私がエルゴヒューマンプロではなく、ジェニディアにした本当の理由

ergohumanpro-genidia-review-main

つい先日念願叶って、めちゃめちゃ良いデスクチェアを手に入れました!

その名もErgohuman Genidia(エルゴヒューマン ジェニディア)。税込91,800円…

「エルゴヒューマン」と画像検索してみるとわかるんですが、一番最初に出てくるのはオットマンが内臓された「エルゴヒューマンプロ」なんですよね。

エルゴヒューマンの中で最上位版として位置しているので、レビューや口コミを見ても、大抵このプロについて書かれているものばかり。

この記事を書いた時点ではジェニディアのレビュー記事はなかったので、おそらくこの記事が日本で最初に「一般人が購入してジェニディアをレビューした記事」だと思います!
(※ 展示会でのレポートはありました。他は見逃していたらごめんなさい…)

エルゴヒューマンプロやベーシックも選択肢としてなかったわけではないんですが、最終的にこのジェニディアにしたのにはいくつか理由があります。それをこちらでは紹介していこうかなと思うので、ジェニディアを買いあぐねている方や良いデスクチェアを探している方の参考になれば幸いです!

Ergohuman Genidia(エルゴヒューマン ジェニディア)を買った経緯

これまで自宅での長時間のPC作業を想定していない環境だったので、かれこれ3年くらいIKEAで購入した4,000円くらいの可愛らしいダイニング用チェアでPC作業をしていたんです。

最近は会社の仕事や記事を書くために自宅でパソコンに向かう時間が多くなってきたんですが、 さすがに腰が痛くなるわ、気付いたら猫背になっているわ、お尻が痛くなるわで最終的に集中力が削がれてしまって捗らなくなっていたんですよね。

そこで「これはいかん!」と重い、デスクチェアを買う事を決心。

そして最終的に購入したのが、この Ergohuman Genidia(エルゴヒューマン ジェニディア)というわけです。

”もっと安いデスクチェアをまずは買って様子を見る”という作戦を考えていたんですが、色々情報を見ていると、「1万円台の椅子なんて話にならん!」という意見が多かったので、この作戦は断念。

「最低でも3万円以上だろ!」と叫ばれていたので、このくらいの価格で探していたんですが、中途半端な椅子を買って性能が中途半端なのが心に負うダメージがいちばん大きいし、買い直すとよりコストがかかるな…と考えた結果、はじめから後悔しないように”最上級品”を購入することにしたんです。

エルゴヒューマンプロではなく、ジェニディアにした本当の理由

これにはいくつかの理由があります。完全に私の体型や座り心地などに合わせた場合の意見なので、万人に当てはまることではありませんので、ご注意くださいね。

フットレストの位置が微妙だった

エルゴヒューマンプロを購入する場合、オットマンが付いているものを購入しようと思っていました。幸いにもエルゴヒューマンプロのレビューや口コミは調べるとたくさん出てくるので参考になるものはたくさんあったんですが、「身長が180cm以上だとフットレストの位置が微妙」といった口コミを数回見ました。

私は180cm以上あるのでちょっと心配していたんですが、試座してみたところ案の定、フィットする位置が膝裏近くになってしまって逆に窮屈だな~と感じました。よって、オットマン付きのエルゴヒューマンプロは断念することに。

ただ、オットマンの開閉?は想像していたよりも楽でしたね。

メッシュが沈み込み過ぎる

エルゴヒューマンプロは「エラストメリック・メッシュ」と「ファブリック・メッシュ」に分かれていますが、 試座は機能性を重視した 「エラストメリック・メッシュ」で試しました。

座り心地はかなり良かったんですが、「沈みすぎて、お尻が痛くなる」という口コミも見て、私も長時間座ると同じようになる可能性が高いと判断しました。

他の人とは違う椅子が欲しかった

理由として一番どうでもいい理由なんですが、元々人と被るのが嫌だったということもありレビューがすぐに見つかるエルゴヒューマンプロよりはジェニディアの方が良い!と思ってしまいました。

その方が、ジェニディアを検討している人の役に立ちますし!

特に、ジュニディアはデザイン性がとてつもなく良いです。男性ならこの気持ちがわかるはずです!笑

実際に座ってわかった Genidia (ジェニディア)の実力

ちなみに、今回購入したジェニディアはネットショップで購入したので試座していません!

これだけの高価な椅子を試さず買うのもどうかと思いますが、エルゴヒューマンプロは座り心地が相当良かったこともあって、この会社の製品に間違いないと核心があったので、まぁいっかという感覚です。

組み立てしなければならないのが億劫でしたが、男一人で15分かからないくらいで完成したので意外と楽でしたね。

ergohumanpro-genidia-review-sub1

実際に座らないとわからなかったGenidia (ジェニディア)の実力をレビューしていこうと思います。

デザイン

ergohumanpro-genidia-review-sub14 ergohumanpro-genidia-review-sub13 ergohumanpro-genidia-reviews-sub12

背面はステルス戦闘機を思わせるようなスタイリッシュなデザイン。デザインの力は大きいもので、このシルエットに私は惚れてしまったんです…

エルゴヒューマンプロの人間工学に基づいた変わった無駄のないデザインも好きだったんですが、このスタイリッシュさが勝りました。

座面の座り心地

ergohumanpro-genidia-review-sub8

座った時に 「ボーンフィット機能」という背骨に沿った形のまま包み込まれているような独特の感覚が癖になりました。メッシュの張りも申し分なく、若干跳ね返る位の弾力性がちょうど良いです。この位の堅さが長時間座っていても疲れない堅さなんだと思います。

ergohumanpro-genidia-review-sub3

素材に関しても安っぽさは一切なく、かなり丈夫な素材だと思うので、ちょっとやそっとじゃ破れないどころか擦れなさそうですね。

リクライニング

リクライニングした時もちょうど背中にフィットするよう調整できるので、とても気持ちよくリクライニングして休憩することができます。私はこれほどまでにリクライニングするデスクチェアに座ったことがなかったため、「このまま後ろに倒れてしまうんじゃないか」と心配するくらい倒れますね。

リクライニング状態を簡単に座面下のレバーでロックできるので、仮眠を取りたい時などにはちょうど良いと思います。リクライニングの強度は調整できるのですが、女性は軽いのでリクライニングさせるのがちょっと大変そうでした。

ランバーサポート

ergohumanpro-genidia-review-sub7

ランバーサポートに関してはランバーサポートの付いたデスクチェアに座ったことがなかったので、他の製品と比較できませんが、もっとグイグイ来ても良いかな?といった印象です。

エルゴヒューマンプロならもっと強めに調整できると思いますが、ジェニディアはボーンフィットが売りなので、ランバーサポートをそこまで強めに調整できないようです。

リクライニング強弱調節

リクライニング強弱調節は正直、柔らかいのか堅いのかはかなり微妙な違いのように感じられました。かなりグリグリ回さないと変化しないようですね。

正直、それでも柔らかくなっているのか実感できません。私だけかもしれませんが…ただそこまで重要な要素ではないのでまったく気になりません。

背もたれの上下可動

背もたれ自体の位置を上下に調整できます。この機能のおかげで身長の低い人~大きい人まで対応できます。特に身長の大きい方は自然と座高が高くなるので、この機能がある椅子とない椅子とでは明らかにリクライニングした時の楽さが違うと思います。

私のように180cmオーバーの体でも余裕で包み込んでくれます。

シーティングアラーム

ergohumanpro-genidia-review-sub5

シーティングアラームはパソコン作業に集中していて、いつの間にか猫背の前傾姿勢になってしまったや浅く座って背もたれに寄りかかったりすると、よく発動して「ピー、ピー」と音を立てて教えてくれます。

良い意味で集中しているので、その音で作業を中断してしまうため本当に良いのか悪いのかわかりませんが、腰や背中を痛めるよりはマシだと解釈し、この機能は常にオンにしています。ちなみに、悪い体制をなおすまでなり続けます。邪魔な人は無理してシーティングアラームを使う必要はないかなといった感じです。

私はこの機能は最初は使っていましたが、たまにビックリするのでオフにしています…笑

ヘッドレスト

ergohumanpro-genidia-review-sub6

リクライニング時に重要なのでヘッドレストの存在なのですが、高さやヘッドレストの角度を細かく調節できるので、自分の好みのフィット感に合わせることができます。

私は長時間リクライニングして仮眠するタイプではないので、それほど出番はないのですが、ちょっと休憩したいときに背伸びをしてそのままヘッドレストに頭を乗せて小休憩を取ります。やはりこの時ヘッドレストがないと頭を置くところがなく、本当の意味で力を抜くことができないので、この存在は大きいなと感じました。

エルゴヒューマンプロにもヘッドレストの有り無しがありますが、絶対に有りを買っておいた方が良いと思いますよ!

シートの座奥調節

好みによって座面を長くして広く使ったりと座面を出し入れすることができます。足が長い人は、短めにしてちょうど膝の間接部分に座面が来るようにして座ると、足が支えられるので楽に座ることができます。

シートの前傾調整

ergohumanpro-genidia-review-sub2

ジェニディアには座面の前掲調整機能が付いています。PC作業ではどうしても目線の高さよりもディスプレイの位置が下にくることが多いため、気付かないうちに自分の体が前のめりに姿勢が悪くなってしまうことが多いです。

前傾調整機能を使って、座面自体を若干前傾させることにより、姿勢が安定するため長時間の作業でも姿勢が保たれ疲れを腰への負担を軽減することができます。

アームレストの上下左右可動

ergohumanpro-genidia-review-sub4

これはある程度の値段のデスクチェアにも付いているとは思いますが、かなりお気に入りの機能です!高さはもちろん、上下左右にもスライドさせることができるので、自分のちょうど良い位置・高さにして肘を置きながらキーボードを叩けるのはなんて楽なんだと思いました。

しかも、このアームレストの天板はプラスチックではなく若干堅いゴム素材になっているので、肘を置いてもまったく痛くならないんです。

さすがに細かいところまで機能が行き届いているなと感じました。

購入するならYahoo!ネットショッピングがおすすめ!

ergohumanpro-genidia-reviews-sub11

かなり高額な買い物だったため、最安で買えるところをしっかりと調査しました。私が見つけた中で最安だったのが、Yahoo!ショッピングの村田家具さんでした。

金額こそ税込み82,500円だったのですが、Yahoo!ショッピングで購入すればこれに1%のTポイントがもらえます。

私の場合、専用アプリからのはじめての購入で2倍、Yahoo!プレミアム会員登録で4倍、5の付く日で4倍、通常の1倍の合計、11倍ものポイントが付与されたので実質は7万円台で購入できたことになります。

ergohumanpro-genidia-reviews-sub10
※ 上記の画像にはすべてのキャンペーン分のポイントが含まれていません

さらに年会費無料のYahoo!Japanカードがあれば、さらにポイントが2倍上乗せされるのでよりお得に購入することが可能です。場合によっては、Yahoo!カードを作成するとポイントが最大で7000ポイントも付いてくるキャンペーンを開催していることもあります。

実は、村田家具さん自体もホームページをお持ちでしたが、汎用的なTポイントがもらえるYahoo!ショッピングの方から購入させていただきました。配送状況に関して電話した時も丁寧に対応してくださり、非常に良いお店でした。

まとめ

ergohumanpro-genidia-reviews-sub9

いかがでしたでしょうか?

私が購入してからこれまで座ってみた感想としては、とにかく”長時間座っていてもまったく疲れないのが一番のメリット”だと思うので、在宅のプログラマーやWEBデザイナー職の肩や、投資家・トレーダーの方なんかにはおすすめですね。

私のように180cm以上ある大柄な男性にもGenidia (ジェニディア)は非常にフィットする高級デスクチェアだと思います。もっと小柄な方や女性には、Genidia (ジェニディア)の小型化した新型である、 Genidia smart(ジェニディア スマート)が良い思います。

”買う価値があったか?”と言われれば、間違いなく私の場合はありました。

今まで座っていた椅子が椅子だけに、その差を顕著に感じましたね。正直、2~3万円の椅子だったとしてもある程度も満足できたのかもしれません。しかし、コスパと健康はトレードオフだと思っているので、この位の出費は仕方ないことだと思っていますし、「健康のための先行投資」と考えれば、逆に安い買い物だったとさえいえるかもしれません。

これからGenidia(ジェニディア)の購入を検討している方の参考になれば幸いです!

スポンサーリンク

ergohumanpro-genidia-review-main

買い物も映画も音楽も!Amazonプライムがお得すぎ!


Amazonプライム会員ならお急ぎ便無料、映画もアニメもドラマも見放題、100万曲以上の音楽が聴き放題、その他特典満載で月額325円! 今なら30日間無料で試せるのでまだプライム会員ではない方はまずこの”すごさ”を体験してください!