【SEO】”canonical”って何?その正しい役割と使い方

seo-logo

“canonical”(カノニカル)を皆さんご存知でしょうか?SEOの知識がある方は知っていて当たり前くらいの重要なタグです。今回はこのタグを見たことがない!実際どんな役割があるのか実は知らない!といった方に向けて、”canonical”の役割と使い方をご紹介します。

1:”canonical”の役割

“canonical”は内で使用されるタグの一種です。このタグの役割とは、例えると、

本物は自分です!と名乗り出ることにあります。

多くの重複・類似したコンテンツ(ECサイトなど)があった場合にはGoogleからペナルティを受ける可能性もありますが、このタグはその中で優先されるURLを指定することができると思ってください。

重複・類似していると思われるコンテンツの両方に”canonical”を設置し、どちらか一方のURL(正規化させたい方)を記述します。

するとGoogleは、「この2つのページは重複してるけど、こっちURLが正しいURLね、了解!」と重複コンテンツと判断することはなくなります。
これをURLの正規化なんて言ったりします。
このように、重複・類似コンテンツの弊害を避けることが主な役割になります。

ただし、最近では重複コンテンツを発見した際に、どちらを優先させるべきかをGoogle側がうまく判断できるようになってきていて、”canonical”を設置しなくても良いとも言われています。

主な使用シーンとして想定される状況

基本的には以下の状況での使用が考えられます。特に私は”2”の観点からすべてのページに”canonical”を記述するようにしています。

1:レスポンシブデザインではなく、スマートフォン用ページを別URLで所持している場合。

2:HTMLソースを盗用(パクられない)にする。

3:ECサイトを運営していて、同一コンテンツが別URLで複数出力してしまう場合。

Google公式ヘルプ
正規URLを使用する

2:”canonical”の使い方

基本的に全ページに設置するのがオススメです。重複したコンテンツがない場合でも、その該当ページのURLでを設置しましょう。

【例】このページであれば
[html] <link rel="canonical" href="http://mpj-webmarketing.com/seo-what-canonical/">
[/html]

wordpressでは便利なプラグインがたくさんあるので設置も非常に簡単です。
SEO施策で最も有名なプラグインの一つであるAll in one SEO packWordPress SEO by Yoastを駆使すれば、各ページごとに設置することができます。

余談となりますが、このWEBラボではバズ部さんのXeoryというテーマを使用しています。上記で紹介したプラグインを使用しなくてもが表示されるようになっており、非常に便利なテーマです。しかし、サイトトップヘージにはなぜか表示されなかった?ので条件分岐を使い、トップページだけが表示されるようにしました。(私の勘違いでしたら申し訳ありません…)

3:XHTMLとHTML5で記述が異なる

最近サイトを作り始めた方であればXHTMLなんて触ったことがないと思います。私の場合、SEO施策の案件で過去に作ったサイトの施策を依頼されることが多いのですが、XHTMLでマークアップされたサイトが結構あります。

私もペーペーの頃(今もペーペーだと思ってますが)、XHTMLとHTML5で記述が違うなんてややこしい!と思ったことを覚えています。まぁ実際はなんてことないのでそれぞれの記述例を記載しておきます。

HTML5の場合

[html] <link rel="canonical" href="http://mpj-webmarketing.com/seo-what-canonical/">
[/html]

XHTMLの場合

[html] <link rel="canonical" href="http://mpj-webmarketing.com/seo-what-canonical/" />
[/html] ※ 末尾に”/”があるかないかの違いです。

スポンサーリンク

seo-logo

秋のレジャーは割引優待サービスで賢くお得に!


秋のレジャーは割引優待サービス「デイリーPlus」で賢く節約しましょう!映画や温泉といった秋にピッタリのレジャー施設の大幅割引クーポンが多数! 通常、月額540円のところ今なら2ヵ月間無料で利用できます。しかも期間内に解約すれば料金はかかりません!