2017年新型メルセデス・ベンツGクラス(ゲレンデ)W464の最新情報をまとめてみた

4965-eyecatch

メルセデスベンツの中で最も人気が高い車の1つである「Gクラス」が今回、38年ぶりのフルモデルチェンジを行います。

根強い人気で中古車価格もなかなか値崩れしない、驚異のGクラスがフルモデルチェンジを行うとあって車好きからは非常に興味があるニュースとなっています。

今回は、38年ぶりのフルモデルチェンジを行うメルセデス・ベンツGクラス(ゲレンデ)W464型の最新情報をお届けします!

2017年新型Gクラス(ゲレンデ)W464のコンセプト

2012年の「ロサンゼルスオートショー 2012」で、ベンツGクラスの未来の形をイメージしたコンセプトカー「Ener-G-Force」の実寸大モデルを披露しました。

これが、新型メルセデス・ベンツ(通称:ゲレンデワーゲン)W464型のコンセプトカーでした。

新型GクラスコンセプトカーEner-G-Forceイメージ1
新型GクラスコンセプトカーEner-G-Forceイメージ2
新型GクラスコンセプトカーEner-G-Forceイメージ3
新型GクラスコンセプトカーEner-G-Forceイメージ4
新型GクラスコンセプトカーEner-G-Forceイメージ5
新型GクラスコンセプトカーEner-G-Forceイメージ6
新型GクラスコンセプトカーEner-G-Forceイメージ7
新型GクラスコンセプトカーEner-G-Forceイメージ8

四角いボディが人気の1つであった為に、このコンセプトカーについては様々な意見が寄せられました。

私もどちらかと言うと、四角いGクラスのボディが好きだった為にちょっと残念な気持ちになっていたのを今でも覚えています。

慎重派ゴリラのメッセージ
今では衝突安全性の問題や、空気抵抗による燃費向上の観点から四角い車が減ってきた中、38年間変わらずに四角いボディであり続けたGクラスだからこそ、このコンセプトカーには衝撃がありました。

スポンサーリンク







2017年新型Gクラス(ゲレンデ)W464のエクステリア(スパイショット)

そんな新型Gクラスのコンセプトカーですが、最近では次期Gクラス(W464型)のテスト車両がスパイショットで明らかになってきました。

新型Gクラススパイショット1
新型Gクラススパイショット2
新型Gクラススパイショット3
新型Gクラススパイショット4
引用元:uincar

スパイショットの画像を見る限り、次期Gクラスのエクステリアは現行モデルと同様に四角いままですね。

正式な発表はまだありませんが、今回のモデルチェンジでは改良型エンジンと車両の軽量化が図られているそうです。

具体的には、新開発のアルミニウム合金製ボディーを採用し前モデルより200キロ軽量化され、9速セミATに6気筒ガソリンエンジンとディーゼルエンジンモデルなど現代の最先端技術が取り入れられる予定となっています。

2017年新型Gクラス(ゲレンデ)G63モデルのプロトタイプ

以下の記事は2016年11月25日に新しく更新された記事です

先日、海外メディアではGクラスの高性能モデルであるG63モデルのプロトタイプ車両でのテスト走行が実施されていると報道がありました。






引用元:carmagazine.co.uk

これまでのスパイショットは従来のディーゼルGクラスが紹介されていましたが、今回のプロトタイプ車両は積極的なスタイルのG63です。

Previous spy shots featured what was believed to be a conventional diesel G-class, but it’s understood that this more aggressively styled prototype is a G63.
引用元:carmagazine.co.uk

慎重派ゴリラ
ゲレンデ特有の四角いスクエアなボディは顕在でホッとしました!威風堂々と走行する姿はやはり人気のGクラス!早くカモフラージュなしの画像が公開されるのを楽しみにしています!

2017年新型Gクラス(ゲレンデ)W464の燃費は向上する?

現行モデルよりも200キロ軽量化され、9速ATが採用されるとの情報が本当であれば、

Gクラスのデメリットとして挙げられる燃費向上に期待が持てます。

最も燃費が優れている現行モデルのディーゼルタイプで、リッター10.3kmですので、

より燃費向上するものと期待が出来ます。

2017年新型Gクラス(ゲレンデ)W464の横幅は10mm拡大?

Gクラスを購入される方が言われるのは、拡大傾向にあるSUVの中でもちょうど良い横幅でした。

現行モデルの横幅は1,860mmですが、新型は10mm拡大されるとの情報がありますので

その話が本当であれば、1,960mmと2メートル近くに拡大する事になります。

その恩恵は室内空間の広さにも貢献しますが、現行モデルの横幅が狭い道でも取り回しし易いと好評でしたので、この点も気になる所ですよね。

2017年新型Gクラス(ゲレンデ)W464のインテリア(スパイショット)

外観だけでなく、新型Gクラスはインテリアも大きく変わりそうです!


出典元:www.mercedes-fans.de

何と、大型のディスプレイが搭載されている画像が流出しています。
これは、SクラスやEクラスの12.3インチシングルディスプレイと似たディスプレイが移っています。

メルセデス・ベンツの中でも常に上流モデルとしてのラインアップであるGクラスですので、Sクラス・Eクラスと同様のインテリアが装備されるのも不思議ではありませんね!

2017年新型Gクラス(ゲレンデ)W464の値引き額

新型Gクラス(ゲレンデ)W464の値引き額ですが、これは相当に厳しい(値引き額が少ない)と思われます。

というのも、Gクラス自体中古価格が最も下がりにくい人気車種という点が一つ。

また、当たり前のことではありますが、販売開始直後の車種はなかなか値引き額が少ない事が多いです。

そりゃそうですよね…、販売側だって黙ってても売れる新型車(人気車両ならなおさらです)をわざわざ大きく値引いてまで販売はしないはず。そんな事したら利益となる額がどんどん少なくなってしまいますよね。

そこで少しでも値引き額を大きくする最後の手段として下取り価格の増加がある訳です。

ディーラーでは良くこんな会話がされています。

慎重派ゴリラ
本体価格から5万円の値引きかぁ…無理なお願いかも知れないけれどもう少し値引きしてもらう事は出来ませんか?
ディーラーマン
そうですね…私どもも精一杯のお値引きなんですが…それでは、下取り価格を他社さんよりも大きく買い取るように頑張らせてください!

下取り…つまり現在所有している車両を売った金額で新しく乗り換える予定の車両の値引きを行う事を言いますがほとんどの方がこの下取り価格で失敗している事はご存知ですか?

ディーラーマン
大変お待たせしました。お客様が現在乗られている車両ですが、前期型の車両で走行距離も少ないし目立った傷が少ないので、50万円で下取りさせていただきますがいかがでしょうか?
慎重派ゴリラ
えっ!?50万円!!(…さっきまで、値引き額で粘り強く交渉して5万円だったからこれは大きく値引きしてくれた!それだけ大きな値引き額になればいいかな…)そんなに高く買い取ってくれるなんて、ありがとうございます。それではその下取り価格で問題ありませんので契約の手続きをお願いします!
ディーラーマン
ありがとうございます。それでは手続きして参りますので暫くお待ちください。
ははは、他社ではおよそ80万円が相場だから30万円も儲かった!このまま契約まで一気に進めてしまおうっと♪

…そうなんです。ゴリラも昔に一度やってしまった失敗談を紹介させていただきましたが

現在乗っている車の価格も調べないで、値引き交渉をするのは損するのが当たり前です!
最低限、現在の車の価格は前もって認識した上で値引き交渉をしましょう

きちんと今乗っている車の適切な買い取り金額が分かっていれば、値引き交渉も優位に進められますよ!

ディーラーマン
大変お待たせしました。お客様が現在乗られている車両ですが、前期型の車両で走行距離も少ないし目立った傷が少ないので、50万円で下取りさせていただきますがいかがでしょうか?
慎重派ゴリラ
えっ!?50万円!!(…この間一括査定サイトで自分の車の価格を調べたら最も高い買い取り金額で90万円だったな…)それはちょっと相場より安いですよ!この間、私の方でも調べてみたら相場として80万から90万で買い取り依頼がありましたよ?
ディーラーマン
しっ失礼しました!私の方で誤って調べてしまった可能性もありますので、大変恐縮ですが再度確認して参ります。今しばらくお待ちください…(…ぐっこのお客様は下準備が念入りだから小手先のテクニックは通じないな…)

車の査定は様々な会社がサービスを提供していますが、信頼性と丁寧さで大手リクルート社が運営しているカーセンサーがお勧めです。

慎重派ゴリラのメッセージ
カーセンサーの下取り価格調査サービスは以下がポイントです。
1. もちろん無料!お金は一切掛かりません。
2. 1社ずつ下取り価格を調べる手間が省ける
3. 一番高く買い取ってくれる業者が分かる!





慎重派ゴリラのメッセージ
3分間程度の手間で10万円以上の差
出るなら調べない理由がありませんよね。少しの手間でオプション装備が
買えてしまいますよ!

新型メルセデス・ベンツGクラス(ゲレンデ)W464の最新情報は随時更新しますので、また新たな事が判明次第お伝えします。
お楽しみに!

スポンサーリンク

4965-eyecatch

簡単60秒であなたの愛車を一括査定!


簡単60秒であなたの愛車を一括査定できます!最大7社の一括見積なので、比較して最高額を選べるのがポイントです! 最大で数十万円違うこともあるので、愛車の売却を検討しているなら、絶対に一括査定しないと損をします!