ホンダ(honda)残価設定型クレジット【残クレ】の契約前に見るべき評判と注意点

大人気ミニバン「ステップワゴン」や、質感が高い「N」シリーズから始まる軽自動車など昔から人気がある

自動車メーカーも1つホンダ自動車(Honda)。そんなホンダで車を購入する際に便利と人気がある残価設定型クレジット(残クレ)ですが、

ホンダの残価設定クレジットを契約する前に是非見てほしい評判や注意点をまとめてみました。

ホンダ(honda)の残クレ(残価設定型クレジット)の内容は

ホンダ(Honda)自動車が提供している残クレ(残価設定クレジット)とはどんな内容になっているのでしょうか。

実はホンダ自動車公式サイトには「選べる2つのクレジット」として

「クレジット」と「残クレ(残価設定クレジット)」の2種類が記載されています。ここで悩んでしまう方が多いので

まずは、この「クレジット」と「残クレ(残価設定クレジット)」について説明します。

「クレジット払い」と「残価設定型クレジット」の違い

結論から伝えると、ずっと購入した車を乗り続ける場合は「クレジット」、3年~5年後には別の車に乗り換えたい場合は「残価設定型クレジット」を選択するのが賢明です。

では、なぜそのような選択が良いのでしょうか。ここからそれぞれの支払いについて説明します。

月々の支払金額や支払期間を任意で選択出来る「クレジット」

クレジットは最長で7年間、月々返済額を最低3,000円から設定できるサービスです。

つまり、ご自身で支払期間や支払金額を決める事が出来るのが「クレジット」となります。

残額を差し引いた金額でローンを組むので安価になる「残クレ」

残クレ(残価設定型クレジット)は残額を設定し、それを除いた額に対して支払いを行うので

通常の車両価格からさらに差し引かれた総額に対する支払いを行う事で、月々の支払い金額が安くなるサービスです。

ある一定の支払いが完了した場合には、最初に設けた残額を支払うか他の車に乗り換えるかが選択可能です。

毎月の支払い額が少なくて済むのは「残クレ」

一定の残額を差し引いた金額に対して、支払いを行うので残クレ(残価設定型クレジット)の方が毎月の支払額が安くなります。

最近は輸入車においても残クレが導入され、多くの方が毎月の支払額を押させる事が出来るので利用が進んでいます。

元々、車両価格が高いケースほど、支払額を抑えて念願の車を手にする事が出来るのは大きなメリットですよね!

金利はどちらも一緒だけど…総支払額には違いが発生する

気になる金利はどちらも「3.5%」となっています。

但し、先ほど説明した通り「車両価格全てに対して(クレジット)」か「残額を差し引いた金額に対して(残クレ)」となっていますので

「乗り換えない」といった条件(最終支払いを行う)を残クレで行う場合は、残額を含めた利息が毎月発生するので

クレジット払いの方が総額の支払いでは安くなります。

慎重派ゴリラ
ここがポイントです!残クレは選択式の最終払いを行う金額に対しても金利が発生します。毎月の支払額は残額を除いた金額ですが、金利は車両価格トータルに対して発生するのでクレジット払いよりも総額は高くなるんです。

ホンダ(honda)の残クレ(残価設定型クレジット)対象車種

それでは、ホンダ(honda)の残クレ対象車種に制限などはあるのでしょうか?

せっかく欲しい車種を月々の支払いを押さえて購入が出来ると思っても、残クレの対象外となっていたらそもそも意味がありませんよね。

ここではホンダ(honda)残クレの対象車種についてお伝えします。

話題のスポーツカー「NSX」は残クレ対象外

先日に発表された新型NSXについては、残クレ対象外となっています。

実際にホンダウェブサイトにて、オンライン見積りを実施した場合でも「クレジット」の支払い詳細は表示されますが

残クレに対しては表示がされません。

慎重派ゴリラ
ただでさえ、予約に生産が追いついていない車種なので残クレの対象車種からは外されるのも理解が出来ます。また、車両価格が高い分、数年後の価格が大きく落ちる事も予想されます。そのような「残高を残す」場合には新型NSXは適していない車両とも言えますね。

作業車(アクティ)も残クレ対象外

後程説明しますが、残クレに関しては厳しい契約内容が設けられています。

その中の1つが「車両価値を維持する為に傷やへこみを付けない事」です。

そもそも、一定の期間を経過した車両(残クレで乗り換えを希望した車両)はその後売却される事が多いと言われています。

その時に、多くの傷やへこみがあれば当初見込んでいた売値で売却する事が出来ません。従って、商業車については残クレ対象外となっています。

ホンダ(honda)の残クレ(残価設定型クレジット)の注意点

それでは、月々の支払い総額が少なくなる残クレの注意点について説明します。

何事もメリット・デメリットが存在しますが、ホンダ(honda)の残クレについてのデメリットはどのようなケースがあるのでしょうか。

これからホンダ(honda)の残クレについて契約を考えている方には必見の内容です。

金利が高い

「残クレ」だけでなく「クレジット」でも金利が3.5%となっていますが、こちらは自動車ローンとしては安くはありません

キャンペーン時には「金利が1.9%」なんて、珍しくはありませんしそれだけで金利が半分になりますよね。

「金利3.5%」は高い金利数字であるという事を認識してください。

「車両返却によるお支払いの条件」が厳しい

先ほども記載した通り、残クレ契約が終了し、契約者が車両を返却した際はその車両を中古車市場に流す事が多いと言われています。

その際、中古車市場にて利益が出る状態にしておく必要がある為に、車両返却時のチェックが非常に厳しいのが残クレの特徴ともいえます。

車両返却時の(一財)日本自動車査定協会の基準に基づくカーチェックによる内外装に関する減点が100点以内、かつ月間走行距離1,000㎞以下が条件となります。この条件を超えた場合、内外装に関する減点1点につき1,000円、走行距離1㎞につき下記金額がお客様のご負担となります。また違法改造や事故の修復歴があった場合は別途規定の精算金額をご負担いただきます。(月間走行距離は1,500㎞もお選びいただけます。その際、最終回のお支払い金額は変動します)

慎重派ゴリラ
ホンダ(honda)の残クレは通常であれば、月間走行距離は1,000kmという決まりが設けられています。この決まりを破ると車種によって金額は異なりますが「1kmあたりの負担金」という罰則(ペナルティ)がある事も契約前には知っておく必要があります。

残価設定クレジット期間後、何も残らない

残クレ契約を行い、最終額を払わず車両を返却した場合に契約者に何か金額を支払う事はありませんが

そのかわり、当たり前ですが何も手元には残りません。つまり、次の車両を購入する際の頭金である「車の下取り」も行う事が出来ません。

名義が自分のものにならない

残クレを契約した場合、残高を据え置いて支払いを行います。

この場合に注意して欲しいのは、残クレを利用した場合は購入したのではなくリース契約を行っている事

あくまで所有者はディーラーであり、据え置きした金額も支払う事で初めて購入者の名義になります。

なので、残クレを利用して車を運転していてもディーラーから借りている車を運転しているという事です。

慎重派ゴリラ
そりゃ、借り物ですのであんまり長距離を走ってはいけないだろうし、傷などもつける事なんて出来ませんよね。また、借り物なんですから勝手に改造(カスタマイズ)なんてできませんよね。

残価設定型ローンを組むより「下取り価格」を上げる方が◎

当たり前のことではありますが、人気車種はなかなか値引き額が少ない事が多いです。

頭金が少なければ、残価も多く残るので残価設定型ローンを選択してしまう気持ちも分かりますが…本当に車を購入する前にやるべき事をやりきっていますか?

実は、ディーラーでは良くこんな会話がされています。

慎重派ゴリラ
本体価格から5万円の値引きかぁ…無理なお願いかも知れないけれどもう少し値引きしてもらう事は出来ませんか?
ディーラーマン
そうですね…私どもも精一杯のお値引きなんですが…それでは、下取り価格を他社さんよりも大きく買い取るように頑張らせてください!

下取り…つまり現在所有している車両を売った金額で新しく乗り換える予定の車両の値引きを行う事を言いますがほとんどの方がこの下取り価格で失敗している事はご存知ですか?

ディーラーマン
大変お待たせしました。お客様が現在乗られている車両ですが、走行距離も少ないし目立った傷が少ないので、50万円で下取りさせていただきますがいかがでしょうか?
慎重派ゴリラ
えっ!?50万円!!(…さっきまで、値引き額で粘り強く交渉して5万円だったからこれは大きく値引きしてくれた!それだけ大きな値引き額になればいいかな…)そんなに高く買い取ってくれるなんて、ありがとうございます。それではその下取り価格で問題ありませんので契約の手続きをお願いします!
ディーラーマン
ありがとうございます。それでは手続きして参りますので暫くお待ちください。
ははは、他社ではおよそ80万円が相場だから30万円も儲かった!このまま契約まで一気に進めてしまおうっと♪

…そうなんです。ゴリラも昔に一度やってしまった失敗談を紹介させていただきましたが

現在乗っている車の価格も調べないで、値引き交渉をするのは損するのが当たり前!
最低限、現在の車の価格は前もって認識した上で値引き交渉をするのが鉄板

きちんと今乗っている車の適切な買い取り金額が分かっていれば、値引き交渉も優位に進められる!

ディーラーマン
大変お待たせしました。お客様が現在乗られている車両ですが、後期型の車両で走行距離も少ないし目立った傷が少ないので、50万円で下取りさせていただきますがいかがでしょうか?
慎重派ゴリラ
えっ!?50万円!!(…この間一括査定サイトで自分の車の価格を調べたら最も高い買い取り金額で90万円だったな…)それはちょっと相場より安いですよ!この間、私の方でも調べてみたら相場として80万から90万で買い取り依頼がありましたよ?
ディーラーマン
しっ失礼しました!私の方で誤って調べてしまった可能性もありますので、大変恐縮ですが再度確認して参ります。今しばらくお待ちください…(…ぐっこのお客様は下準備が念入りだから小手先のテクニックは通じないな…)

車の査定は様々な会社がサービスを提供していますが、信頼性と丁寧さで大手リクルート社が運営しているカーセンサーがお勧めです。

もちろん、リクルートのカーセンサーが行う一括査定は無料!大手企業が運営しているだけあって、安心感が違います。

ホンダ(honda)の残クレ(残価設定型クレジット)総評

いかがでしたか?
欲しい人気車種を月々の支払い額を抑えて購入する事が出来る、ホンダ(honda)の残クレですが注意点も多々ありますよね。

ホンダのウェブサイトに掲載されている通り「ライブスタイルに応じて車を購入できる」つまり、家族構成の増減によって車種を選んだりする上で

毎月の支払額を抑える事が出来るのは、残クレの非常に大きなメリットです。

もちろん日々の支払い額を低くしたい気持ちは分かりますが、本当の意味で支払い額を下げるのであればもっと手元の金額を増やす事ではないでしょうか?

残価設定型ローンはいつでも組むことが可能です。まずは、愛車の今の金額を調べてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

ホンダ(honda)残価設定型クレジット【残クレ】の契約前に見るべき評判と注意点

簡単60秒であなたの愛車を一括査定!


簡単60秒であなたの愛車を一括査定できます!最大7社の一括見積なので、比較して最高額を選べるのがポイントです! 最大で数十万円違うこともあるので、愛車の売却を検討しているなら、絶対に一括査定しないと損をします!