次期新型パナメーラは「928 パナメーラ」、クーペモデルで登場する?

7070-eyecatch

次期新型パナメーラは「928 パナメーラ」のモデルネームで登場か


引用元:http://www.autoevolution.com/

2016年6月28日にポルシェ・パナメーラのモデルチェンジが発表されたばかりですが、次期型(6月に発表されたモデルは2代目なので、次期型は3代目)は「928 パナメーラ」のモデルネームで登場するとの予想がされています。

また、プラットフォームはベントレーコンチネンタルGTと同じMSBプラットフォーム(プラットフォーム(MSB)は、前車軸上に直接エンジンを配置する構造で、縦置き・横置き両タイプのエンジンに対応可能なもの。ポルシェがベントレーに提供していた)を使用した、フロントエンジンクーペは、来年2017年のフランクフルトモーターショーか、早ければ2016年ル・マン24時間レースで発表されるかもしれないと噂されています。

慎重派ゴリラのメッセージ
ポルシェ伝統のリアエンジンではなく、フロントエンジンのクーぺが発売されるとは思ってもみなかったです…。後ほど説明しますが、フロントエンジンクーペをポルシェは過去に販売した経緯があり、それが「ポルシェ928」と呼ばれるモデルでした。
慎重派ゴリラの提案
保険代を見直して、購入に備えませんか?
少しの手間で頭金の一部を貯めれますよ!
もちろん無料!少しの手間(3分)で大きなコストダウン!

ボクスター、ケイマンのネーミング変更と同じ流れ!?

先日発表された「ポルシェ 718ボクスター」「ポルシェ 718ケイマン」といった、ポルシェの過去の出自を明らかにし、モデル名を有効活用する戦略がとられましたが次期新型パナメーラも同じ戦略が行われるのではないかと予想されています。

新型ポルシェ718ボクスターの詳細と気になる4気筒についてまとめてみた

2016.09.15
ボクスター
ケイマン
パナメーラ
継承モデル名 ポルシェ718 ポルシェ718
ポルシェ928
新型モデル名 718ボクスター 718ケイマン
928パナメーラ
慎重派ゴリラのメッセージ
「718ボクスター」「718ケイマン」は今までの水平対向6気筒(フラット6)から水平対向4気筒(フラット4)に変更されたタイミングで過去に水平対向4気筒モデルで数々のレースで輝かしい戦歴を残したポルシェ718のコードネームを継承する事になりましたよね。では、パナメーラがポルシェ928のコードネームを継承するのはどんな理由からでしょうか?

スポンサーリンク







「ポルシェ・928」とは

ポルシェ=空冷の水平対向6気筒エンジンをリアに積んだ911を車好きの方なら思い描くと思いますが、1980年度にポルシェはには水冷エンジンをフロントに搭載したFR車を開発する動きがあったのです。

その理由は911では満足しない顧客、つまり当時の911が狙う顧客よりも上流クラスの顧客を狙う為のグレードが当時のポルシェにはなかったからです。

ポルシェ928(Porsche 928 )はポルシェが1978年に発売したスポーツカーである。スポーツ性能とラグジュアリー性を兼ねた車両として企画され、生産された。928は一部の911オーナーも取り込むことに成功した。
引用元:Wikipedia【ポルシェ928】

次期新型パナメーラはクーペモデルも存在する!?


引用元:teamspeed.com

そんなポルシェ928の流れを組むかのように、次期新型パナメーラはクーペモデルが噂されています



引用元:theophiluschin.com

ポルシェ718のネーミング変更を受けたボクスター・ケイマンと同じように、パナメーラがポルシェ928のネーミング変更を受けるとするのであれば、2 + 2、フロントエンジン搭載、2ドアモデルだった928クーペが現代の復活するのも難しくはないでしょう。

時代の変化により、新しいポルシェ928(つまり928パナメーラ)は両方6・8気筒エンジンを提供し、プラグインハイブリッドやターボチャージャーなどのバージョンが用意されていると思われます。

慎重派ゴリラのメッセージ
フロントエンジン搭載、リア駆動のポルシェ!RR=ポルシェという概念が今まではあったのですが…クーペモデルの綺麗なルールラインを持つ新型パナメーラであればそこまで違和感がなく市場に受け入れられるのではないでしょうか…。

メルセデスAMG S63クーペに対抗か

メルセデスAMG GTはポルシェ911シリーズに照準を合わせていますので、新型パナメーラクーペの競合車両はメルセデスAMG S63クーペであると予想されています。

Since the Mercedes-AMG GT goes after the 911, the Panamera’s coupe will set its sights straight on the Mercedes-AMG S63 Coupe. Expect slightly less interior space and less comfort, but also better performance from the Porsche model. Unfortunately for the Volkswagen Group, the new luxury grand tourer from Stuttgart may also steal some customers from the Bentley Continental GT, especially in its V8 iterations, but that was to be expected since the two models will be technically twins anyway.
引用元:http://www.autoevolution.com/

ポルシェとしては「スポーツカー」はラインアップしていても「GTカー」がラインアップ上にない、もしくはあったとしてもクーペがない(つまり現行のパナメーラ)点が競合他社と比較してなかなか顧客を奪えないジレンマなのかもしれませんね。

何にしても4気筒のターボ化という思い切った戦略を行ったポルシェですが、ケイマンのクーペ化など今後も目が離せません!

「928パナメーラ」が気になったら

次期パナメーラが気になった方、まだ車両が販売される前ですが少しづつ購入に向けて準備しても良いかもしれません。

準備とは、今の車の価格を調べる事。理由は「前準備次第で車の値引き金額が大きく変わる」からなんです!

当たり前のことではありますが、販売開始直後の車種はなかなか値引き額が少ない事が多いです。

そりゃそうですよね…、販売側だって黙ってても売れる新型車(人気車両ならなおさらです)をわざわざ大きく値引いてまで販売はしないはず。そんな事したら利益となる額がどんどん少なくなってしまいますよね。

そこで少しでも値引き額を大きくする最後の手段として下取り価格の増加がある訳です。

ディーラーでは良くこんな会話がされています。

慎重派ゴリラ
本体価格から5万円の値引きかぁ…無理なお願いかも知れないけれどもう少し値引きしてもらう事は出来ませんか?
ディーラーマン
そうですね…私どもも精一杯のお値引きなんですが…それでは、下取り価格を他社さんよりも大きく買い取るように頑張らせてください!

下取り…つまり現在所有している車両を売った金額で新しく乗り換える予定の車両の値引きを行う事を言いますがほとんどの方がこの下取り価格で失敗している事はご存知ですか?

ディーラーマン
大変お待たせしました。お客様が現在乗られている車両ですが、走行距離も少ないし目立った傷が少ないので、50万円で下取りさせていただきますがいかがでしょうか?
慎重派ゴリラ
えっ!?50万円!!(…さっきまで、値引き額で粘り強く交渉して5万円だったからこれは大きく値引きしてくれた!それだけ大きな値引き額になればいいかな…)そんなに高く買い取ってくれるなんて、ありがとうございます。それではその下取り価格で問題ありませんので契約の手続きをお願いします!
ディーラーマン
ありがとうございます。それでは手続きして参りますので暫くお待ちください。
ははは、他社ではおよそ80万円が相場だから30万円も儲かった!このまま契約まで一気に進めてしまおうっと♪

…そうなんです。ゴリラも昔に一度やってしまった失敗談を紹介させていただきましたが

現在乗っている車の価格も調べないで、値引き交渉をするのは損するのが当たり前です!
最低限、現在の車の価格は前もって認識した上で値引き交渉をしましょう

きちんと今乗っている車の適切な買い取り金額が分かっていれば、値引き交渉も優位に進められますよ!

ディーラーマン
大変お待たせしました。お客様が現在乗られている車両ですが、前期型の車両で走行距離も少ないし目立った傷が少ないので、50万円で下取りさせていただきますがいかがでしょうか?
慎重派ゴリラ
えっ!?50万円!!(…この間一括査定サイトで自分の車の価格を調べたら最も高い買い取り金額で90万円だったな…)それはちょっと相場より安いですよ!この間、私の方でも調べてみたら相場として80万から90万で買い取り依頼がありましたよ?
ディーラーマン
しっ失礼しました!私の方で誤って調べてしまった可能性もありますので、大変恐縮ですが再度確認して参ります。今しばらくお待ちください…(…ぐっこのお客様は下準備が念入りだから小手先のテクニックは通じないな…)

車の査定は様々な会社がサービスを提供していますが、信頼性と丁寧さで大手リクルート社が運営しているカーセンサーがお勧めです。

慎重派ゴリラのメッセージ
カーセンサーの下取り価格調査サービスは以下がポイントです。
1. もちろん無料!お金は一切掛かりません。
2. 1社ずつ下取り価格を調べる手間が省ける
3. 一番高く買い取ってくれる業者が分かる!





慎重派ゴリラのメッセージ
3分間程度の手間で10万円以上の差
出るなら調べないともったいない!少しの手間でオプション装備が
買えてしまいますよ!

スポンサーリンク

7070-eyecatch

簡単60秒であなたの愛車を一括査定!


簡単60秒であなたの愛車を一括査定できます!最大7社の一括見積なので、比較して最高額を選べるのがポイントです! 最大で数十万円違うこともあるので、愛車の売却を検討しているなら、絶対に一括査定しないと損をします!