2016年4月スタート!”電力自由化”のメリットとデメリットって何?

elect-main

今までは東京に住んでいれば必然的に「東京電力」、関西に住んでいれば「関西電力」と、各地域の電力会社から電気を買うのが当たり前で”電力会社を選ぶ”といった概念自体がありませんでしたよね。

ところが、2016年4月から”電力自由化”がスタートします。

電力の自由化によって、これまで決められていた電力会社から電力を買う必要がなくなり、自分の好きな会社から電力を選んで買うことができるんです。

ざっくりメリットを言ってしまうと、競争が起きるので、選ぶ会社によっては確実に電気代が今より安くなります。

しかし、多くの方はまだ電力の自由化でどういう変化が起きて、どのような細かなメリットがあるのかよくわからないのではないでしょうか?

こちらでは、「電力自由化とは?」という基本的な情報から、参入予定の各種企業を紹介しながら比較していきます。

電力自由化とは?

elect-1
まずは”電力自由化”についておさらいしましょう。

2016年4月から法改正によって、各地域ごとにある電力会社だけでなく様々な会社が電力を販売して良いことになり、各地域にある電力会社(東京電力・関西電力・中部電力など)も地域の枠を越えて販売できるようになるんです。

現在、大手通信キャリアであるソフトバンク・au・ドコモが電力の小売り事業に参入することを発表しており、”スマホや通信回線とのセット割”といった「〇〇と電力を同時契約で料金を割引」といったサービスを提供してくるものと予想されます。

その他、数多くの事業者が参入してくると予想されるので、我々”消費者”のライフスタイルにあった様々なプランが提供されることになりそうです。

スポンサードリンク





電力自由化のメリット・デメリット

elect-2

メリット1:競争が発生し、料金の値下げ合戦が発生

なんといっても、これです。

市場原理として競争が発生することにより、料金が安くなることが確実と見ています。

通信キャリアが提供する電力サービスでは、スマホなどの通信回線とのセット割、ガス会社であれば、ガスと電気のセット契約で割引、動画配信系の会社が参入した場合には、動画チャンネルとのセット割などの割引も考えられます。

毎月必要で契約しているスマホのキャリアと電力を契約するだけで、今より電気代が安くなるのであれば契約しない理由はありませんよね。

ただ、通信キャリア系でありそうなのが、「〇年の縛り契約」。この〇年以内に解約すると違約金が発生するといった仕組みのものです。

スマホの契約では基本的に最大でも2年間だと思いますが、電力契約だとそれ以上の縛り契約の可能性もありますし、通信キャリアのみならず「割引するから〇年縛りね!」といった契約をしなければならない電力会社もあると思うので、慎重に選びたいところです。

メリット2:サービス品質の向上

これもメリット1と同じで、競争が起きることで、「料金のみならずサービスの品質を上げて顧客を獲得しよう!」とか、「品質が落ちれば他社に取られるから品質を上げなければ!」といったことが発生するものと思われます。

電力契約で品質を上げるってなんだ?とも正直思いますが、各地域の独占契約だった頃と比べると全体的な”品質”は上がるはずです。

メリット3:電力会社の変更も意外と簡単?

「電力会社が選べるのはいいけど、手続きとか色々と面倒なんじゃ・・・」と思っている方も多いはず。ところが、電力会社の切り替えは非常に簡単なようです。

もしかすると、契約する電力会社によって異なることがあるかもしれませんが、基本的には「承諾書」と「廃止申込書」を提出するだけのようです。

特に面倒な手続きは必要なさそうなので、気軽に切り替えられる点がいいですね。

ただし、この記事を執筆している時点(2016年1月)では、電力の申込みをしてから実際に選んだ会社から電力が供給されるまでは2ヵ月前後かかると言われています。

また、4月より一斉に開始されるため混雑が予想され、さらに供給が遅れるかもしれません。

ですので、早めに申し込むか、逆にしばらく様子を見て(新しく発表されるプラン)から決めるのが良いかもしれません。

デメリット:電力供給バランスを保てるかどうか?

デメリットと言えるデメリットは今のところないと思います。いざ、電力自由化がはじまってから何かしら見えてくる可能性はもちろんあります。

「電力供給が不安定になり、停電になりやすいのでは?」といったことも言われていますが、電気を各家庭に供給する仕組み上、「ある会社の電力だけ停電になる」といったことはありえません。電力自由化は、”料金の支払い先がこれまで(各地域の電力会社)と異なる”イメージに近いので、供給する仕組みに変更はないからです。

過去にアメリカのカルフォルニアで電力自由化を行ったことによる大規模な停電が発生しましたが、10年以上前のことなのでこちらの対策は取っていると思われます。

カリフォルニア電力危機(wikipedia)

スポンサーリンク

elect-main

買い物も映画も音楽も!Amazonプライムがお得すぎ!


Amazonプライム会員ならお急ぎ便無料、映画もアニメもドラマも見放題、100万曲以上の音楽が聴き放題、その他特典満載で月額325円! 今なら30日間無料で試せるのでまだプライム会員ではない方はまずこの”すごさ”を体験してください!