5,500円(500円割引)
・中高生【場内利用券1,200円分+ソフトドリンク付き】:5,500円 ⇒ 5,000円(500円割引)
※ 2/29~1/3用の割引クーポンもあります

通常の1日券の他に場内利用券やソフトドリンクが付いているプランになります。

クーポンの印刷が必須な点、割引がデイリーPlusより少ない点などはデメリットではなりますが、印刷さえすれば使えるので、手軽さで言えば使いやすかもしれませんね。

クーポン | 苗場スキー場

「SURF&SNOW」でクーポンをゲットする

国内最大級のスキー場・積雪情報サイト「SURF&SNOW」でも、公式サイトで手に入る【場内利用券1,200円分+ソフトドリンク付き】クーポンが同様の割引額で手にはいります。

このクーポンは印刷して提示しても良いですが、スマホで提示できる点ではこちらにメリットがあるかもしれません。

苗場スキー場(クーポン) ‐ スキー場情報サイト「SURF&SNOW」

コンビニでJTBの割引チケットを購入する

JTBの割引チケットは3種類あります。

1:1都3県限定全日1日券

東京・神奈川・埼玉・千葉在住の方限定の”地域限定チケット”です。

・大人:5,000円 ⇒ 3,800円(1,200円割引)
・シニア:4,500円 ⇒ 3,800円(700円割引)
・中高生:4,000円 ⇒ 3,800円(200円割引)

・大人:5,000円 ⇒ 3,500円(1,500円割引)
・シニア:4,500円 ⇒ 3,500円(1,000円割引)
・中高生:4,000円 ⇒ 3,500円(500円割引)

となり、なんと平日は最大で1,500円割引となり、全割引方法の中でも一番の割引率です。

2:静岡・山梨限定全日1日券

こちらも、静岡・山梨在住の方限定の”地域限定チケット”です。

・大人:5,000円 ⇒ 3,800円(1,200円割引)
・シニア:4,500円 ⇒ 3,800円(700円割引)
・中高生:4,000円 ⇒ 3,800円(200円割引)

・大人:5,000円 ⇒ 3,500円(1,500円割引)
・シニア:4,500円 ⇒ 3,500円(1,000円割引)
・中高生:4,000円 ⇒ 3,500円(500円割引)

こちらも上記の「1都3県限定全日1日券」同様の割引額で非常にお得です。

3:ナエバ早期割引

こちらは住んでいる場所に関係なく利用できます。

利用日の3日前から最大21日前にチケットを購入することで、通常1日5,000円(大人)するチケット料金が、600円〜1400円割引されます。

早期に購入すればするほど割引額は大きくなるので、事前に利用日が決まっている場合はこちらを利用することをおすすめします。

JTB割引クーポン一覧

※ いずれの割引クーポンも2016年12月10日から2017年04月02日までとなります。

PassMe!で割引クーポンチケットを購入する

スマホ専用の前売りチケットサービスのPassMe!というサイトでJTBと同様に早割チケットを購入することができます。

こちらも、利用日の3日前から最大21日前にチケットを購入することで、通常1日5,000円(大人)するチケット料金が、600円〜1400円割引されるので非常にお得ですね。

新規会員登録する必要があるので、その手間さえ惜しまなければお得です。

チケットの販売期間は2016年11月15日 0:00から 2017年3月12日 23:59までとなっています。

苗場スキー場 【2016~2017年】チケット詳細情報【新潟県・スキーリフト券】|前売りチケットはPassMe!

まとめ

【苗場スキー場】の割引方法をまとめましたが、JTBの割引チケットを購入するのが一番割引額が大きいようですね。

ただし、東京・神奈川・千葉・埼玉・山梨・静岡に住んでいる方や、3〜21日前に購入しなければない点に気をつけてください。

2017年版【上越国際スキー場】リフト券の割引クーポン情報まとめ

2016.12.29

スポンサーリンク

秋のレジャーは割引優待サービスで賢くお得に!


冬のレジャーは割引優待サービス「デイリーPlus」で賢く節約しましょう!映画館の料金や温泉、スキー場など冬にピッタリなレジャー施設の大幅割引クーポンが多数! 通常、月額540円のところ今なら2ヵ月間無料で利用できます。しかも期間内に解約すれば料金はかかりません!