新型マツダ2代目CX-5が発表!気になる販売開始日やデザイン、最新装備をまとめてみた

ついに2017年新型マツダCX-5が発表!日本国内での発売開始時期は2017年2月!

ついに2代目となる新型マツダCX-5が発表されました!発表の予想としては11月18日から開催されるロサンゼルスオートショーでの発表でしたが

それよりも先にマツダホームページによるニュースリリースで新型CX-5の発表がありました。

今回は、新型マツダCX-5の発表で明らかになったエクステリアやインテリアのデザイン、新型モデルに新しく搭載される装備など最新情報をまとめてみました!

マツダホームページで新型CX-5のニュースリリース

新型マツダCX-5の最初の発表は、ロサンゼルスオートショーではなくマツダ公式ホームページでした。

マツダ株式会社(以下、マツダ)は本日、新型「マツダ CX-5」を世界初公開しました。新型「CX-5」は、今マツダがもつデザインと技術の全てを磨き上げ、あらゆる領域で「走る歓び」を深化させたクロスオーバーSUVです。

新型「CX-5」の開発では、ドライバーだけでなく同乗者も含めた「全てのお客様を笑顔にするSUV」をキーワードに、マツダが一貫して追求する走る歓びのさらなる深化に挑戦しました。車両運動制御技術「SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS(スカイアクティブ ビークル ダイナミクス)」の第1弾「G-Vectoring Control(G-ベクタリング コントロール)」を搭載すると同時に、人の感性に沿ったクルマづくりにより、ドライバーの意のままのパフォーマンスフィールと、高い静粛性や乗り心地など同乗者の快適性を両立する走行性能を実現しています。また、「魂動デザイン」のもと艶やかさと精悍さを融合させた外観と、乗員が心地よさを感じられる内装をつくり上げ、ボディカラーには魂動デザインの造形美を質感高く際立たせる新開発の「ソウルレッドクリスタルメタリック」を初めて採用しました。

なお新型「CX-5」を、11月18日から27日まで開催されるロサンゼルスオートショー*1に出品する予定です。

「CX-5」は、「SKYACTIV技術*2」と「魂動デザイン」を採用した新世代商品の第1弾として2012年に導入しました。以来、世界約120の国と地域で販売し、マツダの年間販売台数の約1/4を占める*3基幹車種です。これまでに、「2012-2013日本カー・オブ・ザ・イヤー」など世界中で約90の賞を受賞*4しています。

マツダは今後も、お乗りいただく全てのお客様に走る歓びをお届けすることで、お客様の人生をより豊かにし、お客様と特別な絆で結ばれたブランドになることを目指してまいります。
マツダ、新型「マツダ CX-5」を世界初公開

慎重派ゴリラ
よくある例として、海外で新型モデルの発表がありますが、マツダは新型ロードスターハードトップのデモ走行会など、日本ユーザーを非常に大事にしているのが良く分かりますね。

新型マツダCX-5のエクステリア(外装)

それでは、今回発表された新型マツダCX-5のエクステリア(外装)をまとめてみました!










慎重派ゴリラ
基本的には大ヒットした初代モデルのキープコンセプトとなっているのではないでしょうか?フロントグリルはどちらかというと、アテンザやアクセラに近いデザインとなっているのが分かります。ただ、ヘッドライトのLED形状などは前回とは大きく異なった新しいデザインである事が分かります。初代モデルが全体的に丸みを帯びたデザインでしたが、新型モデルはやや直線を入れたデザインになっていますね。

新型マツダCX-5エクステリアデザインの特徴

新型マツダCX-5エクステリアデザインの特徴について、海外メディアでは細かく分析していました。

新しいCX-5のボディの前部は今までよりも10mm広くなり、さらにAピラーは約35mm後ろに押し戻され、新しいグリルが採用されました。
他の重要なデザインのアップデートとしては、より薄いヘッドライトとテールライト、全体的にスポーティーな外観、特に再設計されたルーフラインとシャープなCピラーとなっています。

As such, the front of the new CX-5’s body is now 10 mm wider than previously and helps to give the car an improved stance on the road. Additionally, the A-pillars have been pushed back by approximately 35 mm and a new grille has been adopted. Other key design updates include thinner headlights and taillights and an overall sportier appearance, aided particularly through the re-designed roofline and sharp C-pillars.
carscoops.com

慎重派ゴリラ
ゴリラは海外メディアが指摘している通り、ルーフラインとシャープになったCピラーの造形が素直にカッコイイと思いました。全体的にフォルムが低重心になった感じがしますね!

スポンサーリンク







新型マツダCX-5のインテリア(内装)

それでは新型マツダCX-5のインテリア(内装)はどのように変わっているのでしょうか。

こちらも最新の内装へアップデートされていましたよ!







慎重派ゴリラ
マツダのインテリアはシンプルさで好評でしたが、そこに洗練されたイメージが追加されたようなインテリアデザインになっていますね!

新型マツダCX-5インテリアデザインの特徴

エクステリア同様、CX-5の内部も適切に再設計され改訂されています。

3スポークステアリング、プッシュボタンスタート、計器クラスター内の4.6インチカラーディスプレイが組み込まれています。最新のメルセデス・ベンツモデルと同様に、ダッシュボードの上部には7インチのディスプレイが置かれています。また、10個のBoseプレミアムサウンドシステムと、スマートフォンと連携して動作するMazda Connect接続システムもあります。

新型マツダCX-5に新しく搭載された機能

それでは旧型モデルと比べて新型マツダCX-5はどのように進化したのでしょうか?

追加された装備なども含めて解説したいと思います。

トルクベクタリングシステム

マツダの発表にはない、海外メディアのスクープ記事にはトルクベクタリングシステムも搭載されるとの情報が記載されていました。

新しいモデルには、ハンドル・インプットに基づいてトルク・レベルを変更することができるトルク・ベクタリング・システムが含まれている

the new model includes a torque vectoring system where torque levels can be altered based on steering wheel inputs
carscoops.com

ソウルレッドクリスタルメタリック

ソウルレッドクリスタルメタリックとは、マツダが開発した新しいボディーカラーです。

以前のソウルレッドプレミアムメタリックより透明感が増したカラーとマツダは発表しています。

マツダは、「カラーも造形の一部」という思想の下、魂動デザインの造形美を質感高く際立たせるカラーの開発に力を入れています。
「ソウルレッドクリスタルメタリック」は、生命感溢れるエネルギッシュな強さと鮮やかさ、濁りのない深みと艶感をより高い次元で両立させたソウルレッドプレミアムメタリックを進化させた新色です。
ソウルレッドプレミアムメタリックより、彩度を約2割、深みを約5割増したことで、より瑞々しく艶やかな透明感を実現しました。

塗膜層は、クリア層、透過層、反射層というシンプルな3層構成としつつ、マツダ独自の塗装技術「匠塗 TAKUMINURI」*をさらに進化させました。
*熟練職人が手塗りしたような精緻で高品質な塗装を、量産ラインで実現するマツダの塗装技術。これまでにソウルレッドプレミアムメタリック、マシーングレープレミアムメタリックに採用しています。

透過層には、新開発の高彩度な赤色の顔料を用いることで、赤色をよりピュアに発色させています。
反射層には、極薄の高輝度アルミフレークに加えて、光を吸収してシェードの濃さを強める「光吸収フレーク」を採用することで、従来は2層必要だった深みの表現を1層で実現しました。
引用元:マツダ公式ブログ

マツダレーダークルーズコントロール

これもマツダの発表にはなく、海外メディアのリーク記事に掲載があった機能です。

新たに搭載された4.6インチディスプレイに、レーダーで読み取った道路標識が表示されるという新しい技術とされています。

技術と安全面では、2017 CX-5には、制限速度やその他の道路標識を読み込んで4.6インチディスプレイに表示できるマツダレーダークルーズコントロールと交通標識認識機能が含まれています。

On a technology and safety front, the 2017 CX-5 includes Mazda Radar Cruise Control and Traffic Sign Recognition which is able to read speed limit and other road signs and display them on the 4.6-inch display.
carscoops.com

新型マツダCX-5のエンジンはディーゼル含めた3種類

マツダがニュースリリースで公開した内容では、新型マツダCX-5には3種類のエンジンが用意されています。

パワートレインには、「SKYACTIV-G 2.0」、「SKYACTIV-G 2.5」、「SKYACTIV-D 2.2」を市場ごとに適切なラインアップで展開し、いずれも力強くリニアな走行性能と優れた環境性能を実現します。
マツダ、新型「マツダ CX-5」を世界初公開

また、それらのエンジンはすべて6速オートマチックまたは6速マニュアルが用意されています。

通常モデルは前輪駆動ですが、オプションで四輪駆動モデルも用意されています。

慎重派ゴリラ
全体から見ればマニュアル車を購入する人は相対的に少ないですが、そんな車好き(car-guy)達の為にきちんとマニュアルモデルを用意しているのもマツダらしいですね!

日本国内での発売開始時期は2017年2月から

これは、マツダがしっかりニュースリリースで発表されていました!

2017年2月より、日本から順次グローバルに導入を開始する予定です。
マツダ、新型「マツダ CX-5」を世界初公開

新型マツダCX-5が気になったら

新型マツダCX-5が気になった方、まだ車両が販売される前ですが少しづつ購入に向けて準備しても良いかもしれません。

準備とは、今の車の価格を調べる事。理由は「前準備次第で車の値引き金額が大きく変わる」からなんです!

当たり前のことではありますが、販売開始直後の車種はなかなか値引き額が少ない事が多いです。

そりゃそうですよね…、販売側だって黙ってても売れる新型車(人気車両ならなおさらです)をわざわざ大きく値引いてまで販売はしないはず。そんな事したら利益となる額がどんどん少なくなってしまいますよね。

そこで少しでも値引き額を大きくする最後の手段として下取り価格の増加がある訳です。

ディーラーでは良くこんな会話がされています。

慎重派ゴリラ
本体価格から5万円の値引きかぁ…無理なお願いかも知れないけれどもう少し値引きしてもらう事は出来ませんか?
ディーラーマン
そうですね…私どもも精一杯のお値引きなんですが…それでは、下取り価格を他社さんよりも大きく買い取るように頑張らせてください!

下取り…つまり現在所有している車両を売った金額で新しく乗り換える予定の車両の値引きを行う事を言いますがほとんどの方がこの下取り価格で失敗している事はご存知ですか?

ディーラーマン
大変お待たせしました。お客様が現在乗られている車両ですが、人気車両で走行距離も少ないし目立った傷が少ないので、50万円で下取りさせていただきますがいかがでしょうか?
慎重派ゴリラ
えっ!?50万円!!(…さっきまで、値引き額で粘り強く交渉して5万円だったからこれは大きく値引きしてくれた!それだけ大きな値引き額になればいいかな…)そんなに高く買い取ってくれるなんて、ありがとうございます。それではその下取り価格で問題ありませんので契約の手続きをお願いします!
ディーラーマン
ありがとうございます。それでは手続きして参りますので暫くお待ちください。
ははは、他社ではおよそ80万円が相場だから30万円も儲かった!このまま契約まで一気に進めてしまおうっと♪

…そうなんです。ゴリラも昔に一度やってしまった失敗談を紹介させていただきましたが

現在乗っている車の価格も調べないで、値引き交渉をするのは損するのが当たり前です!
最低限、現在の車の価格は前もって認識した上で値引き交渉をしましょう

きちんと今乗っている車の適切な買い取り金額が分かっていれば、値引き交渉も優位に進められますよ!

ディーラーマン
大変お待たせしました。お客様が現在乗られている車両ですが、前期型の車両で走行距離も少ないし目立った傷が少ないので、50万円で下取りさせていただきますがいかがでしょうか?
慎重派ゴリラ
えっ!?50万円!!(…この間一括査定サイトで自分の車の価格を調べたら最も高い買い取り金額で90万円だったな…)それはちょっと相場より安いですよ!この間、私の方でも調べてみたら相場として80万から90万で買い取り依頼がありましたよ?
ディーラーマン
しっ失礼しました!私の方で誤って調べてしまった可能性もありますので、大変恐縮ですが再度確認して参ります。今しばらくお待ちください…(…ぐっこのお客様は下準備が念入りだから小手先のテクニックは通じないな…)

車の査定は様々な会社がサービスを提供していますが、信頼性と丁寧さで大手リクルート社が運営しているカーセンサーがお勧めです。

慎重派ゴリラのメッセージ
カーセンサーの下取り価格調査サービスは以下がポイントです。
1. もちろん無料!お金は一切掛かりません。
2. 1社ずつ下取り価格を調べる手間が省ける
3. 一番高く買い取ってくれる業者が分かる!





慎重派ゴリラのメッセージ
3分間程度の手間で10万円以上の差
出るなら調べない理由がありませんよね。少しの手間でオプション装備が
買えてしまいますよ!

スポンサーリンク

ついに2017年新型マツダCX-5が発表!日本国内での発売開始時期は2017年2月!

簡単60秒であなたの愛車を一括査定!


簡単60秒であなたの愛車を一括査定できます!最大7社の一括見積なので、比較して最高額を選べるのがポイントです! 最大で数十万円違うこともあるので、愛車の売却を検討しているなら、絶対に一括査定しないと損をします!