人気の腕時計『Knot(ノット)』を購入したので使い心地をレビューしてみた

knot-review-main

最近話題の腕時計ブランド『Knot(ノット)』を購入しました。まぁ衝動買いという奴です。

ペアウォッチを買おうかな~と思っている時に見つけたのは、楽天でここ1年程ずっと人気の『ダニエル・ウェリントン』という時計ブランドの時計だったのですが、たまたまニュースアプリで見つけた記事で紹介されていたのが、『Knot(ノット)』でした。

調べてみると、本当にここ最近生まれたブランドで、クラウドファンディングで資金調達に成功した事で直営店をオープンできるようになったブランドだというじゃないですか。

ビジネスにもカジュアルにも使えてコストパフォーマンス抜群だと評判ですし、何より”カスタムオーダーできる”というふれこみが、オーダーメイド好きな私の心をくすぐりましたね!

しかも女性でも身に付けやすいスクエアタイプも存在しており、完全に心奪われました。見つけたその翌日に吉祥寺の直営店に行ってペアで2つ買ってしまいました!

というわけで、人気の腕時計『Knot(ノット)』についてレビューしつつその魅力をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク







腕時計『Knot(ノット)』とは?

knot-review-sub1
冒頭でも簡単に紹介しましたが、『Knot(ノット)』はクラウドファンディングで資金調達に成功し、有名になった腕時計ブランドです。

当初は、100万円の資金調達を予定していたところ大成功を収め、予定の5倍の500万円もの出資金を集めたことでメディアでも話題となりました。その後、吉祥寺の直営店をオープンするために300万円の資金調達にも成功しています。「ガイアの夜明け」にも出演しました。

クラウドファンディングとは?

クラウドファンディング(CrowdFunding)とは、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語で、クリエイターや起業家が製品・サービスの開発、もしくはアイデアの実現などの「ある目的」のために、インターネットを通じて不特定多数の人から資金の出資や協力を募ることをいいます。

参照元:http://anipipop.com/what-is-crowdfunding/

『Knot(ノット)』の代表の方は、「そもそもどうして腕時計は色やサイズが服のように選べないのか?」という疑問を抱いたところから、このブランドを立ち上げたようです。

この記事の執筆時点(2016年3月時点)では、腕時計本体(ケース)が28種類、ベルトが全152種類あり、その組み合わせ総数は3000通りになります。

http://knot-designs.com/

http://knot-designs.com/

特にベルトはシンプルな革製の物から、メタル製の物、ナイロン素材、京都のくみひもまで多種多様に展開されており、自分の好きな組み合わせが必ず見つかるはずです!

金額も非常に安価で購入でき、ケースとベルトは別々での購入ですが、腕時計本体は14,000円~20,000円、ベルトは3,000円~5,500円なので、どんなに高い組み合わせも25,500円と世の高級時計の10分の1ぐらいの価格で買えるんです!まぁ、高級時計と比べるのはお門違いでもありますが、そのぐらい価格にインパクトがあります。

『Knot(ノット)』の5つのこだわり

1:高品質な素材を全製品に標準装備!

https://www.makuake.com/project/knot/

https://www.makuake.com/project/knot/

時計本体のケースには、医療用器具にも採用されている抗アレルギー素材の「サージカルスティール」が使われており、長時間の着用でも肌にストレスをかけないといった気の使いようです。ムーブメントにも絶対な信頼のあるCITIZEN製クォーツ式が使われているので、性能の面でも高品質。MADE IN JAPANはやはり信頼感が違います。

2:日本国内の時計工場で組み立て、検品、精度調整を行い品質保証!

https://www.makuake.com/project/knot/

https://www.makuake.com/project/knot/

MADE IN JAPANにこだわり、すべてを日本国内の工場で組み立てているそうです。また、品質に関しても大手の時計メーカーのOEM生産を手掛ける時計技術工場と契約をしているとのことで、検品や時計の精度に関しても日本トップクラス。いや、日本でトップなら世界でもトップクラスの品質に仕上がっているといっても過言ではありません!

3:流通の無駄を省き、最高品質の腕時計を最良な価格で提供!

https://www.makuake.com/project/knot/

https://www.makuake.com/project/knot/

『Knot(ノット)』は、通常の時計の流通過程で通すはずの商社やメーカー、輸入代理店などは通さずにWEB上での販売をメインとしているため大幅にコストを削減しています。”SPA方式”いうらしいです。

消費者としては「安かろう、悪かろう」ではない理由がしっかりとあるので、安心して購入することができますよね!

4:生涯愛用できるトラディショナルなデザイン!

https://www.makuake.com/project/knot/

https://www.makuake.com/project/knot/

『Knot(ノット)』の時計は無駄な装飾などはなく、すべてシンプルなデザインです。発売当初は「丸いケース」の商品しかありませんでしたが、今ではスクエアタイプも発売され、洗練されていてより上品です。一生使えるかはわかりませんが、ベルトを変えることでオンにもオフにも使えて、使い勝手で最高なんです!

5:誰でも簡単に付け替えが行えるベルトを毎シーズン開発!

https://www.makuake.com/project/knot/

https://www.makuake.com/project/knot/

最大の特徴と言えるのが、”ベルト”です。“Easy Lever(イージーレバー)”と呼ばれる金具が『Knot(ノット)』に売っているベルトには標準装備されていて、超簡単にベルトを着脱できます。なので、わざわざ工具を使ってベルトはずしたり、時計専門店に出さずともその日の気分によってベルトを着せ替えることができるんです!

↓ “Easy Lever(イージーレバー)”

『Knot(ノット)』を買ってよかったこと

今回は、ペアウォッチを買う目的がそもそもあったのですが、何十万円もする高級時計を買う予算はありませんでした(しかも2本…)。そんなとこでたまたま見つけたのが『Knot(ノット)』だったんですが、とにかくコストパフォーマンスが良かった!

上質なカーフレザーを使ったストラップが“Easy Lever(イージーレバー)”付きで3,000円ですし、私が購入したケースは通常の”丸いタイプ”と”スクエアタイプ”なんですが、それぞれ14,000円と15,000円でした。

しかも、ちょうど1周年記念で10%OFFで買えてしまったので、ただでさえ安いのにさらにお得に買えてしまったという・・・

knot-review-sub4

箱はこんな感じ。ちなみに無料で簡単なラッピングをしてくれます!

knot-review-sub5

箱を開けるとこんな感じでケースが収まっています。箱を開けた時はめちゃめちゃテンションが上がりましたね!

knot-review-sub6

ベルトを付けると、こんな感じ。

knot-review-sub7

裏面はこんな感じ。

まだ買ったばかりで革が固いのですが使っていくに馴染んでくると思うので、革のエイジングが楽しみです!革のベルトも飽きてきたら、オーソドックスなシルバーのメタルバンドを買おうと思います。

ちなみに『Knot(ノット)』を買うには、公式サイトか直営店、その他ECショップで購入する必要がありますが、大人気過ぎて売り切れ続出です…安くて人気のある丸いケースのほとんどは売り切れています。ただ、公式サイトではタイミングがよければ予約購入できます。特に人気のあるゴールド系の色は直営店ではまずお目にかかれないと思うので、予約して買うようにしましょう。

20代から30代、もちろんそれ以上の方や男性でも女性でも問題なく着用できる『Knot(ノット)』はプレゼントにもめちゃめちゃおすすめですよ!

→ 公式サイト:Knot(ノット)/カスタムオーダーできるMADE IN JAPAN腕時計ブランド

直営店だけ?ちょっとしたデメリット

吉祥寺の直営店で購入したのですが、話題と言うこともあり、結構立地が悪いにも関わらず非常に混んでいました。それでお客さんが好きなようにディスプレイされているケース手で触れて、置いてある数多くのベルトと合わせて、自分の思い通りの組み合わせを模索して購入するスタイルです。

しかし、大人気で生産が追い付いていないのか、基本的に時計本体(ケース)は現品限りなんですよね。どういうことかというと、「ディスプレイされている商品 = 売り物」なんですよね。洋服屋さんとかと一緒ということです。

私はてっきり在庫があって、完全な”新品未使用”を買うものだと思っていたんですよね。

なので、店頭で購入する場合、色々な人がベタベタ触った商品を買わなければならないんです。(WEBでの購入はわかりません)もちろん、購入の際は綺麗に拭いてくれるものの、良いことではないですよね。ちょっとこの点が残念かな~といったところ。

※ ベルトは完全な新品でした。

「オンネームサービス」でさらにペアにおすすめな時計に

custom-order-watche-knot-review-1125-a

「オンネームサービス」はよく指輪などに入れる刻印と同じサービスだと思ってください。別途2,000円かかってしまいますが、 時計の裏側に ”英数字”、”特殊記号”の最大17文字を掘ることができます。

ペアで購入する場合には、お互いの名前だったり記念日などを掘るとより愛着がわくはずなので、相方へのプレゼントによりおすすめな時計となりましたね。クリスマスプレゼントや誕生日などに「オンネームサービス」を施した世界に一つだけの腕時計をプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

オートマチックモデルの「AT-38」も登場

custom-order-watche-knot-review-1125-b

knotではついに、自動巻きの「AT-38」シリーズがラインナップに追加されました。そもそも質が良いとして有名なknotが開発に16ヶ月もかけたということで、海外の高級オートマチック時計にも匹敵する「MADE IN JAPAN」の製品に仕上がっているようですね。

公式サイトを除くとわかると思いますが、メディアなどでも多数取り上げられた影響もあるのか、現在は”在庫切れ”ではなく「予約切れ」となっていて、予約すらできない状況になっています…もしかすると、店舗まで行けばなにかしら教えてくれるかもしれませんが…

いつ予約が再開されるのかわかりませんが、狙っている方は公式サイトを随時チェックしていくしかなさそうですね。

knotの腕時計を購入後半年使っての様子

購入して付け始めてから半年程たったので、その後の様子を簡単にお伝えします。

custom-order-watche-knot-review-1125-c custom-order-watche-knot-review-1125-d

最初に購入したストラップは「OILED CALF LEATHER」ですが、ほぼ平日は毎日使っていたら色がはがれて薄くなってきました。革の折れ目もさすがに目立つようになってきてボロボロ感が否めないので、そろそろ買い替えかなといった感じです。

革なのでどうしても劣化がメッシュバンドより早いです。私が購入したときにはまだなかった「Premium Series Lizard Strap」も良いんですが、半年おきにストラップを購入するのはコスパが悪いので、次は無難にメッシュバンドを購入しようかなと思っています。

そもそも、Easy Leverでストラップの着脱が簡単なので、気分に付け替えるのがknotの利点だと思うので、ストラップを数種類用意して、革靴のように履き替え(付け替え)ながら愛用すれば革ベルトでももっと長い期間使えるはずですけどね…

ちなみに時計本体の方はなんの問題もなく動作しています。

同系列のミニマルなデザインのダニエル・ウェリントンもかっこいい

gdgd

knotと同様にミニマルなデザインで男女ともに人気なダニエル・ウェリントンも良い時計ですね。knotは公式サイトのみでしか通販を行っていないので、ちょっと購入のハードルが高い気がします。店舗も横浜・吉祥寺・心斎橋しかないので、買いに行ける人も限られますし…

そんな時におすすめなのが、このダニエル・ウェリントンです。楽天やAmazonなどでも取り扱いもあり、公式代理店サイトでは限定のブラックモデルも販売しているので、男性へのプレゼントにも最適です。楽天のポイントを使って購入できるところも良いところだと思いますね。

ダニエルウェリントンブラックモデル日本公式販売

2万円以下で買える社会人におすすめなメンズ腕時計ブランド6選

2016.04.19

スポンサーリンク

knot-review-main

買い物も映画も音楽も!Amazonプライムがお得すぎ!


Amazonプライム会員ならお急ぎ便無料、映画もアニメもドラマも見放題、100万曲以上の音楽が聴き放題、その他特典満載で月額325円! 今なら30日間無料で試せるのでまだプライム会員ではない方はまずこの”すごさ”を体験してください!