新型トヨタヴェルファイアを欲しい人が読むべき後悔せず安く買う方法

ミニバンと言えば、トヨタアルファード・ヴェルファイアを購入される方が非常に増えているけれど、本当にトヨタヴェルファイアは購入しても後悔しないのか?

人気グレードや税金、平均値引き価格は?などなど、トヨタヴェルファイアが欲しい人、現在購入を考えている人に後でぜひ読んで欲しい情報を紹介したいと思います。

トヨタヴェルファイアとは


Photo: Toyota Vellfire by Craig Anderson

ヴェルファイアはアルファードVの後継車種という位置づけで2018年に初代モデル(ANH2#W/GGH2#W/ATH20W型)が発表。

社名である【ヴェルファイア】とは、「物静かな」という意味の「Velvet」と、「炎」を意味する「Fire」を組み合わせた造語つまりテニプリの越前リョーマ(初期)よろしく、クールな情熱を持つクルマを表しています。

アルファードVはトヨタネッツ店では最も販売価格が高い上位モデルでしたが、ヴェルファイアもトヨタネッツ店では最も価格が高い車となっています。

また、ヴェルファイアは3列シートを用意するミニバンの中でも最も大きいモデルの1つ。

ハイエース
ヴェルファイア
全長
4,840mm
4,935mm
全幅
1,880mm
1,850mm
全高
1,880-1,950mm
2,105~2,285mm
慎重派ゴリラ
商業車のハイエース(グランドキャビン版を除く)と比べてもほとんど遜色がない大きさです。最も特徴的なのはその全長です。この4,935mmという大きさがゆったりとした3列目を生み出しています。

新型トヨタヴェルファイアとアルファードの比較


Photo: Alphard by Toyota by Moto”Club4AG”Miwa

それでは兄弟車である、アルファードとの違いはどんな所があるのでしょうか。
それぞれの項目において調べてみました。

デザインの違いについて

若い世代や年配の世代ともに受け入れられるよう、デザインを明確に分ける戦略によりアルファードとヴェルファイアの大きな違いの1つとしてデザインの違いがあります。

デザインでは、上品さや洗練さを謳うアルファードに対し、ヴェルファイアは力強さや先進性を謳っています。

慎重派ゴリラ
アルファードもシンプルですが力強いデザイン(押しが強い)である事は間違いありませんが、ヴェルファイアはその上をいく力強さがあります。

デザインの違いは内装(インテリア)にも影響しています。どちらかというと保守的な上質感を持つアルファードと、少し派手なデザインとなっているヴェルファイア。

これもそれぞれがターゲットとする年代を分けているからと思われます。

サイズの違いについて

では、アルファードとヴェルファイアのサイズはどうでしょうか。
最もスタンダードなグレードである【Xグレード】でそれぞれのサイズを調べてみました。

アルファード X
ヴェルファイア X
全長
4,915mm
4,930mm
全幅
1,850mm
1,850mm
全高
1,895mm
1,895mm

結果は、ほとんどが同じサイズでしたが、全長のみヴェルファイアが若干長いという内容に。

実はディーラーマンにヴェルファイアとアルファードの違いについて聞いたところ、
「差についてはほとんどありません。但し、ヴェルファイアは3列目のシートを多用する事を前提に作られていますので3列目のシート周りの空間が広く取られています。」との事。

慎重派ゴリラ
サイズの違いはターゲット層に対して明確に分かれているように思えます。若い世代向けのヴェルファイアは大人数で乗車する事を想定されているので、少人数でゆったりとした空間を楽しみたい方はアルファードを選ぶのも良いかもしれませんね。

新型トヨタヴェルファイアの人気グレード

人気グレードと言っても、購入する方によって欲しいグレードは違うはず。
ここでは、購入する際に選ぶべきグレードについてアドバイスをしたいと思います。

ハイブリッドかガソリンエンジンか

ヴェルファイアはハイブリッドモデルとエンジンモデルがそれぞれ用意されています。
どちらを選ぶかは、価格と購入後の使用期間によって変わると思います。

グレード名称
X(ガソリン)
X(ハイブリッド)
価格
3,197,782円
4,155,055円
燃費(JC08)
11.6km/L
18.4km/L
1km走るのに必要な費用
約10円
約7円

みなさんに知ってほしいのがガソリンモデルとハイブリッドモデルの価格差について。
およそ100万円ほどの差が同じグレードでもエンジンが異なるだけで変わってきます。

上記の表からガソリンモデルとハイブリッドモデルの燃費における差が6.8km/Lとなります。

ヴェルファイアはガソリン・ハイブリッドモデル共に3.5Lの「VL」以外はレギューラーガソリンですので
1L当たり120円とすると、それぞれの差が1km走るのに3円ほど変わってきます。

従って、ハイブリッドモデルはガソリンモデルより100万円高いですが、1km走行すると約3円お得…その価格差を埋めようとすると10万キロ走行したとしても30万円ほどしかその差を埋める事が出来ません。

もちろん、エコカー減税等の関係から純粋な差額金額はもう少し変わってくるとは思いますがコストパフォーマンスのみを考えるのであれば、ガソリンエンジンの2.5Lモデルである「V」もしくは「X」グレードがお勧めです。

慎重派ゴリラ
車の価値は値段だけではありません。ハイブリッドモデルが持つ低速からの力強い加速や、3.5Lモデルが持つ高回転域まで一気に吹け上がるエンジン…。それぞれのモデルでそれぞれの良さがあります。但し、コストパフォーマンスという部分だけで判断するとなるとハイブリッドモデルは長く車を乗り続ける人向け、ガソリンモデルは費用を押さえて3年以内に他の車に乗り換える事を考えている方向けとなります。

最もコストパフォーマンスが良いのは「V」グレード

もちろん、ハイブリッドモデルはその燃費・加速性能から選択肢の一つに入る事が多いですが、
障害となるのはその価格。ハイブリッドモデルのエントリーグレードである「ハイブリッドX」でも価格は400万以上と高額です。

そうなると、もう最も価格の低いグレードを選択する方向に動きがちです。

そんな弱気なあたなたに一言「敢えて言おう、カスであると!」

いいですか?
車は非常に高価な買い物だけでなく、その人の生活を豊かにしてくれるものでもあります。
価格だけで買ってしまったら、後は愛着も何もわかず、毎週末ワクワクもしません。

だからこそ、お勧めしたいのは「費用を抑えつつ妥協はしない」Vグレード(2.5L)の購入です。

「V」グレードはヴェルファイア全体のグレードの中で中間グレードとなっています。

「V」グレードの良い所は、中間グレードとして「X」グレードにはない本革シートの設定や、木目調を使用した内装が用意されており非常に豪華な内装となっています。

また、その他の装備として「X」グレードにない【レーダークルーズコントロール】や【空調システム「ナノイー」】、【助手席の電動パワーシート・オットマン】など装備も非常に充実しています。

慎重派ゴリラ
革シートって、掃除のしやすさなどからリセールバリュー(売却時の価格)が高いんですよね!また助手席のパワーシートやオットマンなどの装備が充実しているのも同乗者に喜ばれそうな装備ですよね。

新型トヨタヴェルファイアのローン

現金で車両価格を一括で支払う方には関係がない話にはなりますが、
ここでは新型トヨタヴェルファイアのローンについて説明します。

まず、これからディーラーで商談をしようとしている方に一言伝えるとすると

「ディーラーローンでローンを組むほどバカげた事はない」という事です。

それは何故か?
ローンというサービスはお金を利息を払って借りるサービスですが、ディーラーローンはその金利額が非常に高い。
同じお金を借りるのに、金利が全く異なってくるので安い金利でお金を貸してくれるサービスを探すのが重要です。

トヨタファイナンス
株式会社モビット
金利
7.0%~
3.0%~
限度額
不明
800万円

最もポピュラーなカードローンと言えば、俳優の竹中直人さんを起用しているモビットです。

モビットの特徴は10秒簡易審査で審査結果が早く、契約後の支払いも銀行・コンビニ等全国で利用可能なので便利。
はじめて聞くローン会社とは異なり、メジャーなサービスなので安心感が違います。

ちょっとの工夫で、多ければ数十万もの支払い額が異なってきますのでローンの選択は注意が必要です。

新型トヨタヴェルファイアの値引き情報

新型ヴェルファイアを購入するにあたって、非常に重要なポイントとなる値引き情報。
ここでは既に値引き交渉を行ったユーザーの情報を集めてみました。

先ずヴェルファイアの値引き目標額ですが車両本体値引き32~37万円、DOP2割引き18万円の値引き総額50~55万円辺りかなと思われます。
引用元:【価格.com】値引きいい線いってるでしょうか?

値引き額はアルでは本体27万+DOPで10万 37万程度でした。
ヴェルでは本体+DOP-35万 下取り上記の店舗より15万 の50万程度だったので駆け引きと時間が勿体無いので契約しました。
ズバッと60マン引いたら買うとか言った方が早いかも。最近は70万も引くそうですが。
引用元:【価格.com】最近の値引状況

地域にもよりますが、ディーラーOPはバイザー・マットetcの安い物のみで現状だと飛び込みで粘って30~40万、付き合いがあって45万辺りかと。
引用元:【価格.com】最近の値引状況

12/3に愛知県でZ-Gを契約しました。
(30ZGからの乗り換えです)
MOP パール、サンルーフ、プリクラ、スペアタイヤ 、
DOP アルパイン12.8モニター(ナビBIGX11、マット、ETC、バックカメラは前車からのせかえ)
値引き・・・60万円(一発回答)
営業さんからの買い替えのご提案で、現在のヴェルファイアも同じ営業マンで購入でした。
引用元:【価格.com】最近の値引状況

今週Z-Gを契約しました。
MOP サンルーフ、プリクラ、スペアタイヤ
DOP なし(ナビなど移植工賃5万、マットは社外品を持込)
46万円引きでした。
DOP無しだとこの辺りが限界のようです。
地域やこれまでのお付き合いでも変わるのではないでしょうか。
例えば「40万引きだと今日契約するよ」等の駆け引きは有りだと思います。
関西のディーラーです。
引用元:【価格.com】最近の値引状況

慎重派ゴリラ
値引き額の目安としては、40万円の値引きが一定のラインとなっているようですね。もちろん、以前に購入した事があるディーラーマンと交渉するのは非常に有効だとの書き込みが多く見られました。目標は50万円、最低着地ラインは40万円という認識で商談に臨むのが良いかもしれません。

新型ヴェルファイアの口コミ・評価

それでは新型ヴェルファイアの口コミ・評価はどうでしょうか。
こちらも購入済みユーザーの声を集めてみました。

20系を7年乗り、車検でのタイミングで買い替えです。ファミリーカーとしては、優秀な車だと思います。床下のスペースが広くて、収納力が格段に増えたのが、想定外で、アウトドア用品が多い自分には一番うれしかった。エンジン性能・乗り心地は20系より良いと感じられます。子育てが落ち着くまでは、良い相棒になってくれそうです。
引用元:【価格.com】ライフスタイルにあった快適な車です。

①意外と小さくて小回りが効く。対向2車線のUターンなら一発です。
②レーザークルコン、勝手に追従してくれます。高速では便利ですが、一般道では前の車が曲がった際、前の車が加速したと思い込み、フル加速です。
③パワーバックドア、バックドアは手で開けるのがこの車重いので、使ってます。無いと不便です。
④8センサー、特に前の車間が分からないので、ピーって鳴ったら止まるようにしてます。
一回でもぶつけて修理費取られること考えたら、多分元は取れてます。
⑤後席アルパインモニター、子供(3歳)がお気に入りです。アンパンマンばかり見てます。
前と後ろの音声を分けられるので、運転手はラジオばかり聴いてます。
⑥燃費は今のところ1000キロほど走ってますが、高速、一般合わせリッター10キロくらいです。
特に燃費は意識していません。まぁまぁ走ります。
⑦後部トランクルーム床下に結構な荷物が収納できるので、災害用備品入れてます。寝袋、電気毛布等。
災害時には車中泊をするかもしれないので、この収納力には重宝してます。
引用元:【価格.com】最近の技術の進化は凄い。

正直街中にうじゃうじゃ走ってるので嫌だったのですが。
自分で購入してみると数多く走ってる理由がわかりました。とても良い車かと思います。
グレード選びが難しい車ですね・・・目的か予算をはっきり決めないと、ずるずると選びきれないですね。
とにかく試乗して冷静になって考えてから購入するべきかと。
自分はトランポ替わりに購入したので、グレードはXでもよかったかも?
GEだと少しお金出せば、ZGエディションも買えるので悩みますね。

あと値段はそこそこしますが、高級車ではないかな・・・質感などとても良くは作ってあるが。
上のクラスの車を知ってると、やはりうまい事作ってあるだけと気が付きます。
けど乗ってよい車と思います。買って満足度が非常に高い車ですね。
引用元:【価格.com】とても良い車です。グレード選びが難しい…

慎重派ゴリラ
価格.comの人気ランキングで2位という実績を持っているだけあって、購入者の評価は総じて高いですね!ただ、やはりグレード選びに苦労するのと価格が上級モデルだとかなり高くなるのがネックでしょうか。

トヨタヴェルファイアを最も安く買うコツ

この記事を読んでいる方は、ヴェルファイアが欲しい・これから購入予定という方が多いのではないでしょうか。
ここからはヴェルファイアを賢く安く購入するポイントについていくつかお話をしたいと思っています。

購入するタイミング(時期)が大事

まず、大事なのは購入するタイミング(時期)。
実は時期によって、大幅値下げをしてくれる事はご存知ですか?

なぜ時期によって、大幅値下げがあるのか?それは決算月が大きく関係しています。
決算とは特定の期間において売上等を計上します。
もちろん、トヨタにだってその時期にここまで売り上げようという目標があります。

その目標に向かってディーラーでは車を販売するのですが、最後の月は是が非でも売上を上げなければなりません。
その為に、決算月は売上を上げるために大幅値下げが発生するのです。

上期
下期
決算月
9月
3月

9月は中間決算、3月は年度末決算となりますので、値引き額も非常に高くなります。
どちらが値引き額が安くなるかは、3月の年度末決算時が安くなる傾向があります。

従って、ヴェルファイアを購入する場合は決算月を狙うと値引き交渉も成功しやすくなります。

慎重派ゴリラ
ゴリラはこの3月に値引き交渉を行い、63万円の値引きを成功させた経験があります。購入する時期を少し考えるだけで10~30万も値引き額が変わってきますので、ぜひ参考にしてください!

次は下取り価格の準備をする

準備とは、今の車の価格を調べる事。理由は「前準備次第で車の値引き金額が大きく変わる」からです

当たり前のことではありますが、人気車種はなかなか値引き額が少ない事が多いです。

そりゃそうですよね…、販売側だって黙ってても売れる新型車(人気車両ならなおさらです)をわざわざ大きく値引いてまで販売はしないはず。そんな事したら利益となる額がどんどん少なくなってしまいますよね。

そこで少しでも値引き額を大きくする最後の手段として下取り価格の増加がある訳です。

ディーラーでは良くこんな会話がされています。

慎重派ゴリラ
本体価格から5万円の値引きかぁ…無理なお願いかも知れないけれどもう少し値引きしてもらう事は出来ませんか?
ディーラーマン
そうですね…私どもも精一杯のお値引きなんですが…それでは、下取り価格を他社さんよりも大きく買い取るように頑張らせてください!

下取り…つまり現在所有している車両を売った金額で新しく乗り換える予定の車両の値引きを行う事を言いますがほとんどの方がこの下取り価格で失敗している事はご存知ですか?

ディーラーマン
大変お待たせしました。お客様が現在乗られている車両ですが、走行距離も少ないし目立った傷が少ないので、50万円で下取りさせていただきますがいかがでしょうか?
慎重派ゴリラ
えっ!?50万円!!(…さっきまで、値引き額で粘り強く交渉して5万円だったからこれは大きく値引きしてくれた!それだけ大きな値引き額になればいいかな…)そんなに高く買い取ってくれるなんて、ありがとうございます。それではその下取り価格で問題ありませんので契約の手続きをお願いします!
ディーラーマン
ありがとうございます。それでは手続きして参りますので暫くお待ちください。
ははは、他社ではおよそ80万円が相場だから30万円も儲かった!このまま契約まで一気に進めてしまおうっと♪

…そうなんです。ゴリラも昔に一度やってしまった失敗談を紹介させていただきましたが

現在乗っている車の価格も調べないで、値引き交渉をするのは損するのが当たり前です!
最低限、現在の車の価格は前もって認識した上で値引き交渉をしましょう

きちんと今乗っている車の適切な買い取り金額が分かっていれば、値引き交渉も優位に進められますよ!

ディーラーマン
大変お待たせしました。お客様が現在乗られている車両ですが、前期型の車両で走行距離も少ないし目立った傷が少ないので、50万円で下取りさせていただきますがいかがでしょうか?
慎重派ゴリラ
えっ!?50万円!!(…この間一括査定サイトで自分の車の価格を調べたら最も高い買い取り金額で90万円だったな…)それはちょっと相場より安いですよ!この間、私の方でも調べてみたら相場として80万から90万で買い取り依頼がありましたよ?
ディーラーマン
しっ失礼しました!私の方で誤って調べてしまった可能性もありますので、大変恐縮ですが再度確認して参ります。今しばらくお待ちください…(…ぐっこのお客様は下準備が念入りだから小手先のテクニックは通じないな…)

車の査定は様々な会社がサービスを提供していますが、信頼性と丁寧さで大手リクルート社が運営しているカーセンサーがお勧めです。

もちろん、リクルートのカーセンサーが行う一括査定は無料!
大手企業が運営しているだけあって、安心感が違います。

トヨタヴェルファイアの中古車

新車か中古で買うのかを一度考えてください。
それは何故か?実は中古車は新車よりも50万円近く安いことがざらにあるからです!

誰かが使った車…という概念だけ許容できれば、100万円も安く購入する事が出来るんですよ。
もちろんゴリラは断然中古派です。だって、少しの我慢で新車では買えないグレードが買えてしまうから!

新型トヨタヴェルファイアの中古車相場

新型トヨタヴェルファイア(現行型)の中古車相場は以下の通りです。

新車価格
中古車価格
X
319万円
289万円~
Z
353万円
298万円~
ZAエディション
375万円
332万円~
ZGエディション
417万円
349万円~
V
395万円
350万円~

中古車価格はその車種の人気度によって異なります。
人気があれば、中古車市場でも人気があり価格が高くなりますし、人気がなければ中古車でも価格は低くなります。

ヴェルファイアは人気がある車種なので、中古車市場でも高い価格となっていますが
それでも、上記のように新車価格より40万から50万円ほど安くなっています。

50万も安くなっていれば、欲しかったけれど予算の都合で買えなかった一つ上のグレードも購入できますよね?

トヨタヴェルファイアの購入方法まとめ

グレードは好みがあるので、何とも言えませんが購入方法はポイントがあるのはお分かりいただけたでしょうか。

後で後悔しない為にも、きちんと購入方法のポイントは押さえたいところ
最後に、ご紹介したポイントをもう一度お伝えします。

ポイント① 購入時期に気を付ける
購入した時期が少し違うだけで、値引き額に大きな差が生まれてしまいます。
なるべく決算時期に合わせて購入するように!

ポイント② 下取り価格を調査する
下取りに出す今の車の価格(価値)をきちんと前もって調査する事!
何にも調査せずディーラーの下取り価格で満足してしまうと、数十万の損になってしまいますよ。
私のおすすめはカーセンサーです。

ポイント③ 新車か中古車かを考える
それぞれ考え方があるので一概にはおすすめ出来ませんが、少しの我慢(中古)で一つ上のグレードが購入出来るのは大きな魅力。
条件を入力すれば、希望する車を探してくれるサービスを利用するのも間違いがなくてお勧めです。

後で後悔しない為にも、上記の3つのポイントだけはきちんと押さえてくださいね。
きっと満足するヴェルファイアが購入できるはずです!

スポンサーリンク

新型トヨタヴェルファイアの購入を検討、欲しい人に読んで欲しい情報まとめ

簡単60秒であなたの愛車を一括査定!


簡単60秒であなたの愛車を一括査定できます!最大7社の一括見積なので、比較して最高額を選べるのがポイントです! 最大で数十万円違うこともあるので、愛車の売却を検討しているなら、絶対に一括査定しないと損をします!