【保存版】未経験でも絶対に面白い!おすすめ野球漫画17選

私が面白いと感じたおすすめの野球漫画をまとめてみました!

正統派な野球漫画から、ギャンブルあり、マネーあり、頭脳戦ありとバラエティー豊かに厳選。

個人的には過去に野球の経験はないんですが、それでもすごいハマった作品ばかりです!野球未経験でも絶対に面白いのでぜひ!

野球未経験でも絶対に面白い!おすすめ野球漫画17選

ONE OUTS(ワンナウツ)

派手に逆立てた髪型が特徴で、目つきのちょっと悪い主人公、渡久地東亜(とくちトーア)が賭け野球で無敗の成績から、プロ野球へ挑むマンガです。
破天荒な設定になっている主人公、そしてその実力は本物というアンバランスさが、プロ野球に行ったらどうなるのか?そんな見方の出来るストーリーです。
実際に、プロ野球界で通用してしまう強さを持つ主人公なので、賭け野球の本気度が伝わってきます。
ご法度とされる賭け野球と、プロ野球を織り交ぜる内容は、読み手をぐいぐい惹きつけてくれます。

・見た目にも破天荒な主人公の逆転劇が痺れる
・痛快すぎる程に実力を持つ主人公が、上から目線のプロ選手をなぎ倒す気持ち良さ
・最後の山場で、去っていく主人公の後ろ姿が、どこか切なくかっこいい!

H2(エイチツー)

野球愛好会から細々活動していた主人公、国見比呂(くにみひろ)が正式に野球部として活動し、甲子園を目指していくマンガです。
野球部として正式に認められるところからスタートし、最後は甲子園というストーリーは、他の野球マンガと違うところで大逆転とも言える展開となっています。
中学時代の親友と試合で再開し、ライバルとして戦いあうその姿に、友情と感動を感じさせる作品です。
H2というタイトルから、二人のヒーローを意味する親友同士の関係性が熱いマンガです。

・高校野球をテーマにしながら、その裏で展開するヒロインとの恋が切ない
・親友でありライバルである、そんな関係性がお互いの成長を熱く盛り上げる
・名作タッチの作者が織りなす、新たな青春ストーリーに感動抜きでは語れない!

MAJOR(メジャー)

右投手だったが、左腕へ転向しジャイロボールを武器とする主人公、茂野吾郎(しげのごろう)が、幼少期からプロ野球選手になる軌跡を描いたマンガです。
彼の成長とともに所属するチームを情熱で突き動かし、チームが一丸となって目標に向かって前進していくというストーリーです。
実在するプロ野球チームをもとに描かれており、小さいころから天才と言える才能を持っている主人公の奮闘が熱くなれる作品になっています。

・ジャイロボールという球種を一貫して武器とする、主人公のスタイルが気持ちいい
・幼少期から描かれるストーリーで、主人公の成長に愛着を感じる作品
・友情と努力というテーマが主となっており、青春と成長の葛藤が熱い内容

クロスゲーム

スポーツ用品店の息子である主人公、喜多村光(きたむらこう)と幼馴染みの4姉妹を中心に、高校野球入部から甲子園を目指すマンガです。
野球経験こそないものの、バッティングセンターでトレーニングをしていた事で、入部後に才能を開花させていきます。
甲子園という大きな目標のそばで、幼馴染みとの恋愛も混ざり合い、青春が甘酸っぱく描かれています。
名作のヒットメーカーである、タッチの作者が描く作品で、女性にも読みやすいマンガです。

・少しコメディカルな展開で、主人公のキャラクターが面白い立ち位置です
・本筋である野球と同時に、青春を感じる恋愛作品となっており甘酸っぱい
・大きな進歩ではないものの、確実に成長する主人公の姿がりりしい

タッチ

双子の主人公、上杉達也(うえすぎたつや)とヒロインとの恋愛を絡めながら、成長していく野球マンガです。
かなりメジャーなマンガで、その後の読者は連載が終わった今でも増え続けています。
ストーリー展開としては、ベタな場面も多くありますが、青春時代の想いを分かりやすく表現した描写が面白い作品です。
甲子園という目標を果たすのですが、そこまでのヒロインとの掛け合いがメインとも言え、どちらかと言えば男女どちらも読める恋愛マンガになっています。

・主人公とヒロインの関係が、前に進みそうで進まない、青春らしさが心締め付ける
・チームの結束力が強く、悪意を持って負けさせようとする試練に打ち勝つ絆
・主人公の兄が亡くなるという無気力感から、ヒロインと再起する感情がリアルで切ない

ラストイニング

会社の事情から逮捕されてしまった主人公、鳩ケ谷圭輔(はとがやけいすけ)がその後監督する高校野球チームと共に甲子園を目指す野球マンガです。
主人公は昔高校野球時であった事もあり、それなりの知識はあるが、サラリーマンから転身した監督という設定です。
理解しがたい練習方法や、意外性だらけの先方で勝ち進む野球スタイルで、徐々にチーム力を上げていきます。
暗い過去から、最後は監督を去ってしまうも、その後も多方面からスカウトがかかるという展開は、主人公の実績と本当の人柄を分からせる内容です。

・インチキサラリーマンから逮捕、そして監督となる異色の展開が面白い
・監督としての手腕が、理解されなくもチームが強くなっていく事で証明される爽快感
・はかなくもチームを去る主人公、その後また声がかかるという流れが感動的!

Dreams(ドリームス)

主人公である久里武志(くりたけし)は、高校野球部で4番エースながら喫煙をしたり茶髪という、一見高校球児とは見えない風体の選手です。
しかし見た目とはウラハラに、野球に対する真剣さは本物で、勝つための努力も影で懸命にするというスタンスです。
チームや周囲から疎まれる事も多いのは当然ですが、見た目からは想像も付かない強さで相手チームをなぎ倒す、そんなシーンはかなり爽快です。
常識はずれな魔球を習得し、相手の度肝を抜く、そんな痛快野球マンガです。

・見た目には分からない、陰の努力で実力を持つ主人公が最後までかっこいい!
・常識はずれの魔球を投げる主人公に、リアルさとはかけ離れたヒーロー感を思わせる
・打撃も実はすごい主人公に、野球に対する万能な能力が面白さのポイントい

MIX(ミックス)

高校野球部で1年生ながらピッチャーを務める主人公、立花投馬(たちばなとうま)が30年ぶりにチームを甲子園出場を目指すという野球マンガです。
実はこのマンガ、名作タッチで上杉達也が通っていた高校の野球部、明青学園で巻き起こるストーリーです。
時折出てくるタッチのストーリーと重なる展開が、昔のファンも新しいファンも巻き込む構成となっていて、読みやすく面白い作品となっています。
主人公とは、血のつながらない兄弟が組むバッテリーという設定も、面白い要素の一つとなっています。

・タッチではおなじみの明青学園のなれの果てにショックを受けるも、奮起するシーンが満載!
・血のつながらない兄弟ながら、お互いのプレーで信頼を高めていく絆に感動するい
・どこか暖かい描写が、タッチを彷彿させて読み出しやすい

ROOKIES(ルーキーズ)

実写化までされた、高校野球マンガの金字塔とも言えるROOKIESです。
面白いシーンが満載で、個性の強いキャラクターをまとめる主人公、川藤幸一(かわとうこういち)が監督として奮闘し、選手の卒業までを描いています。
面白さの理由はなんと言っても逆転ゲームですが、その中たびたび訪れる感動シーンは、多くの読み手を惹きつける原動力となっています。
不良が野球を通して自分を見出し成長していく、一見理想的ながらも逆境ばかりの練習シーンは、青春時代の葛藤を分かり易く読める内容になっています。

・真面目で熱すぎる主人公と、真逆にいる選手たちが一つになっていく結束感が面白い
・独特の考え方で、まっすぐ前しか見ない主人公に、不良だった選手が振り向いていく気持ち良さ
・強豪に馬鹿にされながらも、練習という努力が徐々に試合に実る達成感が感動的

おおきく振りかぶって

エース投手だった主人公、三橋廉(みはしれん)が中学時代周囲にひいきを疎まれながらも、高校の野球チームで実力をもとにチーム全体を強くするマンガです。
チームは決して強くはない、けれどそこでエースとなった主人公は、驚異的なコントロールで相手を圧倒していきます。
いきなり勝てるチームにはなりませんが、徐々に強くなっていくシーンと、主人公を中心としたチームの葛藤が非常に面白い作品です。

・周囲に疎まれたエースであった主人公が、本当の実力を花開かせる成長が面白い!
・新人ばかりのチームが、強豪相手にひけを取らないように強くなる一体感が熱い!
・試合中に負傷するチームメイト、敗北するチーム、葛藤と悔しさが試合を熱くする

グラゼニ

格差社会であるプロ野球を、左の中継ぎ投手である主人公、凡田夏之介(ぼんだなつのすけ)を中心にシビアさが描かれているマンガです。
ニュースなどでしか知り得ないプロ野球選手の年俸や、それに付随する格差がリアルに映し出されていて、単純に野球好きというだけで読むには惜しい内容です。
実在する選手をモデルとした登場人物もいて、その中身も理解しやすく野球を知らない人でも読みやすいストーリーに仕上がっています。

・なま臭い年俸という観点から、プロ野球選手の実情が描かれている大人のマンガです!
・スポーツ選手という生き方、その扱いが如実に反映されていて覚悟と決意がリアル
・実在する選手がモデルとなるシーンもあり、読み手を惹きつけるストーリー展開が面白い

クロカン

家業の豆腐店と高校野球部の監督を務める主人公、黒木竜次(くろきりゅうじ)が自分の監督するチームを甲子園へと目指す野球マンガです。
主人公自身の性格が、必ずしも万人には好かれると言えない性格の設定でありながら、チームは強くなっていきます。
青春を追いかける選手と、上を目指したいが粗暴な監督との衝突が絶えない内容です。
選手目線を織り交ぜながら、メインは監督という立場から見る高校野球を描いており、青春という1ページを、一歩引いてみる事ができるマンガです。

・監督である主人公と選手の、想いが同じでありながらぶつかる青春が描かれている
・少なくも主人公を慕う選手、そこから生まれる賛同者がチームを強くしていく結束力!
・主人公が甲子園出場目前で去る、その展開が物悲しくも新たなチームの力を発揮させる

ダイヤのエース

エースピッチャーを目指しながら、甲子園出場を目標にしている主人公、沢村栄純(さわむらえいじゅん)が奮闘する野球マンガです。
部員数が多い中で、エースを目指す主人公とチームメイトが、せめぎ合いながらも切磋琢磨するストーリーは、高校野球の大変さを物語っています。
ただ見る高校球児と、実際のスタメンに入るための現実が、リアルに描写されています。
苦労が見えるからこそ、その読み手も熱くする内容に仕上がっていて、終始心躍りながら読めるマンガです。

・強豪と言われる高校で、多くの部員からスタメンを目指す主人公に共感できる
・ひたむきで前しか向かない、熱い主人公の姿勢を応援したくなる
・スタメンで見える表舞台と、その裏で涙をのむ選手がいる葛藤が青春を感じさせる!

バトルスタディーズ

強豪と言われた、名門校の野球部に入部の夢を果たした主人公、狩野笑太郎(かのうしょうたろう)が部内の厳しさに耐えレギュラーとして活躍する野球マンガです。
名門だからこそ実力ある選手が集まり、さらにそこからレギュラーを勝ち取る難しさは、実際の高校野球の厳しさを物語っています。
リアルな名門校の実情を、経験者が語っている構成背景が見えるので、非常に面白く泥臭い内容に仕上がっています。

・強豪でレギュラーを勝ち取る難しさ、それが如実に描かれていて面白い!
・憧れを抱くほどの試合を魅せる名門校の試合、その他野球の試合シーンが迫力で描かれる
・超体育会系とも言える、汗か涙か分からない程の練習が、高校野球の真剣さを見せつける!

やったろうじゃん

県大会ベスト8止まりの野球部に新監督として就任する主人公、喜多条順(きたじょうじゅん)がチームを甲子園に導く野球マンガとなっています。
主人公自身も選手だったという事から、やってやれない事はないというスタンスで、猛烈なシゴキで選手と対立する、そのやり取りと葛藤が非常に面白い作品です。
自らの経験が監督というポジションから発する指導に、どう活きて選手が応えるか、その熱い想いと選手の反発が交差するマンガになっています。

・自身がプロに行けなかった経験から、監督としての指導方法が風変わりで面白い
・徐々に主人公と足並みをそろえるチームに、段々と付いてくる試合結果が気持ちいい
・県大会ベスト8という力量から、甲子園出場までの苦しい道のりがリアルに描かれる

砂の栄冠

投手で度胸あるストレートが武器の主人公、七嶋裕之がチームの浮き沈みに奮闘しながら甲子園を目指す野球マンガです。
主人公が所属するチームのファンから金を受け取り、チームを再起させるという、一風変わったストーリーなのでブラックな要素も強い内容となっています。
ですが、高校野球のリアルさはしっかりと描かれており、選手たちの努力がにじみ出る試合シーンは圧巻です。
違った目線から高校野球が見れて、また高校野球の厳しさも垣間見える作品です。

・並み以上の能力を持つ主人公と、まとまり切れないチームのアンバランスさが見もの
・ファン目線を大事にするという、試合に勝つだけではない野球の魅力が見えてくる
・順当に勝ち進めるだけでない試合展開が、妙にリアルで読みたくなる気持ちを抑えきれない!

錻力のアーチスト

野球をする中で、チームプレイを嫌い自分のホームランだけを追い求めていた主人公、清作雄(きよさくゆう)が、故障を乗り越え奮闘するマンガです。
家庭環境から他人を信用しないという性格でありながら、高校進学後に考え方が変わっていき、自分よりもチームというスタンスが変化していくところが面白い部分です。
青春時代を映し出すように他者との葛藤と自分の成長を描く、スポーツマンガに仕上がっています。
信頼ある友人との、ぶっきらぼうで仲の良い掛け合いも見どころです。

・チームプレイを嫌うも、団体競技をしている主人公の立ち位置が面白い
・自身の故障を乗り越え、チームプレイに目覚める心の変化が切なくも応援したくなる!
・ライバルで親友とも言えるチームメイトとの掛け合いが、コミカルで少し乱雑だが暖かい!

最強!都立あおい坂高校野球部

従妹が監督を務める、弱小高校野球部に入部した主人公、北大路輝太郎(きたおおじきたろう)が、独特の投球スタイルでチームを強くしていくマンガです。
ピッチャーでありながら、バッターとしての才能もあり野球全般に強いところが痛快です。
主人公が少年時代のチームメイトと再会し、弱小チームを再編させ強豪に勝つところは、スタンダードなストーリーだが面白い展開となっています。
監督である従妹を甲子園に連れて行くという、壮大な夢が描かれています。

・弱小チームが強くなる、その中心にいる主人公の熱い想いがワクワクさせてくれる!
・強豪として出てくる相手チームが、それぞれ多彩な個性を持った登場人物で面白い
・ダイナミックな試合シーンが、高校野球の真剣さと熱意を感じさせてくれる

スポンサーリンク

買い物も映画も音楽も!Amazonプライムがお得すぎ!


Amazonプライム会員ならお急ぎ便無料、映画もアニメもドラマも見放題、100万曲以上の音楽が聴き放題、その他特典満載で月額325円! 今なら30日間無料で試せるのでまだプライム会員ではない方はまずこの”すごさ”を体験してください!