新型マツダCX-5(2017年型)のフルモデルチェンジ最新情報まとめ

6248-eyecatch_2

日本の車産業にディーゼルを普及させたといっても過言ではないマツダCX-5が2018年を目途にフルモデルチェンジを行うのはご存知ですか?

今年の11月に実施されるL.Aモーターショーにて新型(次期)CX-5が発表されると噂されますが

既にフルモデルチェンジしたCX-5のテストは行われており、その姿が海外で目撃されています。

さらに磨きをかけて発売されると思われるフルモデルチェンジ後のマツダCX-5について

現時点で明らかになっている外装(エクステリア)と内装(インテリア)、予想スペックについて紹介します!

最新追加情報あり
11月16日にマツダホームページから新型マツダCX-5の正式発表がありました!
詳しくは最新記事でチェックしてください!

新型マツダ2代目CX-5が発表!気になる販売開始日やデザイン、最新装備をまとめてみた

2016.11.16

フルモデルチェンジした新型(次期)CX-5のエクステリア(外装)

現在販売に向けてテストされている新型CX-5の姿は、海外メディアによって撮影されています。

ここでは現時点で明らかになっている新型CX-5のエクステリアをまとめてみました。







引用元:http://www.autoevolution.com/




引用元:http://www.motor1.com/

多くの販売台数を挙げ、大成功したモデルだけに新型はキープコンセプトで大きく外観が変わる事はなさそうです。

テールライトなども現行モデルの形状を継承している事も確認できます。

フルモデルチェンジ後の新型CX-5はフロントデザインが大きく変更される

キープコンセプトではありますが、フロンドデザインは大きく変更される事がカモフラージュされたスパイショットからも分かります。


引用元:http://www.motor1.com/

まず、ヘッドライトですがどちらかというと今までのマツダデザインではなく

現在のBMW3シリーズのようなヘッドライトになりそうです。

また、フォグランプ周りも現行モデルと大きく変わると予想されています。

海外テストを実施しているカモフラージュ付きのCX-5をよく見ても、現行モデルとは異なった細長いフォグランプが確認出来ます。

カモフラージュ写真を元にした予想CGも海外メディアによって公開されていました。


引用元:autobild.de

慎重派ゴリラ
これは好き嫌いがはっきりしそうなデザインになりましたね…。現行モデルのズシッとしたデザインと新型のすっきりしたデザイン…なんでもそうですが、デザインって印象をまったく違く見せる事が出来るので不思議ですよね…。

フルモデルチェンジした新型(次期)CX-5のインテリア(内装)


引用元:http://www.autoevolution.com/

それではフルモデルチェンジ後の新型CX-5のインテリアはどうなっているのでしょうか。

こちらのスパイショットから一部の内容が明らかになっています。

新型CX-5は最新のマツダインテリアに

新型モデルなので、当然ではありますがフルモデルチェンジ後のマツダCX-5は

CX-3と同じようにマツダコネクトが搭載されている事が分かります。

ただし、CX-3にはない現行CX-5の三連メーターパネルが設定されています。

慎重派ゴリラ
当たり前の話ですが、現行CX-5の内装は後から発売されたCX-3の内装に見劣りするのは否めなかったので、CX-3の内装がCX-5に搭載されたら良いのにと考えていたユーザーにとっては朗報ですね!

新型CX-5と現行CX-5の最新情報について

新型が発売されるという事は、現行モデルが生産停止となりますよね。

人それぞれ好みがありますので、現行モデルの方がカッコいいとか末期モデルは大幅値引きがあるなど

新型ばかりにスポットが当たりがちですが、現行モデルの情報の欲しいですよね!

ここでは、フルモデルチェンジ後の新型CX-5の発売日と現行CX-5の生産停止月についてまとめました。

フルモデルチェンジ後の新型CX-5の発売時期は2017年2月以降が濃厚

なんと!お店側で新型モデルの告知をしてしまうとは…(笑)

ただし、Web上で情報を検索していると以下の情報などもありました。

今日、4ヶ月ぶりに、マツダディーラーに行った時の営業マンとの雑談のなかで、新型CX-5情報がありました。ズバリ来年5月に発売だそうです。エンジンラインナップに変更無し。ボディーデザインは、キープコンセプトだそうです。
営業マンとの雑談

いろいろと情報は出ていますが、個人的には11月のLAモーターショーで新型CX-5の発表から3ヶ月での発売開始はちょっと厳しいのではないかなと思います。

2017年2月からの予約開始などであれば十分に可能性はありあそうですね。

現行CX-5の発売時期は2016年11月16日まで!

上記ツイッターだけでなく、現行CX-5の生産中止情報が多くツイートされていました。

バックオーダー等も限りがあるので、現行モデルが好きな方は急いだ方が良いかもしれません。

私も経験がありますが、末期モデルは非常にお買い得なんですが注文が殺到するので好きなオプション装着車両が少なかったりするんですよね…

慎重派ゴリラ
ちなみにゴリラは欲しかった車の末期モデル、決断が遅かった為にボディーカラーが自分の希望するカラーではないものになってしまった苦い思い出があります…。末期モデルはそのタイプにおけるネガティブ要素をほどんど解決したモデルで故障が少なく、またディーラーも在庫を極力売り切りたいので値引きもするのでデザインさえ気に入っていれば最もお買い得というのは車好きの中では周知の事実ですよね!

スポンサーリンク







現行CX-5の値引き額が動いている

モデルチェンジによる現行CX-5の生産終了が迫っているなかで、発売当初はほとんど値引きされなかった現行CX-5の値引き額に動きが出始めています。

今までの「値引きのマツダ」から一気に方向転換を行った事でも大きく取り上げられましたが

やはり、メーカー側も在庫車両を残さず(新型モデルが発売されたら型落ち車両になってしまうため)売り尽したいという心境になっていると思われます。

最後は下取り価格でどこまで値引き額を広げられるかが勝負

末期モデルの大幅値引きだけで満足している場合は注意が必要ですよ!

少しでも値引き額を大きくする手段として下取り価格の増加も忘れてはいけませんよね。

ディーラーでは良くこんな会話がされています。

慎重派ゴリラ
本体価格から15万円の値引きかぁ…無理なお願いかも知れないけれどもう少し値引きしてもらう事は出来ませんか?
ディーラーマン
そうですね…私どもも精一杯のお値引きなんですが…それでは、下取り価格を他社さんよりも大きく買い取るように頑張らせてください!

下取り…つまり現在所有している車両を売った金額で新しく乗り換える予定の車両の値引きを行う事を言いますがほとんどの方がこの下取り価格で失敗している事はご存知ですか?

ディーラーマン
大変お待たせしました。お客様が現在乗られている車両ですが、前期型の車両で走行距離も少ないし目立った傷が少ないので、50万円で下取りさせていただきますがいかがでしょうか?
慎重派ゴリラ
えっ!?50万円!!(…さっきまで、値引き額で粘り強く交渉して15万円だったからこれは大きく値引きしてくれた!それだけ大きな値引き額になればいいかな…)そんなに高く買い取ってくれるなんて、ありがとうございます。それではその下取り価格で問題ありませんので契約の手続きをお願いします!
ディーラーマン
ありがとうございます。それでは手続きして参りますので暫くお待ちください。
ははは、他社ではおよそ80万円が相場だから30万円も儲かった!このまま契約まで一気に進めてしまおうっと♪

…そうなんです。ゴリラも昔に一度やってしまった失敗談を紹介させていただきましたが

現在乗っている車の価格も調べないで、値引き交渉をするのは損するのが当たり前です!
最低限、現在の車の価格は前もって認識した上で値引き交渉をしましょう

きちんと今乗っている車の適切な買い取り金額が分かっていれば、値引き交渉も優位に進められますよ!

ディーラーマン
大変お待たせしました。お客様が現在乗られている車両ですが、前期型の車両で走行距離も少ないし目立った傷が少ないので、50万円で下取りさせていただきますがいかがでしょうか?
慎重派ゴリラ
えっ!?50万円!!(…この間一括査定サイトで自分の車の価格を調べたら最も高い買い取り金額で90万円だったな…)それはちょっと相場より安いですよ!この間、私の方でも調べてみたら相場として80万から90万で買い取り依頼がありましたよ?
ディーラーマン
しっ失礼しました!私の方で誤って調べてしまった可能性もありますので、大変恐縮ですが再度確認して参ります。今しばらくお待ちください…(ぐっ…このお客様は下準備が念入りだから小手先のテクニックは通じないな…)

車の査定は様々な会社がサービスを提供していますが、信頼性と丁寧さで大手リクルート社が運営しているカーセンサーがお勧めです。

慎重派ゴリラのメッセージ
カーセンサーの下取り価格調査サービスは以下がポイントです。
1. もちろん無料!お金は一切掛かりません。
2. 1社ずつ下取り価格を調べる手間が省ける
3. 一番高く買い取ってくれる業者が分かる!





慎重派ゴリラのメッセージ
3分間程度の手間で10万円以上の差
出るなら調べない理由がありませんよね。少しの手間でオプション装備が
買えてしまいますよ!

いかがでしたか?
日本の自動車販売台数でディーゼル車No.1の地位を作ったといっても過言ではないCX-5の新型モデル、気になりますよね!

情報が新しく入り次第、更新しますのでお楽しみに!

スポンサーリンク

6248-eyecatch_2

簡単60秒であなたの愛車を一括査定!


簡単60秒であなたの愛車を一括査定できます!最大7社の一括見積なので、比較して最高額を選べるのがポイントです! 最大で数十万円違うこともあるので、愛車の売却を検討しているなら、絶対に一括査定しないと損をします!