次期新型Eクラスクーペのデザインが決定!エクステリアとインテリア最新情報まとめ

7854-eyecatch

先日に日本でも発売が開始されたCクラスクーペに続いて、海外では次期Eクラスクーペの最新情報がキャッチアップされました。

日本ではクーペモデルの車が少なくなりましたが、今でもすれ違ったり隣りに止まるとついつい見てしまう綺麗なボディライン。

次期新型Eクラスクーペは果たしてどのようなスタイリング・装備を持って発売されるのでしょうか?今回は次期新型Eクラスクーペについて最新情報をまとめてみました!

次期新型Eクラスクーペの外装(エクステリア)

先日に海外メディアでスクープされた次期新型Eクラスクーペの画像になります。

トレーラーで移動中という状態ですので、テスト車両である事は間違いなさそうですね。










引用元:autoevolution.com

慎重派ゴリラ
エンブレムも隠されていますが、どこを見てもどう見ても新型Eクラスクーペですね!流れるようなクーペスタイルは本当に恰好がいいです。
慎重派ゴリラの提案
保険代を見直して、購入に備えませんか?
少しの手間で頭金の一部を貯めれますよ!
もちろん無料!少しの手間(3分)で大きなコストダウン!

次期新型Eクラスクーペの内装(インテリア)

次期新型Eクラスクーペの内装も既にスクープされています。




引用元:carscoops.com

慎重派ゴリラ
インテリアは基本的に現行Eクラスの内容を含んだものになっています。ゴリラは個人的にSクラスでもなくCクラスでもない、このEクラスの内装が好みです!

次期新型Eクラスクーペも4座で登場か

現行Eクラスクーペもそうですが、次期新型Eクラスクーペも4座で登場するだろうと海外メディアでは予想されています。

画像では見ることはできませんが、クーペとコンバーチブルの両方で(セダン・ツーリングモデルと)大きな違いがあるのは、4人乗りのレイアウトで、個々のリアシートがあります。
You can’t see it in these images, but another, more substantial difference for both the Coupe and the Convertible will be their four-passenger layout with individual rear seats.
引用元:carscoops.com

慎重派ゴリラ
新型Cクラスクーペでも4座となっていますよね。このクーペスタイル+4人乗りという贅沢な創りがクーペモデルが持つ「余裕」に繋がっているんだなぁとつくづく思います…。

スポンサーリンク







次期新型Eクラスクーペの予想搭載エンジン

現行モデルのEクラスクーペに搭載されているエンジンはそれぞれ211ps、333psを発揮する4気筒ターボエンジンと、6気筒ターボエンジンですが

次期新型Eクラスクーペに搭載されるエンジンはどのようなものになるのでしょうか?

こちらについては海外メディアではそれぞれ馬力(もちろんトルクも)向上したものが搭載されるであろうと予想しています。

ベースとなるエンジンは241馬力2.0リットルのターボチャージャー付きの4気筒エンジン、高性能モデルはターボチャージャー搭載のV6をベースにしたE43 AMGの396 HP(401 PS)を上回るエンジンを搭載すると予想されます。
It will borrow the saloon’s powerplants from further up the scale, including a base 241hp 2.0-liter turbocharged four-cylinder and turbocharged V6s culminating with the E43 AMG’s 396 HP (401 PS). Europe will get a choice of diesels too.
引用元:carscoops.com

現行Cクラスクーペとの違い

日本でも徐々に取り入れられているのが、フロントデザインを統一化する手法ですが

メルセデスベンツをはじめとした欧州メーカーはその流れが顕著になっています。

次期新型Eクラスクーペはその他クーペモデルとどのように違うのか?その差異について現行Cクラスクーペと比べてみました。


現行Cクラスクーペと次期新型Eクラスクーペのエクステリア(外観)は、やはりフロントデザイン統一化の流れを受けて少し似ているようですね。

ただ、明らかに異なるのはそのインテリアデザイン。当たり前ではありますが全てのデザインを統一化するのではなく、内装の豪華さについて差別化を図るメルセデスの戦略は見事です。

慎重派ゴリラ
アウディやBMWもモデルによって異なるインテリアデザインを採用していますが、メルセデスベンツほどの差別化はありません。ここに戦略の違いが見受けられますね!

次期新型Eクラスクーペの予想価格

現行Eクラスセダンのクオリティと向上されたエンジンを兼ね備えて登場する次期新型Eクラスクーペですが、気になるのはその車両価格。

今回のスクープを公開した海外メディアでは、次期新型Eクラスクーペと現行モデルの価格とそこまで差は生まれないであろうとしています。

価格は2017年に発売された現行車の価格と同じレベルになるはずです。
Prices should hover around the same levels as those of the current car when it goes on sale in early 2017.
引用元:carscoops.com

>次期新型Eクラスクーペが気になったら

次期新型Eクラスクーペが気になった方、まだ車両が販売される前ですが少しづつ購入に向けて準備しても良いかもしれません。

準備とは、今の車の価格を調べる事。理由は「前準備次第で車の値引き金額が大きく変わる」からなんです!

当たり前のことではありますが、販売開始直後の車種はなかなか値引き額が少ない事が多いです。

そりゃそうですよね…、販売側だって黙ってても売れる新型車(人気車両ならなおさらです)をわざわざ大きく値引いてまで販売はしないはず。そんな事したら利益となる額がどんどん少なくなってしまいますよね。

そこで少しでも値引き額を大きくする最後の手段として下取り価格の増加がある訳です。

ディーラーでは良くこんな会話がされています。

慎重派ゴリラ
本体価格から5万円の値引きかぁ…無理なお願いかも知れないけれどもう少し値引きしてもらう事は出来ませんか?
ディーラーマン
そうですね…私どもも精一杯のお値引きなんですが…それでは、下取り価格を他社さんよりも大きく買い取るように頑張らせてください!

下取り…つまり現在所有している車両を売った金額で新しく乗り換える予定の車両の値引きを行う事を言いますがほとんどの方がこの下取り価格で失敗している事はご存知ですか?

ディーラーマン
大変お待たせしました。お客様が現在乗られている車両ですが、走行距離も少ないし目立った傷が少ないので、50万円で下取りさせていただきますがいかがでしょうか?
慎重派ゴリラ
えっ!?50万円!!(…さっきまで、値引き額で粘り強く交渉して5万円だったからこれは大きく値引きしてくれた!それだけ大きな値引き額になればいいかな…)そんなに高く買い取ってくれるなんて、ありがとうございます。それではその下取り価格で問題ありませんので契約の手続きをお願いします!
ディーラーマン
ありがとうございます。それでは手続きして参りますので暫くお待ちください。
ははは、他社ではおよそ80万円が相場だから30万円も儲かった!このまま契約まで一気に進めてしまおうっと♪

…そうなんです。ゴリラも昔に一度やってしまった失敗談を紹介させていただきましたが

現在乗っている車の価格も調べないで、値引き交渉をするのは損するのが当たり前です!
最低限、現在の車の価格は前もって認識した上で値引き交渉をしましょう

きちんと今乗っている車の適切な買い取り金額が分かっていれば、値引き交渉も優位に進められますよ!

ディーラーマン
大変お待たせしました。お客様が現在乗られている車両ですが、前期型の車両で走行距離も少ないし目立った傷が少ないので、50万円で下取りさせていただきますがいかがでしょうか?
慎重派ゴリラ
えっ!?50万円!!(…この間一括査定サイトで自分の車の価格を調べたら最も高い買い取り金額で90万円だったな…)それはちょっと相場より安いですよ!この間、私の方でも調べてみたら相場として80万から90万で買い取り依頼がありましたよ?
ディーラーマン
しっ失礼しました!私の方で誤って調べてしまった可能性もありますので、大変恐縮ですが再度確認して参ります。今しばらくお待ちください…(…ぐっこのお客様は下準備が念入りだから小手先のテクニックは通じないな…)

車の査定は様々な会社がサービスを提供していますが、信頼性と丁寧さで大手リクルート社が運営しているカーセンサーがお勧めです。

慎重派ゴリラのメッセージ
カーセンサーの下取り価格調査サービスは以下がポイントです。
1. もちろん無料!お金は一切掛かりません。
2. 1社ずつ下取り価格を調べる手間が省ける
3. 一番高く買い取ってくれる業者が分かる!





慎重派ゴリラのメッセージ
3分間程度の手間で10万円以上の差
出るなら調べないともったいない!少しの手間でオプション装備が
買えてしまいますよ!

スポンサーリンク

7854-eyecatch

簡単60秒であなたの愛車を一括査定!


簡単60秒であなたの愛車を一括査定できます!最大7社の一括見積なので、比較して最高額を選べるのがポイントです! 最大で数十万円違うこともあるので、愛車の売却を検討しているなら、絶対に一括査定しないと損をします!