大江戸温泉「浦安万華鏡」はカップルやファミリーに超おすすめ!割引方法もご紹介!

ooedoonsen-urayasu-mangekyo-review-main

大江戸温泉「浦安万華鏡」は、東京ディズニーリゾートのある舞浜駅から一駅隣りの新浦安駅にある人気の温泉(スパ)施設です。

都内からのアクセスも良く、週末には大勢のお客さんで賑わっています!

お台場にも同じ大江戸温泉グループが運営する施設があるので、そちらを知っている方も多いのではないでしょうか?

今回は週末実際に足を運んで1日中満喫してきたので、大江戸温泉「浦安万華鏡」の魅力を徹底レポートしてみます!

浦安万華鏡へは駅から無料シャトルバスで向かうのがおすすめ!

ooedoonsen-urayasu-mangekyo-review-sub6

新浦安駅は都内からも京葉線ですぐなんですが、浦安万華鏡は駅前にあるというわけではありません。ちょっと離れた場所にあります。

でも安心してください!歩いたり、タクシーを呼ぶ必要はありません。専用の無料シャトルバスが定期的に運航しているので、そちらに乗車すれば勝手に「浦安万華鏡」へと連れて言ってくれます。

無料のシャトルバスは3路線運行しているんですが、新浦安駅から乗車する場合は「浦安駅・新浦安駅巡回バス」に乗ります。平日と土日祝では運行時間が異なるので、時間に気を付けてくださいね。

詳しい時間は公式ホームページをご覧ください。

http://urayasu.ooedoonsen.jp/other/access-bus2.html

乗り場は改札から歩いて3分程のところにあります。

公式サイトにある地図だとちょっとわかりずらいですが、改札を出て北口にある連絡通路を渡り、

ooedoonsen-urayasu-mangekyo-review-sub7

連絡通路の左側の階段を降りて、すぐ右に郵便ポストが見えると思いますが、そこがシャトルバス乗り場となっています。下の写真の赤丸で囲った場所です。浦安万華鏡行きのシャトルバスの運行時間の書かれた看板あります。

ooedoonsen-urayasu-mangekyo-review-sub4 ooedoonsen-urayasu-mangekyo-review-sub3

浦安万華鏡に到着したらいざ入館!

ooedoonsen-urayasu-mangekyo-review-sub2

浦安万華郷に到着したらまずすることは入館です!

靴をロッカーに預けます。このロッカーは100円が必要になりますので、事前に用意しておくともたつかなくていいです。100円は帰りに返却されるので取り忘れにご注意ください!

ooedoonsen-urayasu-mangekyo-review-sub1

私は事前にゲットしていた入館料がほぼ半額になるチケットで入館するためにそのチケットを持ってカウンターへ。

ooedoonsen-urayasu-mangekyo-review-sub5

ちなみにこのチケットにはタオルと館内着も付帯しているので、館内着(税込み302)円)を払うことなく、館内着を受け取れる優れもの。

浦安万華郷の通常料金を確認

まずは浦安万華郷の通常料金を確認しましょう。

パスの種類 大人(中学生以上) 小人(4歳~小学生)
平日料金(タオル付) 1,480円(1,748円) 680円(734円)
土日祝料金(タオル付) 1,780円(2,072円) 780円(842円)
特定日料金(タオル付)
※8/13(土)~8/15(月)
2,080円(2,396円) 880円(950円)
深夜割増
深夜2:00以降在館の場合
1,700円(1,836円) 1,700円(1,836円)

()内の金額は消費税・入党税込みの料金となっています。平日は料金が割安ですが、土日祝日に遊びに行く方の方が圧倒的に多いはずです。私はお盆中に行ったので、一番割高な時に入館したことになります。

ただ私の場合は、事前に割引チケットを購入していたため、割増料金など取られずに済みました。それがなんと、1,296円引き!

私がゲットした割引チケットの購入は、こちらの「たったひと手間で【浦安万華鏡】の最大46%割引クーポンを手に入れる方法」という記事で詳細をまとめていますので遊びに行こうと考えている方は、こちらでお得に割引チケットをゲットしてくださいね!

たったひと手間で【浦安万華鏡】の最大46%割引クーポンを手に入れる方法

2016.07.11

最大約47%割引で”浦安万華鏡”を満喫するならデイリーPlusが最高にお得!

全38種類!温泉を全力で楽しむ!

入館した後の入浴までの大まかな流れは、

1:受付で割引チケットと引き換えに腕にロッカーキーと館内着引換券をもらいます。
2:中に入って少し歩くと館内着の引換カウンターがあるのでそこで館内着とタオルセットを受け取ります。
3:更衣室に行って着替えて温泉を堪能する!

といった感じです。

館内の地図はこのようになっています。

ooedoonsen-urayasu-mangekyo-review-sub11

想像以上に館内はかなり広く、人も非常に多いな~というのが最初に印象です。

入館した際に、腕や足に巻くタイプのロッカーキーと館内着引換券をもらえるので、まずは館内着とタオルセットを受け取りにいきます。館内着は写真の場所で受け取れます。

男性の館内着は浴衣タイプ、女性の館内着は作務衣タイプです。

ooedoonsen-urayasu-mangekyo-review-sub8

温泉に入る準備が出来たら、更衣室に向かいます。

更衣室もかなり広く快適でしたが、ロッカーとロッカーの幅が狭いので人とすれ違うのもギリギリでした。また、ロッカーはかなり縦長なのでちょっと使いずらい…

ooedoonsen-urayasu-mangekyo-review-sub10

男性用の洗面所は清潔感もあり、普通の旅館並みのアメニティで必要そうなものは一通り揃えられていました。ドライヤーは業務用のNobby製品なので風量も強く非常によかったです。

ooedoonsen-urayasu-mangekyo-review-sub12

外湯の水着ゾーン&足湯は基本混浴!

参照:じゃらん

参照:じゃらん

基本的には、「内湯」と「外湯(水着ゾーン)」に分かれています。内湯と外湯はさすがに写真はとれなかったのでご了承ください。

外湯は水着ゾーンとなっていて男女混浴です。カップルやファミリーで来る方が多いと思うので、「外湯でたっぷり楽しんでから、内湯に戻ってそれぞれゆっくり温泉を楽しむ」という入り方が一番スムーズかなと思います。

私が想像していたより外湯はかなり広く、家族連れやファミリーで賑わっていました。かなりバラエティー豊かですべて制覇するのも大変な程。

外湯にはカフェがあってお腹が空いたり喉が乾いたらそこで腹ごしらえができるので、夏場はそこでお酒を飲んだら最高に気持ち良いと思います!

参照:じゃらん

参照:じゃらん

お湯の温度は、その温泉ごとにかなり差がありました。温水プールのように温めのものから42度くらいのものまで様々。夏場は足湯のように足や腰まで使って長時間だらだら入れるのが良いですね。

デメリットというか、なんでだろう?と思ったのが、外湯に行く連絡通路がなぜか”獣臭かった”ことですね…なぜか犬小屋の臭いがするというかなんというか…たまたまだったのかもしれませんが、それが嫌でしたね。笑

ちなみに、水着の上に着るラッシュガードの着用はおそらくたくさん来ている方がいたのでOKのはずです!

内湯は落ち着いて入れるものばかり!

参照:https://deece.jp/amusement/12384454/reviews

参照:https://deece.jp/amusement/12384454/reviews

内湯は外湯と比べると結構狭いな~と思いましたが、露天エリアは広かったです。

季節&男女によって入れ替わりかもあるかもしれませんが、「ハチミツを配合したお風呂」や「とうがらし風呂」、「ジェットバス」に「コラーゲン風呂」など外湯と変わらず内湯の種類も豊富。

長時間入るのにはたくさんお風呂があるのでいいのですが、一人だと話相手がいないのでちょっと寂しいですね…

シャンプーやリンス、ボディソープはもちろん設置されていますが、自分の好きなものを持ち込んでも良いでしょう。

土日祝は人に対して、サウナと水風呂が小さな過ぎる気がしましたが、及第点かなと思います。

たまたまだと思いますが、体を洗うところのシャワーがボタンを押して2秒しか出ないのには困りました…せめて5秒は欲しいなと…笑

お腹が空いたらフードコートへGO!ご飯もおいしくて魅力的!

ooedoonsen-urayasu-mangekyo-review-sub17

お腹が空いても安心!和・洋・中なんでも揃っています。フードコートのように外に用意されたベンチやテーブルで食べるタイプのものから、店内に入ってお座敷で食べることができるものまで様々です。

ooedoonsen-urayasu-mangekyo-review-sub18

お風呂上がりに一杯飲んだり、昼食や夕食を浦安万華鏡で済ましてしまおうという方が多いのかなと思います。

ooedoonsen-urayasu-mangekyo-review-sub19

値段も決して高くはなく普通なので、館内で食べてしまうのも全然ありです。

お腹が満たされたら休憩室でごろごろ

ooedoonsen-urayasu-mangekyo-review-sub22

館内にはマンガコーナーやお休み所があって、マンガを読みながらダラダラしたり、お休み所でごろごろしたりとのんびり過ごすことができのも特徴。

マンガコーナーは充実の5000冊のラインナップ!さすがに漫画喫茶のようになんでもあるわけではありませんが、想像してたよりメジャーどころは抑えてありました。

ジャンプ系ばかりではなく、”キングダム”や”ジャアアントキリング”といった青年コミックや少女マンガまであるところには驚きです!さすがに最新刊までは用意されていないマンガもあったので過剰な期待は禁物です!

家族連れは、子供をこの場所に止めておけるので大人は安心して休憩できると思いますよ!規模は小さいながら館内にはゲームコーナーもあるので、小さいお子さんがいる親子にはおすすめいいかもしれません。

2階には布団を敷いて雑魚寝で休むことのできる部屋も用意されていて、気持ちよく休むことができます。周りに迷惑のかからない程度に休むのをお忘れなく…

浦安万華鏡の割引チケットの入手方法

ooedoonsen-urayasu-mangekyo-review-sub24

圧倒的な割引額となるのが、Yahoo! JAPANが提供する『デイリーPlus(プラス)』という会員制割引優待サービスを通して、浦安万華鏡の入館チケットを購入する方法です。

– デイリーPlus(プラス)って何? –

デイリーPlus(プラス)は、登録されている全国90万件以上の割引サービスや特典を利用できる素晴らしい優待サービスです。ただし、月額540円(税込)の月額会費が必要になります。はじめて利用する方はこの540円の月額会費が2ヵ月間無料になります。

無料期間の間に、この割引サービスを利用して、無料期間内に解約をすればお金は一切かかりませんので損することは一切ありませんので安心ですよ!

この場合、大人1枚1,100円で購入することができたので、遊びに行く日によっては50%以上の割引額で購入することが可能なんです。時期によってはさらに安くなることもあるようなので、ぜひチェックしてみてくださいね!

しかも、遊びに行く当日に気づいて大丈夫!デジタルチケットで即日スマホに送られてくる方法もありますし、近くのファミリーマートのFamiポートで即日購入もできますよ!

デイリーPlus – Yahoo! JAPANが提供する会員制割引優待サービス

浦安万華鏡は宿泊が可能

参照:http://urayasu.ooedoonsen.jp/#room

参照:http://urayasu.ooedoonsen.jp/#room

浦安万華鏡は宿泊することもできます!

詳しい宿泊プランは公式ホームページをご覧ください。

http://urayasu.ooedoonsen.jp/

個室に露店風呂が付いた部屋もあるので、家族でゆっくりプライベートなお風呂に浸かれるのが魅力的ですね。ただ、内湯が非常に素晴らしいので、あえて個室に露店風呂を付ける必要性がない気もしますが、海外の方には人気があるのかもしれません。

新浦安駅は東京ディズニーリゾートのある舞浜駅の1駅隣りというだけなので、前泊などで使うのも良いかもしれませんね!

浦安万華鏡の口コミ&評判

浦安万華鏡を利用した方の口コミや評判をご紹介します!ほとんどポジティブな感想で、みなさん満足しているようですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?カップルやファミリーには1日中満喫できるので、日帰りデートや家族とのプチ旅行には「浦安万華鏡」は最適だということがお分かりいただけたかと思います!

私のおすすめは、「朝から万華鏡に遊びにいってお風呂に入ってごはんを食べて仮眠してまたお風呂に入って…」と浦安万華鏡を最大限満喫することです!

上記で紹介した>デイリーPlusで割引チケットを購入すれば、通常料金のほぼ半額で楽しめるので、満足度はさらに倍増!浮いたお金でランチを食べれば心もお腹も満たされるはず!

今度の週末はぜひ大江戸温泉「浦安万華鏡」に足を運んでみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

ooedoonsen-urayasu-mangekyo-review-main

買い物も映画も音楽も!Amazonプライムがお得すぎ!


Amazonプライム会員ならお急ぎ便無料、映画もアニメもドラマも見放題、100万曲以上の音楽が聴き放題、その他特典満載で月額325円! 今なら30日間無料で試せるのでまだプライム会員ではない方はまずこの”すごさ”を体験してください!